最後の棚ざらえ 

2013年03月27日(水) 8時00分
これから出発するというのに、最後まで何やってるんだろ・・・

食慾魔人が先月に四国へ行った写真を送ってくれたので、
アップしなければもったいない
ということで、駆け足で紹介します。



あぁ、憧れの道後温泉
一度は行ってみたいですね〜

もっと大きな建物かと思っていましたが、
手前の部分は二階建て(後ろは三階建て)なので、
さほどの威圧感はなさそうです。



入浴するとサービスでもらえる、坊ちゃん団子

見たところは可愛らしいですが、
味は特筆するべきところは無し・・・だそうです



市内を走る坊ちゃん電車



おぉっ、坂の上の雲のポスターです

そういえば最終回を録画したまま、
まだ見ていないんだった・・・



お土産のバリィさんのストラップです。
今治市のゆるキャラで、
2012年のグランプリを受賞した人気者だそうで

今治は焼き鳥が有名なのでヒヨコの形になったようですが
タオル地(今治特産)の柔らかい質感は、
なぜか銘菓「萩の月」を連想してしまったのでした・・・







手土産人気商品 

2013年03月26日(火) 8時00分


たまたま手元に集まった、「人気手土産」

まずは、和のねんりん家のバウムクーヘンです

抹茶のバウムクーヘンと、もうひとつは季節によって色々変わるようです。
今回は桜・・・
色の取り合わせがきれいですね〜

ねんりん家のバウムクーヘンは初めて食べましたが、
バウムクーヘンとは思えないような柔らかさにびっくりしました
層にして焼き上げてあるはずなのに、全体がふわふわのスポンジケーキのようです。

バターの香りたっぷりで、高級感があります

開封して少し置くと最初の柔らかさが減少して、
普通のバウムクーヘンのような食感になってしまうので、
開けたらすぐ食べきるが鉄則のようですね〜。



こちらは開運堂の白鳥の湖

あまりにベタな名前、
追い討ちをかけるようなフォローしづらい箱の絵柄、
18枚入りで1,100円という割高感、
開けてみればなんとも地味なルックスのお菓子です・・・

しかしこれがリピーター続出の人気菓子、
ひと口食べると忘れられなくなります

パッと見はクッキーのようですが、
これはスペインのポルポローネというお菓子で、
ちょっとだけ落雁に似ています。

指で触るだけでほろほろと崩れていってしまう柔らかさなので、
つまんで食べるにも気を使うほど・・・
あっという間に粉々になってしまいます

口に入れると一瞬でほどけて、
控えめな甘さに、シナモンがほんのり香って、そのまま消えてしまいます。

なんともはかなくて贅沢なお菓子、
ハマりますよ〜









帰り道 

2013年03月25日(月) 8時00分


さて、東京ディズニーシー+αの観光旅行も無事に終わり、
高速バスで一路我が家へ・・・

なんとこの缶コーヒーは、無料サービスです

ちかごろは、高速バスも色々なサービスで競っていますねぇ。
一に安全、二に価格・・・だけで充分なんですけど



双葉SA(下り)からは、美しい富士山が眺められます

レストランの奥の扉から外に出られるようになっていて、
春は桜といっしょに楽しむ事もできる隠れフォトスポットです



最近、旅行の帰りのお弁当にカツサンドがお約束になっています

今回は新宿さぼてんのヒレカツサンドを買ってみました



値段は、万世とKYKの真ん中あたり、
味も・・・両方の真ん中あたりでした

無難といえば無難ですが、
肉質とクラシックスタイルで勝負する万世と、
庶民的値段とソースの味で押してくるKYK、
そのときの気分で二つを買い分ける方が賢いような気がしました・・・







