雪クエ完了 

March 31 [Tue], 2009, 23:30

「やった☆」

お疲れ様。お前もなかなか根性強くなったな。


「ええ。頑張りましたよね、私」

いや、軽く5〜6Mは使ってたようだけど?


「そんなこと気にしちゃいけませんよ」

もう一つ言っておくね。


「はい?」

ソフィさん。ダーツ@12、湯たんぽ@9がまだ集まってないので雪クエは終わってないんですよ?


「気にしない☆」

お前、結構上機嫌だな。


「ええ。じゃあ私は明日からニウェルトとプレレ徹底的に殺せばいいのね?」

いや、明日からはスプラッシュ及び「姉さん」のレベルアップを手伝ってやるように。


「は〜い…あぁめんどくさ」

天才肌が「めんどくさ」発言ですか。へえそうですか。


「・・・あぁその言葉むかつくぅ・・・。はいはい、わかりましたよ。やればいいんでしょやれば!」


「姉さん、よろしくね☆」


「はいはい」


「ソフィおねえちゃん、よろしくね

お前が姉だろっ!


「いいじゃない〜。もうソフィの方がレベル上なんだからさぁ」

・・・おkわかった。じゃあソフィ。


「はい?」

そこで早くレベル200にしてってほざいてる猫がいるからとっととレベル200にしてやって。


「嫌です。っていったら?」

じゃあその猫にお前がジャズコンボされてもいいって言ってたって言っとく。


(・・・なるほどそういうことね)
「・・・わかりました。やりましょう」

じゃ、よろしくな。


「じゃあご主人様。今日も看病してあげましょうね

スタスタ・・・


「・・・」

プルルル、プルルルル


「あ、フライカスさん?いいネタがあるんですよぉ…。はい、そうです。TSのプレイヤーとTSのキャラクターの信じられない逢瀬、ですよ…。あ、特ダネ料はいりませんよ。きわめて善良な市民がやったことですから。・・・はい、では失礼します」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日、なぎさと私のツーショット写真が雑誌「フライカス」に載ったらしい。
ソフィも当初は「なんで!!!私の方が美人なのに!」と言っていたが、どうやらこれは演技だったようである。

4月から 

March 31 [Tue], 2009, 10:33
とりあえず、4月からはまたリアルで頑張らないといけないぢぇ。
遊んでられないぢぇ。
TSもやってらんないぢぇ。


というわけで今日が事実上、TSやりまくれる最終日DA!

だが今日はメンテだ!

というわけで、まぁ、来月からもよろしく。

サークル如何によってはどうなるかわかりましぇn

ネイトの仕事 

March 26 [Thu], 2009, 14:39
ネイトをローマ字表記すると・・・NEIT
これを英語っぽく読むと…「ニート」?
ということでやつの仕事は「ニート」だ

とまぁ、ここまではとんでもない話。
でもここから如何にやつがアホウかっていうことを書こう!

今日はスプラッシュに合成をさせた。かなり久しぶりに。


これがスプラッシュの合成直前の能力。もちろん幸運の書や一周年の書を利用している。
幸運223は決して高い値ではないが、こいつには一応CLLv11があるから期待していたんだ。

さぁ、ではネイト君よろしくお願いしますよ〜。


この時点で敗色濃厚。

こうして、旧ナイトシールドHP+1467より低い金盾が出来た。
本当にネイトはクソ!


アイラに捧げたかって?
いやいや、勿体無いからソフィにそのまま持たせている。
またどこかでsl2、もしくはsl3が出たタイミングで新たに合成をしてから廃棄することになるだろう。
その時は店売り+5〜60kぐらいで露店売りするつもりだ。

