沖縄に台風接近で特別警報 最大級の警戒を

July 08 [Tue], 2014, 9:51
コーチ大型で非常に強い台風8号は、これから猛烈な勢力に発達して沖縄県に接近する見込みで、気象庁は宮古島地方に暴風と波浪の特別警報を沖縄本島地方に波浪の特別警報を発表しました。気象庁は、災害の発生に最大級に警戒し、早めに安全を確保するよう呼びかけています。

気象庁の発表によりますと、大型で非常に強い台風8号は、8日午前0時には宮古島の南東260キロの海上を1時間に20キロの速さで北へ進んでいるとみられます。中心の気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径200キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。
台風は8日、猛烈な勢力に発達しながら北上し、沖縄県の先島諸島にはこれから昼前にかけて、沖縄本島地方には午後にかけて接近する見込みです。
気象庁は、記録的な暴風や高波によって甚大な被害が発生するおそれがあるとして、8日午後6時20分、沖縄県の宮古島地方に暴風と波浪の特別警報を発表し、7日午後9時すぎには沖縄本島地方に波浪の特別警報を発表しました。
フェラガモ沖縄県では次第に風が強まり、7日午後11時半すぎには、南城市で37.2メートル、那覇市で35.2メートルの最大瞬間風速を観測しました。先島諸島や沖縄本島地方では、8日に猛烈な風が吹くおそれがあり、最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルと予想されています。沖縄・奄美の沿岸は、波の高さが10メートルを超える猛烈なしけとなり、宮古島地方や沖縄本島地方では、波の高さが14メートルに達するおそれがあります。
台風の接近に伴って、沖縄県では局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあります。8日の夜遅くまでに降る雨の量はいずれも多いところで宮古島地方で300ミリ、沖縄本島地方で200ミリなどと予想されています。
さらに沖縄県の沿岸では、8日は潮位がかなり上昇する見込みで、高潮による浸水の危険性が非常に高くなります。気象庁は、今後、大雨と高潮の特別警報も発表する可能性があるとしています。
ボッテガヴェネタ気象庁は、暴風や高波、大雨、高潮に最大級の警戒を呼びかけるとともに、避難勧告や避難指示といった自治体の情報に従って避難するなど、台風が近づく前に早めに安全を確保するよう呼びかけています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クネーム
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/treynzo/index1_0.rdf