米田と斎藤

May 19 [Thu], 2016, 22:13
倒産をすると保有できるマネーは99万円以内のリバティーマネーのみと変わるのでそれ以外に
抱えるマネー、在宅や車などは没収されてしまうことはしばしば知られています。

ではおんなじ借金アレンジの取り分け身の回りとしては軽々しい(言い回しがおかしいかもしれませんが)フリーアレンジをする場合に
抱えるマネーはどのように扱われるのでしょうか?

結論から言えばフリーアレンジをしても倒産のようにマネーが強制的に対処変わることはありません。
というのもフリーアレンジは負債を減額する手続きですが資金に関しては敢然と払うという手続きだからだ。

しかし、そのマネーが裏付けになっているような場合には引き上げられてしまう可能性があります。
マネーの取り分け比較的多くの人が気になるものはマイカーや建物でしょう。

例えば、フリーアレンジを望むけどもし車を手放さなければいけなくなったら肝要に差し障りが出てしまうようなシーンだ。
基本的にはマイカー貸付を組んで車を購入したシーン、その貸付を返金している間は車の飼い主はクライアントではなく
債権人となっていることがほとんどなので、そのケースでフリーアレンジをした場合にはマイカーが引き上げられてしまう。

建物貸付に関しても同じです。

そんなに考えるとフリーアレンジをするとマネーを手放さなければいけないように思えますが、
フリーアレンジの場合はアレンジを講じる債権人を自分で選択することができます。

例えば建物貸付やマイカー貸付を支払っていてその他にもキャッシングやクレジットカードの残債があって
フリーアレンジを検討しているが、建物やマイカーは手元に記したいというような場合なら建物やマイカーの貸付は
フリーアレンジの適応から外してその他の負債に対してフリーアレンジをすれば残すことができます。

その場合は建物貸付やマイカー貸付はこれまで通り出金をしていかなければいけませんが、
強制的に引き取りられるという事態は避けることができます。

しかし、最初にもお伝えしたような、建物などがサラ金からの貸付の裏付けになっているような場合に
こういうサラ金からの貸付を借金整理してしまうとその建物の本領や貸付の残金によって建物を
処分しなければいけないということも起こります。

基本的には残しておきたいマネーに関する負債はフリーアレンジの適応から外すと考えておけば失うことはないでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココナ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tretchaiipwnee/index1_0.rdf