プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:treasurel-w-l
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
【裏切り】 / 2005年09月18日(日)
由香が慎也と付き合う前から
私は慎也に恋をしていた。

私は由香に
恋の相談をしていた…

ある日の夕方
珍しく由香からメールが来た。

「慎也って遠征から帰って来た?」

サッカーのクラブに所属していた慎也は
何日か前に遠征試合に行っていた。
前日の夜に、慎也から帰って来たとメールがあった。
そのことを由香に伝えた。

「ありがとう☆」

まさかその後
慎也からあんなメールが来るとは思いもしなかった…

「由香に告られて、由香と付き合う事になった」

……え?

信じられなかった。
由香は私を応援してくれていたはず…
だけどそれは表面的なものでしかなかった。

『そっか☆良かったね!!』

心にもないことを言う自分。
最高に裏切られた気分だった。
 
   
Posted at 16:17/ この記事のURL
コメント(0)
第一章【冬の終わり】 / 2005年09月12日(月)
「やっぱり夏海とは付き合えない…」

そう言われる覚悟はしていた。
というよりも、中途半端な気持ちで付き合って欲しくはなかった。

* * * * *

中一の秋から慎也に惹かれていって
でも慎也にはいつも付き合ってる人がいて…
何も知らない慎也は、私に恋の相談を持ちかけてくる。

だけどある日、いつものようにメールしてたら
「俺、夏海のこと好きかも」

突然だったけど、嬉しかった。
嬉しかったけど、複雑だった。

その時慎也は由香と付き合っていた。
『由香と別れるの?』
「うん…今度遊ぶからその時に言おうと思ってる」
『そっか…それじゃぁ、待ってるよ』

由香に悪い気はしなかった。
それどころか良い気分だった。


●ランクリポチポチ●
●もひとつポチポチ●
 
   
Posted at 14:58/ この記事のURL
コメント(0)
序章 / 2005年09月12日(月)
物足りなさを感じながらも、一日一日が楽しい。

いつもの仲間でつるんで騒いで

一人の人を好きで好きでどうしようもなくて

側にはいつも自分を理解してくれる
友達や先輩、家族がいる

辛いことがあればお互いに相談して
嬉しいことがあればお互いに喜んで

そんなささやかな幸せが
ずっと続くと思ってた…

●ランクリポチポチ●
●もひとつポチポチ●
 
   
Posted at 01:43/ この記事のURL
コメント(0)
P R
2005年09月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
 
 
Powered by yaplog!