まぁ、ぶっちゃけ道端に捨ててきてもいいんだけどさ☆

沼廃鉱に黄信号。 

March 25 [Wed], 2009, 23:23
ソフィの沼廃鉱クエストに黄信号が点った。

テストとして狩りをさせてみたんだ。
もちろんゲルマ抜きのフル装備。

「さぁ、とりあえず影から狙いましょうか」



ドカッ バキッ ボコッ




「あう・・・」


・・・弱すぎだ、この狐。
なんということだ。
Lv185でこの弱さだから、もしかするとLv199でも十分殺されると思われる。


ということで、

沼廃鉱で皆でPTクエだ→事実上のマグロ、を許してくださる方募集中です。

雪山クエスト中 

March 25 [Wed], 2009, 21:07
ども、ソフィです。

雪山クエストやってきました。

今日はこれぐらいやってきましたよ。

1:足皮・つらら・涙のしずくクエスト・・・・涙のしずくは200kで4個買いました。直後に100kで1個売ってたところを見た時は正直やっちゃった感に襲われました
2:化石クエ・・・・5個ずつ持ってたのでやってきました。
3:花クエ・・・竜苔蘭を持ってくるのを忘れて即興で5個掘っちゃいました
4:空き瓶クエ・・・後2回?3回?全く出ないんだな…。
5:アイスピッククエ…後2回。大変。
6:スノーマシン・・・@4つ。買うとお金がかかるので掘ります。

現在のレベルは185です。
そして求めているものがあります。

沼廃坑PTクエのマグロしてくれる方募集中です!

100の質問 

March 25 [Wed], 2009, 0:43
答えてみた。
適当に答えてみた。

公開設定にしておいたので、見たい方は見てもよい。


最近ギルド内での私の存在感が薄くなっている。
某Rさんに嫌われている時点で終わりである。この方はうちのギルドの主力かつムードメーカーであり、この方の機嫌を損ねてギルドでやっていくのは難しいのだろう。
またGvには弱すぎて参加できず、従ってGvを通じての交流もない。

まぁ、徹底的に裏方に回り、装備アイテムの発掘、合成品の提供で何とかギルドとのつながりを維持するしか自分に残っている方法はないのだろう。
課金を使ったり、幸運キャラを早いうちに作っておいてギルド内でのポジションを確立しておけばよかったと後悔する今日この頃である。

Lv180 

March 21 [Sat], 2009, 1:02
いやぁ、ついにソフィがやってくれた。Lv180になるとは思ってなかったぞ。


「それはどういうことですか?」

うん、まぁ、文字通りだ。さて、もう眠たいので寝るぞ。


「プロフィールの更新は?」

面倒だから、おまけに忘れたからやらない。


「ひどいですね」

俺はそういう人間です。じゃ、お休み!強制終了するぞ。


「待って私にも一言しゃべらせ・・・」

ソフィは弱いのか? 

March 16 [Mon], 2009, 23:36

「ご主人様」

なんだ、改まって。


「ご主人様は私のこと、特に強さはどう思っています?」

・・・正直に言ってよいか?


「どうしてご主人様が改まるんです?」

・・・ソフィ。お前ははっきり言って、弱い。


「・・・スパッと言い抜きましたね」

ソフィ。お前は自分でどう思ってるんだ。


「…私も、そう思います」

何故だ。


「技が弱すぎます」

レベルもそんなに高いとは言えないな。


「すぐ死にます」

回避はもとから魅力2であることも手伝って、低い。


「装備が弱いです」

お前に言う資格はない。ジョッキーさんから頂いた物だ。


「作ればいいじゃないですか」

お金がない、アイテムがない。


「お金稼げばいいじゃないですか」

難しいです。さすがに。借金もしたくないからな。


「転売は最近していませんね」

相場知りません。


「知ろうとしないんじゃないんですか?」

…。


「私が勝手にします」

頼んだぞ。


「その代わり利益の99.99%は私が自由に使って(=共有財産に入らない)いいですよね」

それは困る!


「じゃあ、このまま弱いままでいいんですか?」

・・・しばらくそれでいくしかないな。

ソフィの雑記帳 3/10「神様はただの…」 

March 10 [Tue], 2009, 13:50
ウゲッホ、ゴホゴホ…ヒーーーーー。


「どうしました?」

いや、朝から発熱、倦怠感、喉の痛み、痰が出るのさ。


「インフルエンザじゃないですか?予防接種しました?」

もちろんしてある。…てか、別に元々体調悪かったわけじゃないんだ。インフルエンザなら、一晩で一気に高熱、筋肉痛が起こるだろう…。実際、昨日の晩からなんか変だなとは思っていたんだ。


