西村で猿田

July 09 [Sat], 2016, 20:02
不動産取引は複雑なので、個人で売るのではなく、不動産会社の仲介を利用するのが一般的でしょう。そこでなるべく高く売るコツは、焦ってひとつの不動産屋に絞ったりせずに、複数の不動産業者に見積もりを打診して、各社の査定額と対応を窺ってみることです。一回の入力で複数の不動産業者に一括で査定依頼ができるウェブサイトもあって、査定額の大小だけでなく営業力の有無もわかり、自分にとって「良い業者」を見つけることができるでしょう。抵当権が設定されている不動産の売却はできるのでしょうか。結論から言うと、そのままでも取引(売買や所有者移転登記)は可能です。とはいえ、物件を担保にしてお金を借りた方がもし借金の返済を滞りなく終わらせてくれなければ、抵当権が設定されている部分はそっくり競売に出され、見ず知らずの人の持ち物になってしまうわけです。抵当権が設定されている家はこのように訳あり(難あり)な存在なので、買おうという人はなかなかいません。自分で何でもやるのなら別ですが、住宅を売却する際は不動産業者による査定を受け、販売価格を決めて媒介契約を結びます。そこまでは数日ないし一週間といったところでしょう。内覧者を受け入れ、買い手がつくまでの期間は、価格や立地、建物の新旧だけでなく、需要とのマッチングにもよります。ただ不動産取引の場合、法律の規定で売却を仲介する業者との媒介契約は契約後3ヶ月を経過するといったん切れるため、そのあいだに購入希望者を見つけられるかが売却のカギとなります。いまの時代、節税や夫婦共働きなどの関係で、不動産を共有名義で購入することが少なくありません。ただ、名義を共同にする弊害もあります。複数人で共同所有している家を売る際は、登記簿に記載されている所有者すべての承諾が必須です。離婚ともなると、資産面での夫婦間の取り決めがなされてないと、家を売ろうにも売ることができないまま、揉め事になる危険性もあります。通常の不動産取引では、登記、金銭授受、物件引渡しなど一切を終えるのに、最低でも半年ほどはかかると思って間違いありません。通常より短い期間で売却して現金にしたいなら、不動産会社による買取という方法もないわけではありません。といっても買取価格は中古市場で売却した時より安いものになるため、本当に買取扱いで良いのか、あくまでも検討が必要です。しかしある意味、期間内にすみやかに不動産を売却可能という意味では一番良い選択ではあります。住宅売却の一般的な手順というと、不動産売買を仲介する会社をセレクト、住宅の査定、販売する価格を決めて、媒介契約を結び、実際に売出し開始、内覧予約が来て、購入を希望する人と詳細を詰めて、業者立ち会いの下で売買契約をして、物件の引渡しと代金の支払いを経て、すべての取引が終わります。気になるのは売却終了までの期間だと思いますが、販売開始から買手が決まるまでの期間にもよりますし、居住中なら引越しも勘案しなければなりません。媒介契約の最長は3ヶ月ですので、金額が妥当であれば、一度延長して半年で済むのが普通です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイリ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/trsauloap7a2ci/index1_0.rdf