呉に行ってきた 

2004年11月12日(金) 22時50分
先日、広島県の呉に行く機会を得た。
ドックの様子をどうぞ。






工業都市と海上自衛隊の基盤ですね。

北信堪能 1 

2004年11月07日(日) 3時26分
学生時代の仲間で北信州を旅してきた。
みな社会人になったということで、1回ここらで旅をしようってことで。
鉄道模型をかじっているので、どうせなら鉄道模型をできる宿という選択肢をとった。
となると・・・浮かぶのは、修善寺「花月園」であるが、
とある日ネットで全然関係ない検索していると、長野県木島平に鉄道模型が運転できてしまうお宿を発見。

その名は、北信州・高社山麓麓みゆきの杜ユースホステル
ユースを利用したのは海外で1回だけということもあって、
なにか敷居が高そうというイメージを持っていたが、
ここのホームページを見ると、
ユースというよりすでにペンションであり、
ペンションの中でもかなりレベルの高そうなお宿なのだ。
きれいな建屋・数々の企画とものすごいコンセプトを持ったユースであることがわかった。
旅好きのための宿といった感じ。その中にご主人の趣味である鉄道模型がある。
私自身、長野には馴染みがあり、好きな土地なので、
ここは行ってみようではないか。

友人の車でいざ。
途中、朝まで仕事という新入社員とは思えない仕事っぷりの先輩を
ピックアップ。関越をいざ北へ。浅間山からは噴煙があがってました。

飯山豊田インターで降り、木島平へ。
宿に着くと、部屋へ。
直前まで部屋は埋まってなかったのだが、
いざふたを開けるとお客さんがたくさん。
みな旅なれてそうな人ばかり・・・。
おいそれ「鉄道模型やりたい」とは言いづらかったが、
ご主人に聞くと、夕食後と言われてしまった。
ダイニングルームに鉄道模型のレイアウト(ジオラマ)があり、
そこには昭和40年代の田舎の風景が広がっていた。

夕食は、
スープ・グラタン・鶏料理など今までのユース像を覆す料理。
長野の宿ならではの野沢菜(ここは野沢温泉が近い)も忘れていない。
社会人になってさらに食生活が乏しくなってしまっていただけに、
ここぞとばかり食ったなこれ。
















いや〜冬がやってきた 2 

2004年10月24日(日) 4時43分
そうこうしているうちに
中山峠も・・・↓


本日の石北峠


台風だ地震だで
自然の猛威にただ呆然とするばかりです。
こればかしは備えをするしかないですね。

いや〜冬がやってきた (道路) 

2004年10月23日(土) 9時40分
北海道の「冬の峠案内」を見てたら、
あらっもう雪が積もっているんですね。
きましたね。この季節が。
石北峠


安全運転で。

去年、長野県白馬のスキー場へノーマルタイヤでやってきた後輩がいました。
なぜ気づかないのか。
案の定、白馬村に入ると・・・恐怖。



北海道を離れ数年、ずいぶん高速道路整備も進みました。
旭川紋別自動車道がどんどん伸びていきますね。



さいごに

中山峠の電光表示板の現在の表示内容です。
そのうち、「圧雪アイスバーン 注意」という表示に変わるはず。



国際航空宇宙展 (1) 

2004年10月10日(日) 23時25分
本日はパシフィコ横浜で開催された国際航空宇宙展に数人で足を運ぶ。
4年に一度というこの展示会は日本で唯一?の航空関連企業の展示会である。
欧米の防衛関連企業、素材も含めた日本の国内各種関連メーカーが集まり、
今とこれからの航空業界を見せていた。



展示から数件をご紹介いたします。

三菱重工業
環境適応型高性能小型航空機開発プロジェクト(NEDO技術開発機構)
機内環境の研究から、モックアップが展示された。
日本発の民間旅客機が久々に復活するのか。ガツガツしてて私のすごく興味のある案件。
しかし、「産みの苦しみです」といった担当者の声に頑張ってとだいじょうぶなの?の複雑な感情。マーケティング力不足が指摘されて久しい業界だが、この案件のマーケティングは万全なのだろうか。

他には
B7E7 主翼製作
F2支援戦闘機
宇宙案件(こちらのほうがメインに展示されていた気がする)
LE-X
MB-XX
HUROCKET

川崎重工業
T-4

ちなみに
P-X(次期輸送機)
C-X(次期対潜哨戒機)
の開発については展示されていなかった。

石川島播磨重工業(IHI)
業務内容が中心。
ネ20(日本初のジェットエンジン、終戦直前で試験飛行)の展示

GEnx(B7E7向けエンジン)部品の開発生産についてのパネル
他各部品について

グループとして
IHI-AEROSPACE(IA)
宇宙案件について

新明和工業
US-1A改飛行艇の開発販売ですごく勢いを感じた。
震災を経験後、それをバネに飛行機開発してしまったわけで、
こちらもガツガツしていた。
そのせいかブースの人の入りはよかった。
プロモーションビデオで映し出される、
ダイナミックな離水やメカニックな動きはかっこよさを感じる。


日本航空機エンジン協会
V2500
CF34  の展示





JR東日本、東武鉄道 直通特急運行へ。 

2004年10月05日(火) 5時20分
JR東日本・東武鉄道は
2006年春より1日4往復直通特急の運行を開始することを発表した。
停車駅は新宿、池袋、大宮、(栗橋駅から東武線に)栃木、新鹿沼、下今市、東武日光/鬼怒川温泉 
新宿〜東武日光/鬼怒川温泉を2時間程度で結ぶという。
車両は
6両編成で
東武が100系スペーシア型車両、
JRが特急型車両を改造して投入する。

昔は日光までのアクセスで争奪戦を繰り広げていたが、
いよいよ手を結ぶことになった。
東武は都心拠点駅が浅草であり不便な位置であったし、
JRの対日光輸送も定期専用列車を運転することもなかった。

先日のJR・相鉄乗り入れ検討といい驚かされるニュースである。

JR東日本プレスリリース

traffic jum 

2004年09月13日(月) 21時28分
ようこそtraffic jumへ

今までストイックに掲示板にて
旅行でみたものや交通に関わるニュースを記録、伝えてきましたが、
掲示板だと記事の整理が難しかったこともあり、
この程、
ブログにて生まれ変わることになりました。
もちろん掲示板も継続させますが、
こちらの traffic jum もよろしくお願いいたします。

渋滞はストレスのたまるものですが、
こちらでは情報の渋滞を目指すべくネーミングしました。

旅行や交通関係の話題で進めていきましょう。
2004年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像管理人
» traffic jum (2004年09月13日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:trfficjum
読者になる
Yapme!一覧
読者になる