「じゃあ普通の風邪ですかね」

だと思うな。


「それにしても、ご主人様まだ10代でしょう?どうしてこんな状態になっちゃったんです?」

浪人が最大の原因です。多分。


「体力落ちてますよねぇ…そりゃ」

わかるだろう、ソフィも。


「ええ。私の場合はよく死んでますからねぇ…」

だね。まぁ、仕方ないっちゃ仕方ないんだけどさ。


「トレーニングはなさるのですか?」

あぁ、とりあえず往復5〜6kmのランニングを始めるつもりだ。


「全盛期はどれぐらいで走り抜けました?」

片道で10分の休憩を入れて40分。


「早すぎますね」

いや、これでもマラソンランナーの半分ぐらいの速度だろう。


「じゃあ、それぐらいまで戻すんですか?」

まずはそれを考える。その後、ランニングの距離を伸ばす。
後は、大学の休みの日なんかに京都へ行って、大学に荷物置いて市内を一周するかな。


「壮大ですね」

まぁ、シティーハーフマラソンやってた町だからな。ちなみに自分の設定した走路を走ると、一周22kmだ。


「走りきるんですか?」

んだなぁ…。中盤に、金閣寺からJRへかけての下り坂があるから、そこで飛ばさなければ走れるだろう。
だって、ラストはその分、上りになるからな。


「まぁ、頑張ってください」

お前も走らないか?


「狐なので4つ足で走りますよ?」

嘘付けっ。狐の格好した一女子だろ。


「ばれちゃいましたか」

まぁ、いいよ。別に誰と一緒に走ろうとも思ってないんだ。
あぁ…長居してしまってかなりきつくなってきた。寝るよ。


「おやすみなさい」

あぁ。


「あ、ところで」

ん?


「浪人していて、その後トレーニングするというのなら、大学合格されたんですね?」

あぁ。おかげでこのザマだ。


「・・・・多分、私とご主人様の考えていることは一緒でしょうね」

多分俺の娘だからきっと思考回路が一緒なんだろうな。じゃあ言ってみようか。

せーの


「神様が○大学の採点官を買収して合格できたが、その代わりに健康を奪われた」
神様が○大学の採点官を買収して合格できたが、その代わりに健康を奪われた。


結局、神様も商売人なんだろうね。


「かも、知れませんね」

じゃあ、お休み。


「ごゆっくりどうぞ。私はまた仕事(掘り)に出かけますから」

じゃあ誰が看病してくれるんだよ?


「バカは風邪引かないっていうから私がやるわ」

( ´゚∀゚`)お前はイヤ!


「じゃあ、とりあえずベッドへ行きましょうか♪」

ずるずる・・・。

イヤあああああああああああああああああああ。


「最近、姉さんがやけにご主人様に優しいなぁ?あれだけ反抗心大きかったはずなのにな。人間、よくわかんないや」

今日のベストショット 

March 07 [Sat], 2009, 22:52
海の底には何があるのかな?




なお、発掘品の中に

ヘドロ

とか

ハングルの書かれたゴミ

は、ありませんでしたよ。


特別出演:メルさん
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:trick-nslsmr
読者になる
註:画像内のダメージは31824です。見にくくてごめn。
現在のキャラレベル
1st −+ソフィ+− 狐
Lv190 TMLv186
所属ギルド:I黒陽†葬月I
2nd −+なぎさ+− 猫
Lv164 TMLv165
所属ギルド:迷探偵事務所
リンク集に「ギルドサイト」あり。

3rd ☆★スプラッシュ★☆ 狐
Lv114 TMLv88
所属ギルド:なし
4th リナ=フランシス 羊
Lv77 TMLv66
所属ギルド:【きっと―Angels】
5th 一ノ瀬未希 兎
Lv11 TMLv8
所属ギルド:なし
6th ラウル=シャニュイ 獅子
Lv46 TMLv39
所属ギルド:なし
7th ルナ=アメリア=Satan 龍
Lv22 TMLv21
所属ギルド:なし
8th 量産型MR-8 獅子
Lv66 TMLv55
所属ギルド:I黒陽†葬月x
2009/03/31 更新
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像なぎさ
» 手記 (2009年03月07日)
アイコン画像璃秋
» 手記 (2009年02月14日)