菜々子だけど陶山

January 27 [Fri], 2017, 22:39
胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」が知られるようになってきました。水溶性ビタミンの一つである葉酸は、適切な量をきちんと摂取することで、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。胎児の健康を考えて、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、葉酸を摂った方が良いと思います。皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、卵巣に影響を与える鉄分は、得てして不足しやすいという特徴があります。普通の食生活で推定される摂取量では、十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、サプリで補給するのが簡単でしょう。最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも開発されています。こうしたサプリを選べば適切な摂取が、お手軽に出来ますのでお勧めです。葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も少なくないですよね。実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理の際の加熱によって葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、不足している、という場合もあります。葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますので、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が適切な摂取方法だと言えます。効率的な摂取のタイミングは、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の働きが活性化します。一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。ですが、他にも亜鉛の摂取を心がけてください。その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。妊娠を希望している女性だけでなく、妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。亜鉛は精子の質を高めることをサポートする効果があるのです。健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取を始めてみてください。一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつく自治体が多いですね。その年で諦めろということでしょうか。むしろ40だからこそ、給付回数は減らすべきでないと思うんです。今年で40歳になる私ですが、体力と時間とお金のことばかり考えて、ストレスも限界です。妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。例えば、葉酸です。妊活中の時から葉酸を適切に摂取した方が良いと読んでいる雑誌で特集が組まれていました。その記事によると、葉酸は、胎児が元気に成長するための重要な成分らしいです。妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取が求められているようです。野菜に多く含まれている成分なのですが、調理の際に溶け出してしまったり、体の中での吸収率が良くなかったりと、十分な葉酸を摂るのは結構骨が折れそうだな、と思いました。手軽に摂るなら、サプリを服用するのが良いそうですから、ちょっと安心しました。調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、元気な赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。それというのも、妊娠初期には、葉酸が最も必要であると同時に不足しやすい栄養素である為です。当たり前ですが、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。そのため、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事をするのが良いでしょう。なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食生活から改めるのも大切だと思います。卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、食生活が乱れていては受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、望むほうが無理なのではないでしょうか。妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、バランス良く健康的な食習慣を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。妊娠しづらいように感じ始めたら、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。基礎体温表をつけていくとその変化で、体の状態というのがよく分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。基礎体温表を作るには、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった注意点もあるので、それを守ってつけていくことが肝心です。いまはアプリもあるので気軽にできますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:亮太
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる