通信でトリマー資格取得 就職活動で役に立たないのか 

April 17 [Mon], 2017, 21:15
犬や猫のシャンプーやカットをするトリマーの
資格をとるには、2〜3年間かけて専門学校
へ通う方法と、


通信講座で最速で2ヶ月から1年ほどかけて
勉強する方法と大きく分けて2種類あります。


通信講座は専門学校に通うより、
実習経験の面で圧倒的に不利であるのは
誰がみてもわかりますよね。


だからといってトリミングの仕事につけない
のか、通信は無意味なのかといったら、
実は必ずしもそうでもありません。


新入社員はゼロからのスタート

トリミングサロンで新しくスタッフを迎える
際に、専門学校でしっかり3年間勉強してきた
からと言って、


新入社員に初日から1匹の犬を任せることは
ほとんどありません。


どんな人も最初はゼロからのスタートと見なされ、
マンツーマンで、その店のやり方を徹底的に
教え込まれるからです。


というのも、爪の切り方、シャンプーの仕方
すべてがその店独自の方法を持っているので
何も聞かずに学校のやり方で進めても認めてもらえません。


教わって、すぐに言われた通りできるのは
もしかしたら専門学校卒の人かもしれませんが、


人間の美容院でやっているように
閉店後や開店前、あるいは休日に
店で飼われている犬や、自分の犬で練習して
先輩に見てもらったり


努力を重ねることで、その店のやり方を身に着け、
認めてもらえるのはその人次第なのです。



ですから、採用面接でプードルのカットが得意ですと
主張しても、会社的にはその点で採用を決定する
ことはほぼありません。


中途採用は技術勝負

もし、今現在のあなたの技術を必要とするなら
それは中途採用で『即戦力』を募集している場合で、


その時は面接と、その場で実技テストを行って
採用の判断をします。


このようなことから、通信講座でトリマーの
資格を取得し、採用面接に望む場合は
下記のポイントで会社選びをするとよいでしょう。


トリミングサロン選びのポイント

・物販 生体(仔犬)の販売をしている店

初心者は接客マナーやお客さんと話す経験もないので、
まず、レジ打ちや接客でお客様の対応を
勉強させるケースが多いです。

また、生体(仔犬)のシャンプーや爪切り
個室の掃除も仕事になります。


・初心者可、初心者でも丁寧に教えます

このようなところは技術者が豊富で、
カットに入る前のブラッシングや
爪切り、シャンプーをする要員を必要としています。

こういうところは先輩が多く、基礎から
しっかり学べるでしょうし、丁寧に教えて
長く務められる社員を探しています。


面接では正直に経験が少ないことや
その分やる気や熱意をうったえて、
将来のビジョンをしっかりもつことが大切です。


いかがでしょうか?
通信講座でトリマーの勉強をすることは
就職に決して無意味ではないということは
理解できましたか?


ですから、もしトリマーの通信講座を
選ぶのなら、しっかりとした受講体制が
整った学校を選ぶようにしてくださいね。

通信講座を選ぶポイント

ひとりで学んでいく中で疑問や質問も
でてくるので、タイムリーに学習フォローを
してくれるシステムや、


希望者には一部スクーリング(登校して、
実技学習をすること)のシステムがあると
理想的な通信講座といえるでしょう。


下記の学校は専門学校の講師が
通信講座の学習フォローをしている
実績の高い通信講座です。




スクーリングも評判がよく、
たくさんの先輩を排出している学校です。
こんなところにうまく出会えるといいですね。


トリマーの通信講座をお探しなら
参考に無料の資料を取寄せてみるのも
いいのではないでしょうか。