写真家の三井公一氏に注目の最新デジカメをいち早く試してもらい、撮って出

June 15 [Wed], 2016, 11:17
写真家の三井公一氏に注目の最新デジカメをいち早く試してもらい、撮って出しの実写画像を紹介する連載。今回は、キヤノンが4月末に発売した高画質コンパクトデジカメ「PowerShot G7 X Mark II」を紹介する。
ルイヴィトンiPhone6ケース1型のCMOSセンサーと明るいレンズを小型軽量ボディーに詰め込んだ実力派で、ベストセラーとなった先代モデル「PowerShot G7 X」に改良を施して完成度を高めた。注目の画質や使い勝手を三井カメラマンが検証した。
iphone6ケース

【詳細画像または表】

 キヤノンが2014年10月に発売した高画質コンパクトデジカメ「PowerShot G7 X」は、写りとボディーサイズ、そしてデザインを高いレベルでまとめたことが評価されてベストセラーとなった。この4月、新たなデザインと新機構のチルト式液晶をまとった後継モデル「PowerShot G7 X Mark II」が登場した。

 側面に緩やかなカーブを配していた先代とうって変わり、直線基
アップルCEO、インド首相と会談 生産拠点開設など協議
 5月21日、インドを訪問中の米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)=写真=は、デリーでモディ首相と会談した。インドでのアップル製品の生産や販売拡充などについて意見交換した。
超人気iphoneケースカリフォルニア州で3月撮影(2016年 ロイター/Stephen Lam)
[ニューデリー/ムンバイ 21日 ロイター] - インドを訪問中の米アップル<AAPL.O>のティム・クック最高経営責任者(CEO)は21日、デリーでモディ首相と会談した。インドでのアップル製品の生産や販売拡充などについて意見交換した。
グッチiPhone 6 ケース

アップルはインドで直営店を開きたい考えで、認可を申請している。来年にもオープンする可能性がある。
iPhone6ケースグッチ

一方、インド政府側はアップルの製造拠点を誘致したい考え。モディ政権の「メーク・イン・インディア」政策を後押しすると期待している。
超人気iphoneケース

モディ首相の側近は「ビジネスのあらゆる面について協議した。アップルが事業計画について明らかにする番だ」と語った。
iPhone6ケースヴィトン風

インドでは昨年、1億台以上のスマートフォン(スマホ)が販売され、今年も25%の伸びが見込まれている。だがアップルの市場シェアは2%程度にとどまっている。
iPhone6ケース香水風

アップルは中古スマホをインドへ輸入する許可を求めていたが、インド当局は今月認可を見送った。関係筋はクックCEOがモディ首相に決定の見直しを求めたと明らかにした。
iPhone6ケース香水風

同CEOは20日、インドのNDTVのインタビューで、中古の「iPhone(アイフォーン)」を再生品に作り替える設備をインドに設置したい考えを明らかにした。

アップルはまたインド南部のハイデラバードに開設したソフト開発拠点を拡充する計画を公表した。
iPhone6ケースヴィトン風

インド政府が公表した声明によれば、モディ首相とクックCEOはサイバーセキュリティーやデータの暗号化についても協議した。
iPhone7のデュアルカメラはLG系に大量発注か。
ルイヴィトンiPhone6ケース熊本地震でソニーの供給遅れ
現行のiPhone 6s
デュアルカメラ「後発」のアップル、競合を超える新機能
 次の「iPhone7」で採用されるとみられているデュアルカメラだが、アップルが初期生産分について、これまでカメラ用イメージセンサーのメーンサプライヤーだったソニーを上回る量をLG系のLGイノテックに発注するのでは、との観測が浮上している。野村証券のアナリスト、クリス・チャン氏が書いた投資家向けリポートを週刊投資情報紙のバロンズ(Barron’s)が19日に報道した。
ルイヴィトンiPhone6ケース

