さやさやが木村大

July 13 [Thu], 2017, 3:02
ニキビを搾ると、膿が出ます。さらにギュッと潰すと中から芯が出てきます。
これがニキビの元なのですが、無理に潰して芯を出すことはオススメできる方法ではございません。だって無理に潰してしまうのですから、より炎症が広がります。ニキビ跡が残ってしまうことも多くあるので薬などで地道に治しましょう。


ニキビケア用の洗顔料・化粧水など、ニキビに効き目があるとされる商品がドラッグストアなどで販売されています。しかし、品数が豊富にあるため、自身のニキビに合った商品を探し出すのは困難と言えます。試供品などがもらえれば試供品を一度試してから自分のスキンケア用品として「肌に合っていたら買う」というようにするといいと思います。

ニキビそのものは、10代までしか使わない言葉で、20代以上になるとニキビという言葉は使わないなんて言う人もいます。少し前に、珍しく鼻の頭に大きなニキビが現れたので、主人に、「ニキビができたの」と話すと、笑いながら、「まだニキビなんて言ってるの?」と、からかわれました。

にきびが出来た後によくあるトラブルが、クレーターのような肌のくぼみや肌が黒ずんでしまうことです。クレーターのトラブルはきちんと皮膚科で診察を受けないと取り除くことはできませんが、お肌の黒ずみの治療は美白化粧品を使って少しずつ薄くする事ができるのです。

ニキビの原因はアクネ菌ですので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を何人かで共有していたり、直接肌が接触してそのまま洗わずにいたりすると、自分もニキビになってしまう可能性があるので注意しましょう。
また、自分のニキビを触った後で、他の場所を触ると、その場所にもニキビができてしまう可能性があります。そういえば、ニキビは潰しても大丈夫なのでしょうか。
実は、潰しても良い状態のニキビと潰してはいけない状態のニキビとがあるのです。潰しても良いニキビの状態というのは、炎症を起こしたニキビが落ち着いてきて、中に溜まった膿が白く盛り上がっているものです。

そのような状態になったニキビは、外へと膿が出ようとして芯が出来ている状態になりますから、専用の器具や針といったものを使えば、潰すのもいいでしょう。
ニキビが出来る理由は、ホルモンの分泌がとても多いことその結果、成長期に主にニキビが出来るのです。ニキビが出来ない心掛けはたくさんあります。
中でもその一つが、寝る時間をいつも同じにする事です。


これは、イキイキとした毎日の生活に繋がります。
知らないだけかもしれませんが、ニキビに効果がある飲み物は、耳にしたことがありません。
しかし、分かっていることは、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激して肌トラブルに繋がるので、やめておいた方がいいということです。
ニキビと肌荒れは異なりますが、お肌のために悪い事をすると、ニキビを作る原因にもなるのです。私のニキビに備えた事前策は、どれほど眠くてもメイクは絶対にとって就寝することです。メイクを施すことにより、肌には結構なダメージがあると思うので、お肌を休憩させてあげたいのです。


化粧落としにも気を使っています。
オイルで落とすタイプや拭き取るタイプなど数々のものを試してきましたが、ミルク系のメイク落としがお肌への刺激が少ないと思いました。

ニキビになりやすいとお悩みの方には体質改革に取り掛かることをお勧めします。

吹き出物の原因としては甘い食べ物や脂質が多い食べ物を体内に取り入れることが挙げられます。それらを一切体内に取り入れないというのは厳しいですが、野菜や発酵食品などをたくさん食べる事によって消化能力がアップし、体質改善も見られます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mitsuki
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる