歯科診療に必要な血圧の知識

May 17 [Wed], 2017, 16:12
オフィスでは全員の患者さんで歯科診療前に血圧測定を行なっております。

血圧はその時の体調を知る上で最も大切なチェック項目です。
初診時から血圧は測定され、毎回の診療時にも測定することにより体調の変化を知ることもできます。



血圧とは

心臓は、血液を身体のすみずみまで届けるために、血液に圧力をかけて血管に送り出しています。血圧とは、この血管の中の圧力のことです。
心臓は、拡張して中に血液をためこみ、収縮して血液を送り出す動作(心拍といいます)を1日に約10万回くり返しています。
1回の心拍は、心臓が収縮して血液を送り出す収縮期と、拡張して次の血液を溜め込む拡張期に分かれます。この収縮期の間で一番高くなったときの血圧を最高血圧または収縮期血圧といいます。上の血圧と呼ばれることもあります。
拡張期の間、血管の中の血液は徐々に下流に流れ出て行くため、血圧が下がっていきます。次の収縮期が始まる直前、血圧は最も低くなり、これを最低血圧、拡張期血圧、または下の血圧といいます。

心臓はポンプのような仕組みで身体のすみずみまで血液を送り出しているのがわかりますね。
血圧とは心臓の収縮期、拡張期の圧力だと知ると歯科診療時の血圧の重要さをあらためて感じました。

手指消毒のタイミング

May 09 [Tue], 2017, 11:21
1 いつどんな場面で行うかが重要

CDCは「医療現場における手指衛生のためのガイドライン」で、手に目に見える汚染がない場合は擦式アルコール製剤を用いた手指消毒。目に見える汚染がある場合には、流水と石鹸による手洗いを推奨しています。
手指消毒のタイミングについては、各部署の業務内容に応じた具体的な場面を示し指導する必要があります。

2 医療器具を使用する前

「実施する者」「介助につく者」それぞれが声をかけ、手指消毒が実施できているか確認し合いましょう。

3 患者と接する前後

問診や何気ない日常会話をしながら手指消毒する。これが当然のこととして定着することが望まれます。
処置室に入り、患者と話をしながら、一連の流れで様々な行為を行います。患者の皮膚などに直接接触した後に、清潔な器材に接触する前には、必ず手指消毒が必要です。一連の流れのなかでどのタイミングに手指消毒が必要か、デモンストレーションなどを行うとよいでしょう。

4 体液、分泌液、粘膜などへの接触後

手袋着用の有無にかかわらず、体液、分泌液、粘膜などの接触や処置の後には手指消毒が必要です。
ある病院で、「MRSアが痰から検出されている患者」の口腔ケア後、手袋を外した直後に手の培養を実施すると、MRSAが検出されました。手袋を外す際誤って汚染部分に接触していることもあるので、必ず手指消毒を行いましょう。手が目に見えて汚染されていなくても、手袋を外した直後は手指消毒が必要です。





5 後始末

体液などが付着したガーゼなどを廃棄後、手袋着用の有無に限らず、血液や体液などの感染性のあるものに触れた後には、手指衛生を行います。

目に見えて汚れていないと手指消毒をおろそかにしがちですが、何が汚染物質なのか、何をした後に手指消毒をするべきか瞬時に判断できるように心がけたいですね。

手指消毒の具体的なやり方

May 02 [Tue], 2017, 11:27
手洗い消毒

1 まず流水で洗い流す
2 石鹸を適量(3〜5ml)取る
3 石鹸を手に馴染ませ泡立て、手のひら全体を擦り合せる
4 手の甲を擦り合せる
5 指先を反対側の手のひらに立てるように擦り合せ、指先爪の周辺を洗う
6 親指を包み込むようにして洗う
7 指の間を洗う
8 手首は内側も背側も洗い残しのないように全体を洗うようにひねり洗いする
9 流水でしっかりすすぎ、石鹸成分を洗い流す。石鹸成分の残留は手荒れの原因
10 ペーパータオルを使用し、水分をよく拭き取る

ポイント

・指輪や腕時計などは手洗いの邪魔になり、十分な洗浄ができません。また指輪の下にはグラム陰性桿菌や・黄色ブドウ球菌など様々な菌を保菌しており、手洗い後も、指輪を装着していない人と比べて多い事がわかています
・固形石鹸は水切れが悪くグラム陰性桿菌の宝庫になるので使用しない
・石鹸液の汚染により細菌が繁殖する可能性があるので液体石鹸の継ぎ足しは行わない
・タオルの共有は菌の伝播を促進させる




擦式手指消毒

1 アルコールが手指全体と十分接触し、かつ擦り込めるだけの十分量(約3ml)を手のひらに取る
2 指先を薬液につけ込み消毒する(左右移し替えて同様に行う)
3 手のひらを擦り合せてよく擦り込む
4 手の甲にもよく擦り込む
5 指の間に擦り込む
6 親指を反対の手のひらで包むようにして、捻りながら擦り込む
7 手首全周に擦り込む

ポイント

・少量のアルコール製剤で消毒した気分になってはいけない(擦式消毒用アルコール製剤3mlでの除菌率は98%、1mlでは50%程度)
・擦り込む事で消毒効果があるので、手を降って乾燥させてはいけない
・手に目に見える汚れがある場合は汚れを落としてからでないと使用してはいけない
・エモリエント剤が手に集積している(手がべとべとしている)と感じたら石鹸と流水で洗い流さなければならない

時間をかけて流水での洗浄をしたあとに擦式消毒用アルコール製剤でしっかりこする事が大事ですね

手指衛生の環境を整えるポイント

April 20 [Thu], 2017, 13:44
1.蛇口を触らずに水道を開閉できるか?