東京その他もろもろ 

2013年03月24日(日) 8時00分


東京で撮ったその他もろもろの写真です

千鳥が淵・・・
二月下旬だったので寂しい景色ですが、
きっと今頃は桜が美しいでしょうね〜



おっ、木立の向こうにぼんやりと見えるのは
大きな玉ねぎじゃないですか〜

ペンフレンドなんて、もう死語ですねぇ・・・



さざれ石、初めて見ました

たくさんの小石のすき間を炭酸カルシウムや水酸化鉄が埋めて、
1つの大きな岩の塊になったもののことをこう呼ぶそうです
伊吹山が主な産地だとか・・・



出ました、晋ちゃんまんじゅう
オタク二人のコスプレが、なんか痛い・・・

それにしても、
こういう商品の製作元って、
本当に小回りがきくというか、次々とよく出してきますね







首塚 

2013年03月23日(土) 8時00分


せっかく東京まで来たので、
日本最凶のパワースポットとも言われる、
平将門の首塚を訪れてみました



平将門は平安時代中期に、
朝廷に対して反乱を起こし、討ち取られました。

その首は京都に送られ獄門に架けられましたが、
三日後に白光を放って空を飛び、この地に落ちたそうです。

将門は怨霊となってたびたび祟りを起こしたので、
法号を追贈して供養したのがこの首塚ということで



ここは以前にも何度か来た事はありますが、
オフィスビル街の真ん中にぽっかりと開いた異空間・・・という感じがします。

不思議と耳がしんとする雰囲気で、
やや湿った空気ではありますが、
そんなに負のエネルギーを発しているようには思いませんでした。

保存会の方々が丁寧に整備・清掃されているし、
わたし自身としても、
大河ドラマで加藤剛が演じた爽やかで力強い武将のイメージがあって、
国を守る要石のような場所ではないかと思いました







東京駅 

2013年03月22日(金) 8時00分


東京ディズニーシーの帰り、
せっかくここまで来たのだから・・・と
今話題の復元された東京駅を見て来ました

・・・あまりに横長すぎて、全景がカメラに入りきりません

確かに以前とは印象が違いますね〜
前は中央部分が一番目立っていたのですが、
今は復元された両脇のドームの存在感がすごくて、
そちらにばかり目が行ってしまいます。

ドームの形が特徴的でとても綺麗です


ソウル駅と瀋陽駅は、東京駅をモデルに作られたと聞きます。
ソウル駅は見たことがあって、なるほどよく似ています
瀋陽駅もそのうち見に行きたいと思いますね。



何度も来たことがあるはずなのですが、
あまり記憶に無かった正面入り口。

ここは皇族用出入り口なので閉まっていますが、
駅というよりは迎賓館みたいですね〜



復元されたドームの下はこうなっています。

明治浪漫といった風情で
タイムスリップしたような気分になれました。



赤レンガの古い建物とガラスのモダンさの対比が面白い
東京ステーションホテルの入り口です。

まるでビジネスホテルみたいに小さくさりげない入り口です

今回の改修復元で大幅にグレードアップしたと聞きますので、
チャンスがあればレトロを楽しむ宿泊をしてみたいものですね〜







ユカタン・ベースキャンプ・グリル 

2013年03月17日(日) 8時00分


遊びたおしたディズニーシーも、夕食の時間になりました
本日の〆はロストリバーデルタのユカタン・ベースキャンプ・グリル

中南米にやってきた発掘チームのキャンプ料理・・・といった設定です
陽気な店内には、野趣あふれるスモーク料理などなど。

左側がわたしの
ロールキャベツと赤ワイン

右側が食慾魔人の
スモークチキンとコロナビールです

どちらもメキシカン・ライスと温野菜が添えてあります。

ボリュームがあって、お値段もリーズナブル、
お味もプリマハム提供ということでまずまずです

赤いライスはケチャップではなく、
一応チリペッパーで風味付けしてあって、
メキシコ気分にさせてくれます


写真では上の方が切れてしまいましたが、
コロナビールの壜の口にライムが挿してあったのは驚きましたね〜

思わず食慾魔人と二人で
バブルだ〜っ
と叫んでしまいました。

バブルのあの頃、
カフェバーとかでコロナビールを注文すると、
くし型に切ったライムが口に挿さって出てきましたよね。

それをちょっと絞って、ライムは壜の中に押し込んでラッパ飲みするのが
当時の流行のスタイルだったと記憶しています

さすがにディズニーシーのライムは
くし切りではなくて普通のスライスでしたが・・・


食慾魔人も嬉々としてライムを壜に押し込んでいましたが、
あのライムってどうやって壜から取り出していたのでしょうねぇ


ともあれこれでディズニーシーもお終い。

ぶらぶらとパーク内を出口に向かって歩きながら、
ファンタズミック!の華やかな水上ショーを横目でちらちら眺めて、
お土産屋も冷やかしつつ・・・

ホテルのシャトルバスで帰途に着きました







ヴェネツィアン・ゴンドラ 

2013年03月16日(土) 8時00分


さてお次はディズニーシーの華、ヴェネツィアン・ゴンドラです
これはやっぱり押さえておきたいでしょう〜
幸いにして40分待ちと、まずまずでした。

このゴンドラ乗り場の辺りの風景って、
ヴェネツィアっぽくて(本物より綺麗だけど)とても好きです。

ここと、
ロストリバーデルタの
ディズニーシー・トランジットスチーマーライン乗り場近辺が、
シーでは異国情緒があって一番好きな景色ですね〜



夕方になって、空はまだ明るいけど岸辺の街灯がつき始めて、
ちょっといい雰囲気です。
これが夜になるともっとロマンティックなのですが、
みんな知っていて、夜は混むので・・・

ゴンドラの前と後ろに二人の船頭さんがいて、
これがハズレだと少々がっかりなのですが、
今回は後ろの船頭さんが、寡黙なイケメンで、
ずっと下を向いたきりでシャイな感じもまたなかなか〜

乗り合わせた修学旅行の女子高生たちも
無邪気で可愛くて、写真を撮ってあげたりして
よい船でありました


ゴンドラの後はすっかり暗くなってきたので、
まずは30分待ちのマーメイドラグーンシアターで
アリエルと魚達のショーを見て

ラストひとつということで、
15分待ちのキャラバンカルーセルにサクっと乗って、
ライトアップされたアラビアンナイトの世界を楽しんだのでした


これで合計7つのアトラクション制覇、
混んでいる日としてはまずまずではないかと
自画自賛していい気分〜







トイ・ストーリー・マニア!を通り過ぎて 

2013年03月15日(金) 8時00分


入らない(というか、混み過ぎていて入れない)つもりの
トイ・ストーリー・マニア!ですが、
新しいエリアなので、一応見に行ってみました

袋小路になった小さな広場は、人でいっぱいです
ウッディの大きく開いた口が怖い・・・

全体の雰囲気は、
アメリカの田舎のお祭りみたいな感じで、
陽気でウキウキした雰囲気であふれています



しかしやっぱり・・・

スタンバイは200分待ちで、
ファストパスはもう残っていませんでした
(並んでいる皆さん、お疲れ様です・・・)


見るだけ見て納得したので、
30分待ちのタートル・トークに行きました

CGの亀のクラッシュとゲストが会話するアトラクションなのですが、
子供たちの突飛な質問にもちゃんと答え、
動きもそれにぴったり合っているのが見所です

どうやら客席を見られる場所にクラッシュ役の声優さんが居て、
アドリブの効いた軽妙な会話をして、
CG映像がその声に合わせて、
瞬時に適切な動きをする仕組みなのだそうです

無邪気に亀との会話を楽しむ子供たちの脇で、
大人たちはその技術にびっくり
というところですね。


クジラ語をしゃべったり、いっせいに両手を挙げる練習を強制されるので
大人としてはかなり気恥ずかしいアトラクションですが、
この技術は一度は見る価値アリでしょう

ただし、
客席の傾斜がゆるやかなので、
ディズニーのショーにしては、
後ろの席だと画面が見づらいという不満は残りますが・・・







ウォーターフロントパーク 

2013年03月14日(木) 8時00分


ニューヨーク・デリで遅い昼食のあと、
ぶらぶら歩いてウォーターフロントパークに出ました

ここはイベントなどをよくやっている多目的広場ですね
タワー・オブ・テラーの正面になります。

15時過ぎくらいのタワー・オブ・テラーの状況です
相変わらずの200分待ちで、
ファストパスはもうありません・・・

それでも続々とやって来て列の後ろに並ぶ人たち、お疲れ様です〜


このウォーターフロントパークと、メディテレーニアンハーバーは、
よくキャラクターグリーティングをやっていますね。

朝のメディテレーニアンハーバーには、
ピノキオとゼペットじいさんが居ました

そしてウォーターフロントパークでは、
なんだか二つの大きなサル団子ができていると思ったら・・・

修学旅行生の大群の真ん中に見えるのは、丸い黒い耳
こんな混んでいる日に、ミッキー&ミニーを出すなんて、
ディズニーさんもがんばりますねぇ


参考画像です

あっ、女装したチップ&デール

と思ったら、クラリスというキャラクターでした。
(帰ってからネットで調べました

みんな彼女の写真を撮っていましたが、
果たして名前を正確に言える人は何人いたのでしょうか
少なくともわたしは知らんかったですよ・・・







プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vivian
読者になる
Google
このブログを検索
Yaplog!を検索
WWWを検索
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像ひこひこ
» 最後の棚ざらえ (2013年09月03日)
アイコン画像Mimi
» エキノックスでハイティー (2013年08月28日)
アイコン画像vivian
» 最後の棚ざらえ (2013年03月31日)
アイコン画像vivian
» 最後の棚ざらえ (2013年03月31日)
アイコン画像ふーり
» 最後の棚ざらえ (2013年03月31日)
アイコン画像ひなぎく
» 最後の棚ざらえ (2013年03月29日)
アイコン画像vivian
» 最後の棚ざらえ (2013年03月29日)
アイコン画像vivian
» 最後の棚ざらえ (2013年03月29日)
アイコン画像vivian
» 最後の棚ざらえ (2013年03月29日)
アイコン画像ひなぎく
» 最後の棚ざらえ (2013年03月29日)
http://yaplog.jp/trippervivian/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE