気持ちが活発

October 03 [Thu], 2013, 15:02
ネイルケアというものは、爪や指先の手入れを指す。健康、ビューティー、ファッション、巻き爪対策など医学的な処置、生活の質(quality of life)の保全など幅広い活躍の場が存在し、今やネイルケアはなくてはならないものと言えるだろう。
そうした場合に大多数の皮膚科医がまず使用するのが、美白化粧品に配合されているビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬と一緒に使うと大体6ヶ月で治療完了に持ってこれた事が多いと考えられている。
美白は95年から99年頃にかけて料理研究家で化粧品会社創業者の鈴木その子が一押しして流行ったのは記憶に新しいが、それよりももっと昔からメラニン増加による様々な皮ふトラブル対策の語彙として使用されていたようだ。
外観をきれいにすることで心がはつらつとして余裕が出るのは、顔にトラブルの有る人も無い人も違いはありません。私はメイクアップを自分の内側から元気になる最高の手段だと信じています。
中でも22時〜深夜2時までの240分間は皮ふのゴールデンタイムと言われており、お肌の生まれ変わりが更に促進されます。この時間帯によく寝ることが最も有効な美容方法といえるでしょう。
その上に日々のストレスで、精神にも毒素は山のように積み重なり、体の問題も起こしてしまう。このような「心身ともに毒まみれ」というような感覚こそが、多くの人々をデトックスへと駆り立てるのだろう。
皮膚のターンオーバーが遅れると、様々なお肌のエイジング現象や肌トラブルを招きます。ほうれい線などのしわ・濃くなっていくしみ・顔色がパッとしないくすみ・クマ・たるみ・ニキビ・肌荒れ・乾燥など、まだまだ言い出したらキリがないくらいです。
押すと戻る皮ふの弾力感。これを作っているのは、誰もが知っているコラーゲン、すなわちたんぱく質なのです。スプリングのようなコラーゲンが下からお肌を支えていれば、嫌な弛みとは無縁でいられるわけです。
現代に生きるということで、体の内側には人体に悪影響を与える化学物質が増え、そして私たちの体内でも活性酸素が生まれていると言われている。
外観をきれいにすることで気持ちが活発になってゆとりができるのは、顔面にトラブルを抱えている人もいない人も同じです。メイクは己の内から元気になる最高の手段だと思っているのです。
化粧の良いところ:自分の顔立ちを少し好きになれること。顔にたくさん存在するニキビ・クスミ・毛穴の開き・ソバカス・傷が上手に隠れる。段々と素敵になっていくワクワク感。
レチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)療法は、目立つ濃いシミを数週間単位という早さで淡色に和らげるのにとても効果を発揮する治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・女性ホルモンと関わりがある肝斑(かんぱん)・赤く残ってしまったニキビ跡などに高い効果があります。
寝る時間が不足すると皮ふにはどんなダメージをもたらすのかお分かりですか?その答えが肌のターンオーバー(新陳代謝)の遅延です。皮ふの生まれ変わる速度が遅れがちになってしまいます。
ネイルケアというものは爪を更に良い状態にして維持することを目的としているので、爪の違和感を把握しておくとネイルケアのテクニック向上にかなり役立つし無駄がない。
加齢印象を強める最も重要な原因のひとつが、歯にこびりついた”蓄積くすみ”です。歯の表側には、目には見えない凸凹があり、毎日の生活の中で黄色い着色やタバコの脂などの汚れが溜まっていきます。
夜が眠れない
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:trodospafij
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/trodospafij/index1_0.rdf