手洗いにより手指に存在する細菌やウイルスを除去しても、汚染された手で触った蛇口に再び触れたのでは、蛇口に付着した菌が手に伝わり、手洗いが台無しになるため、手洗い用の水道は自動センサーにより開閉できるタイプが望ましい。自動センサーでない場合はペーパータオルを使用するか、肘を使って蛇口の開閉を行いましょう。

2.手洗い設備に鏡は必要か?

水道設備のある箇所には鏡がつきものです。そのため、つい手洗い後に髪や顔を触ってしまいがちです。手洗いにより汚れや病原微生物を除去しても、その後に髪や顔を触ってしまっては、それらに存在している汚れや細菌をてにつけてしまう事になり、手洗いを行った意味がありません。手洗い設備には鏡を設置しない事が望ましいですが、手を首より上にもっていかない習慣を身につける事も大切です。

病院や飲食店の手洗い場。


3.ペーパータルはホルダーに収納されておりアクセスは最短距離か?

手洗い後のペーパータオルの位置が手洗いシンクと離れていると、濡れた手で移動しなくてはならず、床や壁などを濡らしてしまいます。またペーパータオルを上から取り出す方法は、水滴で下にある新しいペーパーを汚染してしまうため、ホルダーに入れて1枚ずつ取り出す方法が推奨されます。

4.使用後のペーパータオルはノンタッチでゴミ箱に廃棄できるか?

手洗い後のペーパータオルをゴミ箱に捨てる際、蓋を手で開閉したり、あふれたゴミを手で押し込んだりする事は、せっかく除染した手を汚してしまうことになります。ゴミ箱はペダル式のノンタッチで開閉できるタイプが良いでしょう。

5.必要量のアルコールを押し出せるか?

擦式消毒用アルコール製剤の消毒に必要な十分量は約3mlです。
床を濡らしてしまうことを懸念して、必要量より少ない量を取りがちとなるため、液ぬれの受皿を設置し、必要量のアルコールを思い切り押し出せるような配慮が必要です。

6.手洗い場がつねに湿潤していませんか?

シンクの周辺はどうしても水が溜まり、手洗い環境がつねに湿潤した状態になります。こういった湿潤環境にはブドウ糖非発酵のグラム陰性桿菌が繁殖しやすいので、こまめな清掃と乾燥を心がけましょう。

院内だけでなく公共の場や家での環境も考える事が大切ですね。

手指衛生の種類

April 18 [Tue], 2017, 15:19
手指衛生

1.手洗い(非抗菌性の石鹸)
2.手指消毒
手洗い消毒…消毒薬配合の手指洗浄消毒剤と流水
擦式手指消毒…擦式消毒用アルコール製剤による消毒

手指衛生には、上記の2種類があります。
「医療における手指衛生のためのガイドライン」では、擦式消毒用アルコール製剤を手指衛生の第一選択として推奨しています。

その理由として、
1擦式消毒用アルコール製剤は石鹸や手指洗浄消毒剤による流水下での手洗いよりも除菌効果が高い
2擦式消毒用アルコール製剤は配合されている保護剤により手荒れ予防に効果的
3手指衛生にかかる時間が擦式消毒用アルコール製剤の方が短時間
が挙げられます。

ただし、手が目に見えて汚れている場合は、付着している汚れ(有機物や蛋白物)によりアルコールが不活化されるため、まずその汚れを石鹸と流水で落としてから擦式消毒用アルコール製剤で消毒します。また、芽胞形成菌やエンベローブを持たない一部のウイルス(ノロウイルスやA型肝炎など)はアルコールに抵抗性があるため、これらの病原体を除去する場合も、石鹸と流水による物理的な除去が必要です。アルコール過敏の場合は、擦式消毒用アルコール製剤が使用できないので、手指洗浄消毒剤または石鹸による手洗いになります。

当院では、診察の前後に手洗い消毒と擦式手指消毒を行っております。
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:歯科アシスタント
読者になる
東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門
Advanced Care Dental Office
電話 03-5638-7438
月曜~土曜(不定休)
月曜~金曜
9:00am~6:00pm
土曜
9:00am~4:30pm
完全予約制・全個室
同時並列診療なし
【診療科目】
全て顕微鏡治療
※歯科全般
補綴科
口腔外科
矯正歯科
保存科
・歯周病科
・歯内療法
・根管治療
・修復治療
ラバーダム防湿法