ブログ 

2007年09月24日(月) 0時07分

このたび、新しいブログに変えました★

アメーバのブログにしました♪

ホームページより入り直してくだされ☆

自分探し 

2007年09月18日(火) 11時52分

今は外出中。
これから千葉にセミナーしに行くのだ☆

なんか…

憧れる女性はたくさんいて、人として尊敬する男性もたくさんいて。

年を重ねればいつかはそうなれると、甘えているアタシがいる。

素敵な人に会うたびに、自分も心がけようと思うのに、どうしたってアタシは欠点ばかりだなぁ…

本音で人と向き合わなきゃいけない時期がアタシにはあって、でもそれはすごくこわくて。

アタシが向き合わないから、相手も向き合ってくれないんだと思う。

「欠けてるからお互いに満たし合えるんだよ」って聞いてさ、それが愛なんかなとも思った

無題 

2007年09月12日(水) 23時44分

アタシがセミナー担当した子で、『この子ヒット!!』と思った子がいた。

そしたらやっぱり内定までたどり着いた。

次長も気に入ったらしく、
『この子ね〜、かなり良いんだよね☆』って絶賛だったわけ。

そしたら周りも『次長がそこまで気に入るなんて見てみたい!』って言い出してさ。

そのとき次長が
『渡辺さんと似てるんですよ。渡辺さんも会った瞬間光るモノを感じてね〜、あの時に似た感覚なんだよね〜』って話してたのが聞こえて泣きそうやった。

アタシをかってくれてる上司がいる限り、嫌だとか言えんよな…

人はそこまで他人を見ていない 

2007年09月10日(月) 23時49分
見てる余裕がないからだろうね

良い意味でも悪い意味でも、人はそんなに周りを気にしちゃぁいない

キスマーク、朝帰り、指輪の位置。

そういうこと以外、基本見ちゃぁいない。

リアクションも薄ければ、感動も薄い。

どういった時に心が幸せだと叫ぶのかフシギ

狭い視野にならないように、他人を気遣えるゆとりはもてるように★

見てる人は見てる。

気付く人は気付く。

自分の身は自分で守れ

ただし、人の痛みに鈍感になるな

周りが見ない場所に注目していけ

そんなかんじ。

桜井さぁーーーん(>_<) 

2007年09月09日(日) 23時14分
ハイ。ミスチルライヴ行って来ました。

野外でした。風と空が気持ち良くて最高やった。

バンドメンバー出て来た瞬間めっちゃ鳥肌立ったわ。

そして1曲目から号泣(>_<)
桜井さんの笑顔と声に感動!

ファンの人たちの笑顔と手拍子も素敵で、音楽は世界を1つに繋ぐかもしれないと強く感じた。

みんなが笑って、みんなが涙して、そこには平和があった。
生きる希望が湧き上がってた。

外から見たほうがファンの世界ってより見えるわ

あたしには感じた
ミスチルとファンの確かな絆を。

ビバッチェの時も思ったけど、すごいよね〜

うわわわわ 

2007年09月09日(日) 9時41分

寝ても覚めてもJackson viobeの曲があたまから離れません(笑)

正直、ビバッチェよりもあたまの中でガンガン流れてる(笑)

1度聴いただけであたまに残るってあまりないからさ、それほど自分にはヒットだったんかもな〜

こりゃぁワンマン行くしかないか!笑

アルバムも買っちゃおう♪♪

ビバッチェは…っていうか、単にあたしは堤さんが大好きみたいです。

ソロもめちゃめちゃかっこよくて、バンドでは雷が落ちたようなかんじ。

伝え方がすごくて『ドカーーーン!!!』と衝撃が走るよ。

良い音楽に出会えるって幸せ〜☆★

よく考えること 

2007年09月09日(日) 1時40分

どうしてあたしはこんなに根暗なんだ。。と悩むくらい、
毎日、自分の嫌なところをみつけては、落ち込む。

わかってるんだけれど、わかっていない。

あたしの周りにはキラキラした子が多い。
オーラがある子、みんなから注目を集める子、好かれる子…
それはとっても自慢なことなんだけれどね、
なんか隣に居る自分がすごくすごく惨めに思う。

比べる必要なんてないんだけれど、だってみんなキラキラしてんだもん。

周りばかりがキラキラしていて、あたし寂しいよ(笑)

なんでこうも温度差があるのに一緒に居るんだろうなァ。。

類は友を呼ぶっていうけれど、それは感性の問題で、
あたし自身はホントに可愛くない子だなぁと思う。

自分を好きになるって、あたしの中で1番大きい課題かもしれない。

「なんで自分の中に幸福があるのに、その幸福を外に求めるの?」
「かならず幸せになるんだから、朗らかに悠々と人生を歩みなさい」
そんな師匠の言葉が刺さった日だった。

この頃泣くことなんてなかったのに、
その言葉を聞いてたらツーーーーッと涙がこぼれちゃったよ。

でもね、フシギだけど、がっくりと落ち込むことがなくなったかも?
「落ちる」というよりは「悩む」ってかんじ。

ちょっとずつでも成長できているのかなぁ。。


やっぱバンドだな! 

