代替医療

September 17 [Tue], 2013, 16:32
医療全般がQOL(quality of life)重視の空気に包まれており、経済の爛熟と医療市場の大幅な拡充により、美容外科(Cosmetic Surgery)は少し前から熱い視線を浴びている医療分野だと考えられている。
容姿を整えることで精神が元気になり豊かになれるのは、顔面にトラブルを抱えている人もいない人も差はありません。私はメイクを自分の内側から元気を引き出せる最良の技術だと信じているのです。
日本での美容外科の歴史では、美容外科が「由緒正しき医術」であるとの見識と地位を手中に収めるまでには、予想以上に年月を要した。
体に歪みが発生すると、臓器は互いに押し合い、それ以外の臓器も引っ張り合うので、位置の異常、臓器の変形、血液や組織液に加えてホルモン分泌などにもよろしくない影響を齎します。
日頃からネイルの調子に気を配ることで、わずかなネイルの変調や身体の変遷に対応し、より自分に見合ったネイルケアを探すことが可能になるのだ。
美白(びはく)という言葉は1995年から1999年頃にかけて美容研究家の鈴木その子が必要性を説いて人気になったが、もっと前からメラニン増加が原因の皮膚トラブル対策において用いられていた。
なおかつ、お肌のたるみに大きく関わるのが表情筋。これは様々な表情を生み出す顔にある筋肉です。皮膚のコラーゲンと同じように、この表情筋の機能も年齢を重ねるに従い鈍化します。
全身に張り巡らされているリンパ管に並んで走っている血液の流動が悪くなると、栄養や酸素などが移送されにくくなり、結果として脂肪を多く定着させる大きな原因のひとつになります。
整形外科とは違い美容外科が損壊などのない健康な体に処置を行う美意識重視の医療行為であるのに、安全への意識がおろそかにされていたことが大きな要因だと考えられている。
化粧の短所:崩れないようにお化粧直しをする必要にせまられる。すっぴんに戻った時に味わうギャップ。メイク用品にかかるお金が案外かさむ。ノーメイクではどこにも出かけられない強迫観念にとらわれる。
デトックスというワード自体は浸透しているが、結局これは健康法や代替医療の一種に過ぎず、別物だということを分かっている人は
デトックスというのは、人間の身体の中に澱のように溜まっているありとあらゆる毒素を体の外へ出すという健康法のひとつで誰にでも行える代替医療に類別される。「detoxification」を短縮した言葉です。
メイクアップでは傷などを隠すことにとらわれるのではなく、リハビリメイクを通じて結果的に患者さん本人が自らの外見を受け入れて、社会生活への新たな一歩を踏み出すこと、またQOL(生活の質)を今よりも挙げることが理想なのです。
足などの下半身は心臓から離れているため、重力の関係によってリンパの流れが悪化することが一般的だろう。むしろ下半身にみられるむくみは、リンパがわずかに鈍くなっていますよというサインのひとつ程度に受け取ったほうがよいだろう。
本来28日周期のターンオーバー(新陳代謝)が狂いがちになると、様々なお肌の老化現象や肌トラブルを招きます。ほうれい線などのシワ・濃くなるしみ・顔色の冴えないくすみ・隈・弛み・目障りなニキビ・突っ張るような乾燥など、まだまだ挙げてみればキリがないくらい大変です。
音楽の授業参観
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:trspafsajfi
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/trspafsajfi/index1_0.rdf