中国語を使ってみた

August 01 [Thu], 2013, 1:05
私は謳うように喋る中国語になんとはなしの憧れのようなものを感じていました。
身近に中国人がいたということもありますが、あの特有のリズムというか旋律のようなものを身につけたかった私はCDを頼りに耳と体で覚えようとしたのです。
私は日本人なので、漢字は読めます。読めるというのは、なにを書いているかだいたいわかるという意味です。
発音さえ出来れば喋れる筈という甘い考えで始めた中国語でしたが、現実の中国語をネットで見て呆然とします。漢字を使っていないんです。
見たことない文字が並んでいる。
勝手にハードルが低いと思っていた私には驚きでした。これは無理と思い、数ヶ月放置。
そんなとき、たまたま中国人留学生と知り合いました。
とりあえず、知ってる中国語で話かけてみました。
そして、自分の中国語が通じていることを確めたとき、彼女は答えます。
「私は中国人なのだから、中国語がわかるの当たり前です……」
勉強にはここがいいね中国語検定

広い中国、多様な方言。
そういうものに慣れた中国人は、中国語っぽい言葉を聞き取る能力が高いようなのです。
それは外国人の話す、たどたどしい中国語を理解する力があるという意味です。
意外な所で中国語のハードルは低かったようでした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:trexianne
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/trexianne/index1_0.rdf