2007年09月07日(金) 0時01分


最近のアタシのお気に入りのバンドは、もっぱらBivattchee!!!!

もうライヴ以降、メロメロっす(笑)

堤さんはやっぱりやっぱり素敵です。
まさかマイクスタンドを客席に向けて、あんなに吹っ飛ぶとは思わんかった(笑)

やっぱりロック最高だね(≧∇≦)

堤さんはもちろんなんですが。。。

対バンしていた、Jacson vibe もめちゃめちゃ気になります(笑)

mixi見ていて知った事実。

Jacson vibeと、ゆりえがお気に入りだったROCK'A'TRENCH。

この2つはボーカルさん達がベツのバンド組んでたっぽい!!!

スカのなんちゃら……っていうやつ(笑)

いやいや……どうしようかな。

10月8日のビバッチェライブは絶対ぜーったい行くの★

10月6日のJackson vibeのライヴも行きたいなぁ。。。笑
ワンマンらしいしなぁ。。。行こうかな♪

やっぱりあたしはバンドから抜け出せないみたい><
ゆりえと
「かぐらさんでR&Bに浸りすぎたね!」と反省しました。笑

かぐらさんはかぐらさんでいいの♪
ただロックもまじでいい☆

クセになりそうですな★

早くかぐらさんと堤さんのコラボが聴きたい!!!

コレ、堤さんの新曲?
前ライブでやってた。
酔った勢いでレコーディングしちゃった曲らしいです。
早めに聴かないと削除されちゃうかもです。


『long days』  作詞作曲 堤晋一
↓ダウンロード
http://suda.tv/

お世話になりました。。 

2007年09月06日(木) 23時51分


あたしの大好きな女性、由紀子さん。

特にこの1年は就職のコトから、病院のアルバイトまで、とてもお世話になりました。

由紀子さんは旦那さんがオーストラリア人で、元JALのCA。
めっちゃくちゃオーラのある、ステキすぎる女性です。

「女は30代からやな!!」と思ったのも、
由紀子さん(あとえっちゃん)に出会ったのがキッカケです。

旦那さんにとっては良き妻であり、
ウチの地域にとっては無くてはならない存在の女性でした。

おじさん・おばさん達からは
「あなたの笑顔はステキすぎる。あなたがいると明るくなる」と絶賛され、

同世代のヤングミセスの女性からは、悩み相談にぴったりの強気女性。

旦那さんにとっては、自慢の奥さん。

私たち年下の者からは、オーラのあるキラキラしたお姉様。

どの世代の人からも必要とされ、愛される由紀子さんでした。


由紀子さんは旦那さんの仕事の都合上、オーストラリアに行くことになりました。

まぁ旦那さんがネイティブな時点で、いつかは覚悟していたことですが、まさかこんなにも早く来てしまうとは。

地元の沖縄料理屋さんで送別会でした。

お店の人も悲しむし、そこにいたお客さんとも繋がりがあったらしく、
お客さんも由紀子さんにサヨナラするの名残惜しそうだったな。

どこにいても目立つし、ほんと誰からも好かれる女性だった。
それは病院で一緒に仕事してた時から思ってたけれどね。
ホントにすごいの。

「どこに居ても、あたしの心の中にある柱は1つだし、
信じるものは1つなの。向こうでもがんばるね☆」って、
最後に見た由紀子さんの涙はキラキラ光っていました。

まじキレイすぎて見とれる!!!
あたしの中であんなに憧れる女性は居ないかもしれないね。

きっと日本じゃもったいないのかもしれない。
オーストラリアでも必ず必要とされる女性になると思います。
きっと使命は日本じゃないんだよね。

悲しいけれど、由紀子さんを必要としている縁があるのかも。
だから今日は泣かなかったよ。。。

ほんとお世話になったの。

由紀子さんに最後まで相談した就職活動。

由紀子さんの言葉と笑顔があったので最後までがんばれました。
そしてやっとの想いで掴んだ使命の職場が、今の人事部です。

また再会したときにはアタシも成長した姿で逢いたいな。

由紀子さんには、振る舞いから・人柄から、
「必要とされる人になる」ということの意味を教えてもらいました。

新たな決意をさせてもらった日だった。

タイミング 

2007年09月03日(月) 1時10分
なんだかドンドン色んなタイミングが揃ってきてます。

あたし自身、すごく腹が決まって、仕事もプライベートも心機一転なかんじ。

状態がすごく整ってきてるの。

この土日はびっくりするくらいに穏やかでね〜
時間がゆっくりしてて心が軌道に乗ったかんじ。

会合もあって改めてあたしの軸をみつけられたり、

ひさしぶりの友人とお茶したり、

そして今日は堤さんのバンド、ビバッチェのライヴ!まじで楽しかったの☆
対バンのバンドさんもやばくて、テンションMAXな中、出た〜!!ビバッチェ!!!(笑)

ゆりえとゆりえの同期の子と