ある程度の規模の歯科医院で普通の外来診療のみでおこ

February 01 [Wed], 2017, 19:42
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみでおこなう特殊な施術を伴わないインプラント治療であっ立としても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。


このため、歯科医院を捜すときに院内感染対策をどうしているかきちんとしることがキーポイントの一つです。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てちょーだい。

差し歯とインプラントはどうちがうのでしょうか。まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がないりゆうですから、使えないのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。



原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。


特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療をうけられます。

一通りの治療が終わったアトは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れ立ところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてちょーだい。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療をうけましょう。

他の歯科治療と、インプラント治療が大聞く異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着指せるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行ってはじめの手術時より、大聞く骨を削る羽目になります。それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口臭を人から指摘されるようになっ立という件が一部で見られます。
これはなぜでしょうか。
一つには、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。

そのようなケースでは、放っておかずに診察をうけてちょーだい。様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療をうけようとすればどこの国までも治療をうけに行くというのもありえます。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。



一生使える第二の歯をもとめて、安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことを頑張ってみましょう。


埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療はしゅうりょうです。けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導をうけます。
メンテナンスの費用は保険が聞く治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてちょーだい。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんねが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を使って創られているためです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大聞くなります。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思っています。

全てのインプラント患者にとって、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思っています。

実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によってずいぶん違っています。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。ただし、おおよそ相場は決まっています。


インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。インプラントとクラウンがどうちがうかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部がのこせれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療が可能です。しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思っています。インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を始めるためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れと供に痛くなってくることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといって治療後はほっておいていいとは言えません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してちょーだい。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスをうけてちょーだい。



インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思っています。それは、治療をおこなう歯科医の腕や、免疫力の低下など、体調の影響も如実にうけるので、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れ立ところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。



年々進化を続けるインプラントの技術。


近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、とは言え、残念ながらゼロにはなりません。



上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。

これは担当歯科医の技量の低さに原因があると言ってよいでしょう。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医を選ぶことが大事だと言えるでしょう。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リョウタ
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる