ナミダ 

2005年02月27日(日) 20時54分
今日は、朝からバイトでした
いつもは30分前には出勤してるんだけど、
昨日の夜から眠れなくて、
ずーっと感動FLASHを見ていたので、
お化粧に時間がかかってしまった・・・。

FLASH見てて思ったのは、
私、何やってるんだろ・・・って思っちゃった。。。
私なんて、生きてても意味ないんぢゃないか・・・って

で、バイトにちょっぴり遅れて行った。
今日は、私が入社したときからお世話になった社員さんの最後の日だった
店長には言いにくい事を相談したり、
私の安らぎの人だった
やっぱり、店長と出勤が被る時は意識してしまう
そんな時に、優しく教えてくれたり、頑張ろうって励ましてくれたり
ホントにホントにいい人だった。

店長は、仕事が出来すぎる人
だから、この社員さんとは合わなかった。
社員さんが辞めるのを後押ししたのも店長だと、
私は思う。
2月のシフトを決める時、店長と社員さんとで土日の休み希望でもめた。
その時店長が、
『仕事も出来ないくせに休みばかり言うな
と言ったらしい。
確かに店長は、暇な2月くらいしか休みが取れない。
でも、この社員さんも、結婚してて、家族がいる。

・・・・・言葉にしてはいけない事だったと思う。

この社員さんは、店長としての転勤が既に決まっていた。
でも、それも断り、工場で働くとの事・・・。
ホントに服が大好きで、
優しい、いい上司だった。

ホントに悲しいけど、
いつかまた会えたときに、素敵な自分を見せれるよう、私も頑張るから
また、どこかで会おうね

ハジメテノオウチB 

2005年02月20日(日) 22時56分
 色んな話をした
最初は、私の悩みを聞いてもらってたんだけど
だんだん店長の事を話すようになった

 亡くなったお友達の事、仕事の事、彼女さんの事・・・・・。
聞けば聞くほど、店長が抱え込んでいるモノの大きさが見えてきた
初めは『頑張って』って励ましてたけど、
聞いていくうちに、
『頑張らなくていいよ、程々にね』としか言えなくなった
 
 なんで、あんなに一人で抱え込むんだろう・・・
でも、私に、私だけに、
そんな店長の弱い一面を見せてくれたのは嬉しかった
ちょっとでもいい、
ほんのちょっとでも心を開いてくれたのがすごく嬉しかった

 でも、私はタダのアルバイト
それは店長の中では変わらない。
こんなことも、もう一生ない。店長のお家に行くのもコレが最初で最後・・・

 セツナイけど、割り切らなきゃいけない。

 でも、ぢゃぁ、なんで私の事を
ぎゅー・・・ってしたの
今まで、自分の気持ちに気づかないようにして来たのに、
気づいちゃったぢゃん・・・
店長の事が好き・・・って。

ずっとずっと気づかなければよかったのに・・・

 明日は日曜以来、初めて店長に会う。
それは『店長』と『アルバイト』として
その関係はこれからも変わらない

       セツナイけど、このキモチは心に封印します
       
       店長を好きな自分は今日まで。。。
        
       キモチを消しゴムで消せたら、どんなにラクになるのかな。。。
       

         セツナイキモチ、フウインシマス

ハジメテノオウチA 

2005年02月20日(日) 22時11分
 私は、突然の事で、何がなんだかよくわかんなかった

 「びっくりしたぁ
これがお互いの第一声だった。

 「これ、頼まれていたものと、差し入れです。」
と店長に手渡す
 
 そしたら、店長は、
「着いたなら電話してよ〜」って。
そんなん、電話の苦手な私には無理だよぉ・・・
と、思いながらも、オフの店長を見れたのはラッキぃー
いつもとは全然違う格好に
髪はお風呂上がりだからって言ってたけど、
サラサラですごくキレイだった

 少し話してから、
「ぢゃ、帰ります、明日から頑張ってくださいね」って言うと、
「今日はすぐ帰っちゃうの」って店長。
「うん、そのつもりだけど・・・」って言ったら、
「時間あるなら、少し寄ってきなよ」って。

 ここで、あまりに否定するのもおかしいかなぁ・・・って思ったから、
ちょっとだけお邪魔することにした
もちろんすぐ帰るつもりだったし
ちょっとだけのつもりだった

 

ハジメテノオウチ 

2005年02月19日(土) 19時37分
 今もだけど、すごく切なくて切なくて・・・
少し、落ち着いたので、日記に書こうと思う

 昨年の日曜日のこと。
11月14日(日)はバイトが17時までで、
それから、彼氏のお家へ遊びに行きました

 この日は店長がお休みでした
それは、店長のお友達が亡くなられて、お葬式に行っていたから。
この前日に店長から電話をもらってて、事情は聞いていた。
  (これが店長と電話で話した初の機会でした

 店長のいないバイト先は、みんながテンパってて
それほど忙しくないのに大変だった
バイト中・・・14時頃だったか、
お店に店長から電話がかかってきて私が受けた
その内容は、バーコードシールを家まで届けて欲しいとの事

 店長は実家ではなく、一人暮らししている
しかも、それが私の地元と同じで、私の家から5分程の所に住んでいる
だから私が届けることになった

 店長は、何時に帰ってくるかわからない
との事だったので、私は、デートが終わってから向かおうと思ってた

 デートの帰り途中で店長のお家に寄った
時間は23時頃だったと思う
私は、もっと遅くに帰ってくると思ってたから、
玄関のドアノブにかけて行こうと思った
きっと店長は凹んでるだろうなぁ・・・って思ったから、
お家に寄る途中のコンビニで店長の好きなジュースを買って、
一緒にかけておこうと思った

 ドアノブにかけて、帰ろうとした瞬間・・・
急に玄関のドアが開いた
ビックリして振り向くと、そこに店長が立っていた・・・・・

ハジマリ 

2005年02月18日(金) 9時26分
今のこの、誰にも言えない切ない気持ちをここだけにしまっておこうと思う

彼との出会いは、アルバイト先である
接客業なんだけど、色んな人に出会う。そんな1回1回の出会いを大切にしていきたい、って思って今のバイトを始めた

 そして、私は一人の人と出会ったそれが今の店長である。
そう、彼は私のバイト先の店長である
私の勤めている会社は2年〜3年くらいで店長が変わる。私が働きだして、1年半。2人の店長と出会った。

 私は店長が好きですそれが私のホントノキモチ・・・
日記を書いてる今もすごく切ない。。。
でも、店長には彼女さんがいて、私には彼氏がいる
でも、惹かれてしまう

 告白して気まずくなるのが嫌だし
こんなキモチは絶対に伝えれないし
伝えちゃいけないと思う
 
      お互いに大切な人がいる。
      でも、今、すごく苦しい。。。
      苦しくて・・・切なくて・・・辛いよ・・・
 
 
      あなたに『好き』って言えたらどんなに楽になるのかなぁ・・・
      あなたを『嫌い』になれたら楽になれるのかなぁ・・・
      

 でも、ここだけ、ココだけではホントノ自分でいさせて。
私は店長が好き
好きで好きで好きで好きで・・・・・。

        それが私のホントノキモチ

ハジマリノヒ 

2005年02月17日(木) 21時10分
初めまして、みぃです

このセツナイ、でもホントノキモチを綴っていこうと思います。
誰にも話せない・・・でもホントノキモチホントノアタシ

彼の事が大好きで、でも、好きになってはいけない人。
でも、会いたい・・・
女として見てもらえなくても、好きぢゃないのにエッチしてても・・・

タダの性欲処理の相手としてなのに、お金を渡して貢いでても、
それでも会いたい。
間違ってるって分かってる、分かってても会いたい・・・
それくらい好きなの

誰にも言えない切ない恋・・・
これを書いて少しでも楽になりたい・・・


2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:true-feelings
読者になる
Yapme!一覧
読者になる