クモ膜下出血(SAH)

September 01 [Sun], 2013, 14:51
クモ膜下出血(SAH)とは90%弱が「脳動脈瘤」と呼ばれる脳内の血管にできる不必要なコブが破裂して出血してしまうことによりなってしまう命にかかわる深刻な病気として認識されています。
急性中耳炎(Acute otitis media)は、最も代表的な中耳炎で小さな子供によく起こる病気です。猛烈な耳痛や38度以上の高熱、ひどい鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(耳だれ)などが出現するのです。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は就寝中ではなく覚醒状態で命を維持する(心臓、鼻からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋肉の緊張の維持等)のに欠かせない最も小さいエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。
亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に作用する特殊な酵素や、細胞や組織の活動に必要な酵素など、約200種類以上の酵素を構築する成分として非常に大切なミネラルの一種なのです。
アメリカやヨーロッパでは、新しい薬の特許が切れた約30日後、製薬市場の約8割が後発医薬品に変更されるという薬もあるというくらい、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は世界各国で浸透しているのです。
冠動脈の異常である狭心症の外科的な治療法では現在「大動脈バルーンパンピング法」もしくは「冠動脈大動脈バイパス移植術」の2つの手段が標準的に扱われています。
「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、体内における脂肪が占めているウェートのことであって、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、キログラム)×100」という計算式で弾きだせます。
年齢を重ねることが原因の耳の遠さでは段々聴力が低下していきますが、通常還暦を超えないと聴力の減退をしっかり把握できません。
日々繰り返される規則正しい日常生活の継続、腹八分目の徹底、楽しい運動やスポーツ等、一見古典的ともいえる健康に対する注意が老化対策にも役立つといえます。
スギの花粉が飛散する季節に、まだ小さなお子さんが発熱はしていないのにしょっちゅうクシャミしたり水っぱなが出続けているようなケースは、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性が高いといえます。
いんきんたむしという病気は比較的若い男の人多い傾向があって、大体股間部だけに広がり、激しい運動をしたり、入浴した後など体が温まった時に強烈なかゆみを引き起こします。
学校のような集団行動で、花粉症が主因で他のみんなと同じように外でめいっぱい運動ができないのは、患者にとっても寂しい事でしょう。
外から観察しただけでは骨が折れているのかどうか区別がつかない時は、痛めてしまった所にある骨をゆっくり触れてみて、その箇所に強烈な痛みが響けば恐らく骨折だと思われます。
2005(平成17)年より新たに全ての特定保健用食品の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の日本語の印字が食品メーカーの義務となった。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを保有した血液や精液の他、母乳や腟分泌液といったあらゆる体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜部分などに触れることで、感染の危険性が高くなります。