お節介

January 10 [Tue], 2017, 17:30

自分はつくづくお節介な人間だと思う。

昨日も、レポートの提出期限が迫ってきているのに中々とりかかることができない友達の家に居座って
書けるようにみはっていた。

そのレポートが書けなかったらその子は大学を卒業できない。

だから、必死だった。

結構、そういうところは全か無みたいに考えるタイプだから
卒業出来なかったらこれまでの苦労は無になると思ったからだ。

でも、その子はそこまで極端に考えてなかったのか、途中で諦めてしまった。



つらかった



どうしてって思った



頑張れば、今ちょっと頑張れば、卒業なのに。






でも結局はただのお節介だったのである。


卒業するかしないかはその子自身の問題だし

卒業に意味を見いだしているのは他でもない私なのである。



ただ、お節介が世界から無くなったら、とても淡白な世の中になると思う。



例えば、私がその子の家に押しかけなくたって、別に私は何も悪くないし、
その子が卒業できなかったとしても私が家に押しかけなかったから、とは言われない

正直そう考えるとボランティアとかもお節介の中に入るのかもしれない。









善意なんて、見方次第なのである。







結局その子はレポートを書き終えることはできないみたいだし、

私のお節介も無駄になってしまったようだ。


でも、そこであんなに(私は)頑張ったのに。なんて思うのは、もはやお節介ではないと思う。



けど、人間だからちょっとそんな気持ちにもなる。



人を変える、人を動かすことは、とても難しい。







お節介とは、結局何のためにするのだろうか。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こんぶ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1992年12月22日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる

こんぶです。
どーでもよいことばかりかも
しれませんが
定期的に更新していくので
よかったら見てってねん(^^)
最新記事
Yapme!一覧
読者になる
P R
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメンd
http://yaplog.jp/trombone1222/index1_0.rdf