トロン・ボーイ コンテスト 開催中!!

トロン・スーツをスタイリッシュに着こなせる男性を大募集!

トロン・ボーイ コンテストとは ―
本作の12月17日(金)の公開を記念して、トロン・ボーイコンテストを実施!
主人公サムが迷い込んだコンピューター・システムの世界。
近未来的映像に包まれ、誰も見たことのないクールなトロンの世界を象徴する一つが
トロン・スーツです。

今回、主人公サムのような冒険心と勇敢さに溢れ、かつトロン・スーツを
スタイリッシュに着こなしてくれる男性をトロン・ボーイとして大募集!

「トロン・スーツを誰よりもかっこよく、スタイリッシュに着こなせる方」
「冒険心にあふれ、恐れ知らずな主人公サムのように勇敢なハートをお持ちの方」
グランプリの方には、トロン・ボーイの称号と、豪華賞品をプレゼント!

<応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!>


詳細はこちら
キャンペーン参加サイト
ORICON STYLEへ Walker plusへ Cinema Cafeへ Nissenへ
 

ついに“トロンボーイ”が決定!

December 27 [Mon], 2010, 16:42
イマジネーションの可能性を追求し続けるディズニーが新たに挑む映像革命の話題作、『トロン:レガシー』が12月17日(金)ついに公開。
その公開を記念して、11月15日より行われていた「トロン・ボーイ コンテスト」の最終審査として、12月21日にファイナルイベントが行われました。

本作で、主人公・サムや謎の女・クオラが着用しているトロン・スーツは、サイバー・スキャンによってキャストの身体にピッタリ合うように作られ、電気で発光するランプが素材に縫い込まれた、『トロン:レガシー』のクールな世界観を象徴する近未来コスチューム。
今回、主人公サムのような冒険心と勇敢さに溢れ、かつトロン・スーツをスタイリッシュに着こなしてくれる男性をトロン・ボーイとして全国から大募集!
Webでのオンライン公募を実施、その中から厳正なる審査の結果、1次審査(書類)及び2次審査(オンライン投票)を通過した6名が、ファイナルイベントに出場しました。

期待に胸を膨らませた観客たちの前に、“トロン・ボーイ コンテスト”ゲスト審査員として招待されたタレントのJOYさんと佐藤かよさんが登場。
2人の登場に、会場の雰囲気も一気に盛り上がり、これから始まるファイナルイベントに華を添えました。
モデルとしても活躍している2人は、これから登場する6人に向けて、『中途半端ではなく、厳しい目で審査をさせて頂きたいと思います!』(JOY)、『 素敵な方がたくさんいて、イケメンに目が”トロン“としちゃうかもしれません。 』(佐藤)と、エールを送りました。

今回のトロン・ボーイ コンテストの審査基準は、“トロン・スーツを誰よりも格好良く、スタイリッシュに着こなせる”“勇敢なハートを持っている”の2点。
6人のファイナリスト達は、殺陣や、三味線、バルーンアートなど、それぞれ得意なパフォーマンスでアピールし、会場は各ファイナリストを応援に来た観客たちから歓声や感嘆の声があがりました。

観客たちが期待と不安で審査発表を待つ中、一般の人たちのWeb投票で選ばれる「ライブドア賞」には、大塚寛之さん(28)、「ディズニー賞」に塩川逸武さん(28)、「審査員特別賞」に藤原拓也さん(20)がそれぞれ選ばれました。
そして注目の「トロン・ボーイ賞」は、Web投票でも1位を獲得した大塚寛之さんが受賞。


選ばれた喜びを『まさか選ばれるとは思わなかった。投票したてくれた方々や、映画『トロン:レガシー』にも感謝します』と緊張と興奮の面持ちでコメント。
審査したJOYさんは、『すごく迷いました。 』と審査が難攻した様子を語りました。

イベント後の囲み取材では、『トロン:レガシー』について、『音楽と凄さと3D映像も素晴らしかったが、サムと父の世界を超えた絆にもすごく感動しました 』(佐藤)、『本当に全体的に楽しめた、めちゃくちゃかっこよかったです』(JOY)映画の魅力を語り、クリスマスにぜひ観てほしいと締めくくりました。


12月17日(金)より全世界で公開された話題作『トロン:レガシー』。
全米オープニング興行成績bPを獲得し、日本でも好調なスタートを切った。初日から3日間の興行収入は3億7000万円、最終興行収入40億円の見込み。
映像革命と言われるド迫力の3D映像と、スピード感溢れるバトルシーンの数々は、この冬、最強のアクションエンターテイメントムービーです!
死んだはずの父から届いたメッセージに導かれ ― 美しく危険なコンピューターの世界へ
3Dの登場により映画は新時代へ突入した。だが、あなたはまだ映像が持つ本当の力を知らない。
「トロン:レガシー」― それは、ディズニーが新たに挑む究極の映像プロジェクト。
「アバター」「アリス・イン・ワンダーランド」の3Dを過去のものとする“未来の3D”がついに解禁される。

誰も観たことのない新世界、スタイリッシュな近未来的映像、予測不可能なドラマに、
クラブシーンをリードするエレクトロ・デュオ、ダフト・パンクの音楽…
圧倒的な映像と音楽に溺れながら、この冬、世界はトロンにのみこまれる。
<ストーリー>
デジタル界のカリスマであるケヴィン・フリンは、
7歳の息子サムを残して姿を消した。
20年後、サムは父からの謎のメッセージに導かれて、
コンピューターの中の世界に入り込んでしまう。
そこは、父が創造した “理想の世界”──
だが、今やクルーという独裁者がすべてを支配していた。
命を狙われたサムは、クオラという女性に救出される。
はたして父の行方は?
そして、人類の存亡を脅かすこの世界の秘密とは…?

監督:ジョセフ・コジンスキー
音楽:ダフト・パンク
主演:ギャレット・ヘドランド/ジェフ・ブリッジス
/オリヴィア・ワイルド
© Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.