 理由はソニーでのデュアルカメラ生産の歩留まりが思ったほど上がっていないのと、熊本地震でイメージセンサーの生産拠点が被災し、供給が遅れているため。さらに同リポートでは、iPhoneで現在5.5インチモデルしか採用されていない光学手ブレ補正(OIS)が4.7インチモデルにも搭載されると予測している。
シリコンiPhoneケース

 ただ、デュアルカメラ付きのスマートフォンはiPhoneが初めてというわけではなく、すでにLG「G5」、ファーウェイ「P9」といった機種が登場している。

 G5では8メガピクセル、16メガピクセルの2種類のイメージセンサーを並べた格好。
グッチiPhone 6sケーススマートフォンが薄型化し、ズームレンズを組み込むだけの奥行きが取れない中、2つのセンサーで光学的に広角、ズームの切り替えを可能にすることで、どちらの場合でも高いクオリティーの写真が撮れるという。一方のP9はカラーとモノクロの二つのセンサーを持ち、色の情報と、光量やシャープさをそれぞれのセンサーに分担させることで、画質の向上を図っている。
iPhone6ケースヴィトン風

 もちろん3D機能や、撮影後のピント合わせという機能も期待できるだろうが、デュアルカメラの分野でアップルは「後発」となるだけに、あっと驚く機能や性能を打ち出さなければiPhoneユーザーは満足しないだろう。もしかすると、昨年買収したイスラエルのリンクスの技術なども組み込みながら、さらなる高画質を狙うのか、あるいはグーグルの「プロジェクト・タンゴ」のように3Dマッピングの方向に行こうとしているのか。
シリコンiPhoneケース

 実は今年1月、デュアルレンズカメラ関連でアップルが出願した特許が公開されている。広角の標準レンズとズームレンズの2つのレンズを備えたスマートフォンについてのものだが、LG G5のように2つのカメラを切り替えて使うだけではない。
iPhone6ケース

 2つのレンズでとらえた画像をスマートフォン画面の上下に表示し、例えば広角レンズでワイドな風景を画面の上半分に映し出す。こうして全体を見渡しながら、拡大して見たい部分に指先を当てると、その部分のズーム画像が画面の下半分で見られるというアイデア。
シリコンiPhoneケースズームレンズで動物や乗り物など動いている被写体を連続して画面に収めるのは容易ではないが、風景全体を見渡しながらなら追跡しやすい。さらに、撮影中に画面全部をどちらか1つのカメラに切り替えることも可能で、それぞれのレンズによる静止画および動画の同時撮影も行えるという。
ルイヴィトンiPhone6ケース

 ちなみに、デジタル一眼並みの画質を謳うコンパクトなセンサーカメラとしては、16個ものイメージセンサーを並べた米ライトの「L16」もある。ただし、L16はスマートフォンのような大きさと形状を持ちながら、スマートフォンではない。
ルイヴィトンiPhone6ケースセンサーを16個も持つスマートフォンは想像しがたいが、ともあれ、マルチイメージセンサーでスマートフォンの新たな機能拡張競争が始まることは確かだろう。調でシャープな趣となったG7 X Mark II。
ルイヴィトンiPhone6sケースボディー前面にはグリップが新設され、ホールド感が高められた。ボディーの上面もエッジが立った段差が設けられ、全体的にクールな印象のカメラに生まれ変わった。
超人気iphoneケース背面のチルト式液晶モニターは、上方向に180度のみだった可動範囲が、下方向にも45度広げられたので、ハイアングル時のフレーミングも楽チンになったのがうれしい。

 レンズ周囲に配されたコントロールリングは、切り替えレバーにより「カチカチ」と先代同様にクリック音がするモードと、無音でスムーズな動きのいずれかが選べるようになった。
iPhone6ケースグッチコントロールリングには機能をいろいろと割り当てられるが、好みに応じて操作感も変えられるのはユーザーにとって心憎い配慮といえる。配慮といえば、USB端子経由で充電できるようになったのもうれしいニュースだ。
iphone6ケースこれにより、旅行中でもスマートフォンで使用しているモバイルバッテリーで充電できるのが心強い。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:etsete
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/trjuhfee/index1_0.rdf