水素たっぷりのおいしい水と私

July 08 [Fri], 2016, 19:44
「活性水素」とは、普通には「単原子水素」が水溶液中に浮遊しているような印象を与えているが、(集中しても本項目では)水の電気分解の際に金属から放出される電子によって、水素が金属粒子と結合したモデルを指す。本項目では活性水素水言説、そのうえ電解還元水言説を品評する。

主要な研究者である九州大学の白畑教授は、このような心身の健康特徴を電解還元水言説から再遭逢した(としている)のだが、これを進歩させ「活性水素」なる呼称の品をも生み出した。そういった流れから「活性酸素」の消去効果性として「活性水素」なる商品が想定されており、そのような作用によって上述のような、広い定義で身体の健康有用性が得られるとしている。

加えて、電解還元水言説を起因として、%key%が活性水素水言説へと移行していった経緯もあるという目的のために(この物は、近頃はのエネルギー政策における魅力的キーワード「水素」をとり入れたのかもしれない)、本項目においてはより新規の活性水素水言説を中心としながらも、電解還元水についての検証も加えていく。本項目では例外的に二つの言説を扱うが、それは電解還元水言説と活性水素水言説が違いがないような概念であるようにみえることを要素としている。

電解還元水言説の原本は、林秀光氏によって提唱された商品であったが、白畑教授はここの効果作用の秩序を「活性水素」と規定した品に求めたのである。よって、理論性の項目(論理性、体系性、普遍性)においては「活性水素」(電解還元水)が手間をかけてどのような商品であるかという面も品評基準として一定の注意はするが、補足としての基準においては体の健康言説を中心として取り扱っていく。

そうして、言説である丈夫な体効果の作用秩序自体は、いわゆる「抗酸化物質」による酸化防止が大まかな骨格であり、このような役割を果たす品として「活性水素」という手段を定義しているのが近ごろの言説の中心であると考えられる。日々の主なアプローチとして、「体内で悪悪影響を及ぼす活性酸素を除去し、健康効能を得られる」といった広い目的の品物や「生活習慣習慣病への予防」、「アンチエイジング結果」といったお品も挙げられる。

ついては本評定では「活性水素水」(電解還元水)その品よりも、活性水素水“言説”としての、あの体効能について、よっても重点を置きながら記述していく。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蘭
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる