関野だけど俊介

September 20 [Tue], 2016, 9:04
非正規雇用の場合でも、カードローンでお金を借りることが出来るのかについて調べてみました。


このことに悩んでいる方も多いかもしれませんが、実際のところ問題ありません。

借りたら返す必要がありますので、審査基準に一定の収入が求められるのは間違いありませんが、それは必ずしも正社員でなければいけない、という訳ではないため、アルバイト、パートタイマーであろうとも月々に一定した収入がある場合は、審査を通過する可能性はあると言えるでしょう。



銀行ATMで時間外に取引すると、数百円分ですが、時間外手数料が発生するでしょう。


しかし、多くのキャッシングサービスでは、時間外手数料がかからないATMが使えます。



利息の心配をされる方もいますが、利息は日割り計算ですので、すぐに返済すれば数円で済むでしょう。

ですので、銀行ATMで時間外手数料を払って手続きすることを考えると、キャッシングの方が結果的にお得です。
即日で審査が終わり個人で借りることができるのも嬉しいです。

近年のキャッシングの変化は目をみはるものがあります。


申込ひとつとってもインターネットやスマホアプリで手続きできてしまいます。

いまから借りる人は知らないと思いますが、昔はネットで申し込んでも、あとから必要書類を郵送するなどなんらかの手間がかかりました。

でもそれからすると最近の申込は本当に簡単になって、ネットだけで「申込」から「融資実行」までできてしまいます。
手続きのために知らない窓口を探してウロウロすることもなく、安全にお金を借りられるなんて、まさに多忙な社会人向きで嬉しいことです。

審査なしで入金してくれるカードローンがありますが、そんなことができる業者は普通ではありえません。
いくら少ない額とはいえ、金融業者としては当然、審査は絶対に行います。「審査なし」のアピールがあればそれは正規の金融業者ではないことがあり、利用した場合予想だにしない事態が起こりえます。
急にお金が必要になり、キャッシングをしたいと思ったら、イオンが提供するキャッシングサービスが便利です。



銀行やコンビニエンスストアーのATMを使って利用できるほか、ネットや電話といった、自宅に居ながらのお申込みでお客様の指定口座に現金が振り込まれます。
お支払いは、リボ払いと一括払いのどちらかから選択することが可能です。それに、「リボ払いお支払い額増額サービス」も選べます。



キャッシングは審査にさえ通れば、限度額の範囲内なら何度でも利用することができるので、ずっと使っていると感覚が鈍感になってしまい、借金を負っているという感覚が欠落します。

でも、消費者金融やクレジットカードを使用してショッピングをするのも借入をするのと同じですので、返済計画を作ってから借り入れるようにしましょう。



キャッシングというと、カードローンと同じ意味合いだと思いがちですが、返済の方法が異なります。
一括で返済をする目的でクレジットカードによって現金を引き出すのがキャッシングで、分割払いにかえる際はカードローンといいます。


カードローンは月々の返済は容易ですが、利息がついてきますし、どちらも延滞の場合には注意してください。

キャッシングの広告が最近ではいたるところで見かけますが、キャッシングするのも借金するのも実際には同じなのです。
ただ借金という響きよりは、キャッシングという外来語で呼んだ方が、少しおしゃれ感がありますし、嫌悪感も少ないのでしょう。
夫が働いて稼いだお金で支払う予定で主婦が借入を安心して行えるような、誰にも知られずに契約できる方法があるのです。

配偶者の同意書不要で借入できる銀行を探せばいいのです。
この同意書を提出しなくてはいけないと法で定められてはいませんが、銀行には提出を指示するところと、それを必要としない銀行とがあります。
借入を行ったことを夫に気付かれないようにしたいなら、前述の、同意書が不要な銀行と契約しましょう。

消費者金融それぞれに評価基準は違いますが、CMをしているような消費者金融だとそんなに大きな違いはないようです。
大差が出てくるのは中小規模の消費者金融です。


大企業の消費者金融より審査基準が厳格だったりすると誰も大きくはない消費者金融から借入するような事はしません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カノン
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/trelnveirdabwe/index1_0.rdf