スポッテッドガーのAKIHIDE

November 14 [Mon], 2016, 16:25
代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。


ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを造らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみにはたらきかける治療と言えます。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。



血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。



加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院してうけることもあります。これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。


一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
地域により異なりますし、どのような治療を行うかによりも違ってきます。
また歯科医の評判によりも費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出して貰い、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。



チェック事項はいくつもありますが、まず実際にインプラント治療をうけてどうだったか、その評判です。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。みんなが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアにより長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうと思って下さい。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。

普段よりも静かに過ごすようにして身体に負荷をかけるくらいの運動は控えることが望ましいです。


血行が良くなると、傷口から出血する可能性もあります。



運動を毎日のように行っている方は、歯科医の意見をきき、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラントの方が良いと考えました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたので歯医者さんに言われ立とおりだと思いました。



重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認して下さい。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。
また、美容整形(数十年経ったらどうなるか、まだよくわかっていない手術法も少なくありません)であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。

ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談して下さい。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導して貰えるので、その通りのケアを心がけて下さい。



自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、何か異常が起きていても、ナカナカ自分では気付けないことがあります。



担当歯科医による定期的な経過観察をうけるようにしましょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心愛
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/trstlazpfpiose/index1_0.rdf