英語 教材 リスニングCDランキング

March 06 [Tue], 2012, 8:13



オーディオ教材を中心に英語の勉強をずっと続けているのに、まったく英会話ができない状態だったとしても、
英語で聞いたことを日本語を間に挟むことなく、スムーズに英語で答えられるようになる英会話学習法がこちら







あなたも、↓のようになりたいと思いませんか??





■頭で英文を考えずに話せるようになる

■海外で道に迷っても、困らなくなる

■色々な訛りの英語を聞き分けられる様になる

■アメリカなどでのビジネスチャンスを狙うことができる






しかし、現実はというと、↓のような状態ではないでしょうか??





■楽しそうに英語を話している人を見ると羨ましく感じる

■試験の点数は高いのに話せない

■英語の発音がわかってくれない

■言っていることはなんとなくわかるけれど自分は話せない





英会話を学ぼうとして、中学校や高校でやってきた暗記中心の方法で取り組んでしまうと、

間違いなく途中で挫折をしてしまいます。


もともと、日本の英語教育は書物を読み書きできることを目的とした、明治時代の学習カリキュラムがベースとなっていて、

英会話ができるようになることを目的とはしていません。


英会話を身に着けるには、今まであなたが経験してきた学習法とは全く違うアプローチが必要です。





陣野明さんのトゥルー・イングリッシュ・レッスンは、覚える量を最小限に絞って、

そのうえで、使用頻度の高い単語やイディオムをさまざまなパターンで繰り返し使うことによって、

英会話を身に着けるという方法です。





既に13000人以上が実践し、ほとんどの人が英語の習得に成功しています。


陣野さんは、ちなみに、今でこそ英会話講師として英語が話せない人へレッスンを行う立場にいますが、

元々は、英語が全くできない日本人の一人でした。


しかし、15歳で単身渡米してから、死に物狂いで猛勉強をした結果、

アメリカの高校を卒業し、カリフォルニア大学バークレー校で博士号取得ほどまでになっています。








トゥルー・イングリッシュ・レッスンでは、陣野明さんと同じ苦労をすることなく、

たった1日30分ほどのレッスン時間で済むようになっていて、

オーディオ教材から流れてくる音声を繰り返し聞いて、繰り返し答えていくというカリキュラムとなっています。




ネイティブが日常会話の中で使っている、出現頻度の高い単語・イディオムを集中的に身につくように工夫されているため、

あなたは、覚えたことをちょっと組み替えたりするだけで、さまざまな英語表現ができるようになっていきます。











「聞く」「答える」だけの単純作業の繰り返しで、英会話力をめきめきと鍛えていくにはこちら








夏目雅浩口コミ
今モテメール
蓑田和幸
P R
Add to Google
My Yahoo!に追加
  • seo

人気ホームページランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング
ブログランキング
英語 リスニング力 向上
英会話 特訓トレーニングDVD

  • SEOキーワードツール

ブログランキング
外為ジャパンの特徴 PVランキング