ねぇ・・ 

2006年02月12日(日) 18時28分







携帯のメールのフォルダの中は




いつのまにか




彼女じゃなくてあの子のメールでいっぱいだった







ねぇ




もうやめちゃいなよ





不毛な恋なんて楽しくないよ







ねぇ




もう諦めなよ






もっと良い子がそばにいるじゃん







ねぇ




何でやめられないの






ねぇ



何で恋って理屈じゃないの








ねぇ




何であの子じゃなきゃダメなんだろう・・








心の真ん中 

2006年02月11日(土) 18時08分



あの子は素直で



僕を一途に愛してくれる




彼女とは大違いだ





可愛くて





楽しくて





本当に良い子





なのに





どうして?







心から愛してるかと聞かれたら








何もいえなくなるのは








なぜだろうか









やっぱり僕の心には







まだ





あの自分勝手で鈍感で


破天荒な


でも


明るくて笑顔が誰よりも輝いてる


一途に恋するあの子が






ドンと真ん中で





あの笑顔を魅せて





居すわってるんだろうな





恋文 

2006年02月10日(金) 21時49分




大竹しのぶさんの人生を見ました








悲しいけれど素敵だと思いました









届かなかった恋文が








いや









届けない恋文が










僕にはある









彼女への想いだ









この先一生うちあける事の無い









禁じられた想い









ああ、神様









あなたを僕は恨みます








恋の始まり方 

2006年02月09日(木) 21時47分



あの子との唯一のつながりは




携帯電話のメールで






会ったことも







直接話したこともないのに









お互い惹かれあった









僕の心の中には









まだ彼女がいるけど









こんな恋の始まり方も










許される気がするんだ








ムカツク 

2006年02月08日(水) 21時35分



本当ムカツク





なんなんだよ








何でそんなこと僕に聞くんだよ









知らないよ









何でそんなこと聞くんだよ









ムカツク







ムカツク











君の好きな人に好きな人ができたことなんて










知らないよ










泣きながら電話して来た
















思っちゃったじゃないか










君を








抱きしめたいと








愛しいと









何だろう・・ 

2006年02月07日(火) 21時16分


あの子の純粋な気持ち








拒むこと出来なかった









君のこと想ってたの事実だったから









拒むことなんてできるわけなかった







でも






なんだろ








やるせない気持ちが







心のモヤモヤが








罪を犯しているような








そんな感覚でいっぱいになるんだよ







ごめん 

2006年02月06日(月) 21時06分


あの子が



僕のこと好きだってゆうんだ




正直





揺れてた









冗談で飛ばした あの子の気持ち









僕が一番分かってたはずなのに










ごめん










でも





僕やっぱり彼女が好きなんだよ









でも









君のことも好きみたいなんだ









どっちつかずの僕が









君を幸せになんか出来るはずないんだよ










ごめん






新しい恋 

2006年02月05日(日) 20時55分


いつのまにか僕には



君じゃない大切な子がいたみたいなんだ




淡くて薄いそんな想い





さくらの花びらのような






そんな想い








この想いに嘘はないのだけれど









君への想いが無くなったわけじゃ







ないんだよ









こんな中途半端な僕が









あの子に恋をすることなど許されるのかな








もう







わけ分かんない







nozomi 

2006年02月04日(土) 18時24分


もしも

こんな僕でも生まれ変わることが許されるなら

君に愛されることよりも

君との血のつながりをなくしてほしい



そう想う自分は嘘ではないのに


それだけでは物足りないという自分も確かにそこにある


奇麗ごとではすまされない


僕の君へ想いはそれほどまでに強いんだ




僕は

血のつながりもなく


君に愛される


そんな人間へと生まれ変わりたい



どうせ叶わない後世なのだから



そのくらい大きな望みを願ったっていいでしょう?


禁忌 

2006年02月04日(土) 16時47分





輝く瞳も

その透き通った白い肌も

細い指も

優しい髪も



君の心さえも



僕のものになることはないんだ


全部 全部


君の大切なアイツが持っていく




僕の

瞳も

肌も

指も

髪も



心も



全部  全部  





君のものなのに…










神様、


禁忌を犯しても構わない



だから




どうか






彼女の全てを僕にください







P R
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像神無 柳夜
» ねぇ・・ (2006年08月06日)
アイコン画像神無 柳夜
» ねぇ・・ (2006年07月16日)
アイコン画像甘露
» ねぇ・・ (2006年04月01日)
アイコン画像ミサ
» 恋文 (2006年02月10日)
アイコン画像ユカ
» 禁忌 (2006年02月04日)
アイコン画像しおん
» nozomi (2006年02月04日)
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:true-true
読者になる
Yapme!一覧
読者になる