慣用語句を覚えてヒアリング精度をアップ

September 29 [Sun], 2013, 18:21
英語を覚えるには「繰り返し」のリピーティング、シャドウイング方式、耳と手が同時に要求されるディクテーションなどの種々の効果的学習方法がありますが、初歩の段階で最も有益なのは無条件に聞き続けるやり方です。
オーバーラッピングという英語練習のやり方をやってみることによりヒアリングの精度がより強化されるわけは2つあります。「発語可能な音はよく聞き分けられる」ためと、「英語会話をするための対応速度が上がる」こと、この2つによります。
もっと多くの慣用表現を諳んじるということは、英語力を改善する最高の勉強方法であり、元より英語を話す人間は真にことあるごとに慣用語句というものを使います。
「英語圏の国に滞在する」とか「英語を話す、外人の知人を作る」とか「英語のドラマや英語の歌詞の音楽やニュース番組を英語で視聴する」等の様々なやり方があるが、何をおいても単語というものをおよそ2000個程度は暗記することでしょう。
ニコニコ動画という動画サイトでは学ぶ者のための英会話用の動画のほか、日本語の語句、普段使うことの多い慣用句などを英語でなんと言うかを総合的にした動画などがある。
英会話シャワーを浴びせられる場合には、しっかりと凝縮して聴き、よく聴こえなかった会話を幾度も口に出して読んでみて、この次からは聴き取れるようにすることが大事なことだ。
よく言う言い方で、子どもというものが言葉を学ぶように英語を自分のものにしていくという表現をしますが、子供がたしかに話すことができるようになるのは、本当のところ豊富に聞き入ってきたからなのです。
意味が不明な英文が含まれる場合でも、幾つもの無料翻訳サイトや沢山存在する辞書サイトを使うことで、日本語化できるため、それらのサイトを照合しながらネットを巡って見ることをご提言します。
ロゼッタストーンというのは、英語だけではなく30を下回らない言語の会話を学ぶことができる語学学習教材ソフトウェアなのです。ただひたすら聞くことは言うに及ばず自分から話せることを望む人たちに最適なものです。
いわゆる英語学習法には「繰り返し」のリピーティング、耳と口が同時に要求されるシャドウイング、音と文字のずれをなくすディクテーションなどの潤沢な能率の良い学習方式がありますが、初級レベルに有効なのはただひたすら聞き取るという方法です。
「英語圏の国に滞在する」とか「外国人と知り合いになる」とか「英語圏の映画や英語詞の音楽や英語でニュース番組を観る」といったやり方があるが、始めに単語そのものをおよそ2000個程度は覚えこむことです。
普通、英会話では、始めに文法や単語を暗記することが重要だと思われるが、まず英語で会話することの目標を確実に設定し、我知らず作り上げている精神的障害を取り去ることが重要なのである。
YouCanSpeakというものの特徴は耳から入って英語学習をするというよりも、たくさん話しながら英語を学習する型の素材なのです。英語学習の中でも英会話を優先して修めたい人にピッタリです。
ある英語教室では毎回段階別に実施されている小集団のクラスで英語を習って、そのあとで英語カフェで現実的な英会話をしています。実用と学習の両方が大切だといえます。
一体全体どうして日本人ときたら英語でいうところの「Get up」や「Sit down」という発音は2語を分離して「ゲット・アップ」「シット・ダウン」などと発音しがちなのか?このような言葉は「ゲラッ(プ)」「セダン」とスムーズに言う方がこなれている。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/tresht/index1_0.rdf