レーザー脱毛の安全性等の誤解を解く!

April 23 [Sat], 2016, 8:35
家庭用脱毛器の購入でトリアかケノンかどちらを選んだらいいかと悩む人が多いようです。適切な選択をするために大切なこと、それは正しい知識を持つことです。

レーザー脱毛器トリアについて間違った知識を持ったままでどちらかを選ぶということが多々されているようです。
まず最初にトリアの誤解を解いていきます。

■トリアの誤解を解く

1.目に危ない
多くの人はレーザーは強力な光だから目に危ないと思っています。それは、一部正しくて一部間違ってます。
確かに強力な光なので、目に有害な影響を与える波長を使ったレーザーは危険です。
しかし、トリアは家庭用脱毛器です。どんな場合でもまず安全でなければなりません。
そこで、トリアは家庭用レーザー脱毛器として安全性に最大限の留意して開発しました。その結果、

● 独自技術のサファイアレンズで目で見ても安全な光に変換
万が一目で見ても危険が無いように、サファイアレンズという特殊なレンズで光を拡散し目に安全な光に変換しているので安全です。
このため、サングラスなどは不要です。
● 米国FDA(アメリカ食品医薬品局)認可した唯一の家庭用レーザー脱毛器
米国FDA(アメリカ食品医薬品局)認可した唯一の家庭用レーザー脱毛器です。

FDAについてはWiki Pediaから引用します。

"日本の厚生労働省に当たるHHS(Department of Health and Human Services; 保健福祉省)に属する一機関である。"

FDAは目的と行政的権限の及ぶ範囲を次のように宣言。

"医薬品および動物用医薬品、生物学的製剤、医療機器、国内の食糧供給、化粧品、そして電磁波を放出するような製品の安全性と有効性を保証することによって国民の健康を守ることが、FDAの責務である。加えて、医薬品や食品をより効果的に、安全に、そしてより安価にするための技術革新を加速させることによって国民の健康を増進すること、そして国民が自らの健康を増進するために必要な医薬品や食料に関する正しい、科学に立脚した情報を国民に与えることもまた、FDAの責務である。"

日本で販売されているフラッシュ式の脱毛器で、このような政府機関の認可を受けたものがあるでしょうか?
よろしかったら探して下さい。

● 肌センサーで誤照射を防
トリアのヘッドには肌センサーが3カ所設置してあり、同時に触れないと照査されないようになっています。これにより誤照射を防ぐと共に照射の手間を軽減しています。

2.痛い
レーザー脱毛器はフラッシュ式脱毛器より痛いという評判が多いようです。フラッシュ脱毛もレーザー脱毛も熱で毛根を無力化して脱毛するので基本原理は同じです。
痛いというのは効いている証拠、痛くない脱毛はあり得ません。

しかし、毛の太さや脱毛部位、そして個人により痛みの感じ方がちがいます。
そのため、我慢できる範囲で無理なくケアできるように照射レベルを変更できるようにしてます。

トリアが出すレーザー光は毛に含まれる色素に集中して反応するので、ケアが進んで毛が少なくなるにつれて痛みもどんどん少なくなります。このため、最初が一番痛いと言うことを理解して下さい。

3.やけどなど、肌に悪影響
皮膚科や美容外来で使用している医療用レーザーに比べて、出力を大幅に弱めているので安全です。
また、フラッシュと違いむだ毛に含まれる色素に集中して反応するので肌に優しくジェルなど不要です。

4.照射範囲が狭いからケアに時間がかかる
確かにフラッシュ式に比べて同じ面積でも照射回数が多くなるので、一回のケアには時間がかかります。
しかし、我慢できないほどの時間ではありません。

狭い範囲に光を集中させるため効果が強いという利点があり、最終的な脱毛至るまでのケア回数が少なく、期間も短くて済みます。
また、照射面積が狭いことで、ホクロやシミをサケながら使用できるなど細かい部分が得意です。

■トリアはどんな会社が開発した?
脱毛器は高価格帯の商品なので、ブランドの信用がとっても大切です。
トリアを開発した会社については、こちらの記事をご覧下さい。
 トリアを開発した会社

■トリアの安心
トリアは次の保証があります。
● 30日間返金保証
購入後30日間は使用して肌に合わない等、いかなる理由でも返金保証による返品ができます。
● 2年間保証
通常家電製品の保証期間は1年ですが、トリアは余裕の2年保証です。


以上、正しい知識を持ってあなたに適合する脱毛器を選択して下さい。

トリアについて公式サイトで確認したい方は下記バナーからどうぞ!
↓↓↓


>
P R
カテゴリアーカイブ