私達家族は、広島の街を愛しています by クリス・ジョンソン

October 18 [Tue], 2016, 22:57



” 広 島 県 民 の 悲 願 ”
( いやいや、マジで )




我が市民球団のカープが、25年ぶりの

日本シリーズに王手をかけて迎えた

CSファイナルステージ第4戦

土曜日 13時30分〜




・・・








( デ デーゲームか )







・・・






絶賛 仕事中なんですけど

店にテレビないんですけど


非常に大事な1戦なんですけど

なんなら一生懸命カットしてるんですけど





あぁ・・・





み、観れないのか・・・









かくなる上は





・・・





BGMの有線を 勝手にコッソリ

RCCカープラジオにきりかえてやる!





( いやいや、アウトだろ! )






ゲームは幸先よく初回に6点を先制し

『 こりゃ楽勝で日本シリーズだな 』

と、思ったのも束の間


ここからDeNAが怒涛の追い上げをみせる




「 打ちました、が、これは平凡なゴロだ
岡田がベースカバーに・・・

あぁ〜っと!落とした、岡田落とした!
エラーです、エラー、記録はエラー!」



「 梶谷打った、これは大きいぞ!
入るか、入るか、入ったぁ〜!

骨折で満身創痍の梶谷
魂のホームラン!

DeNA遂に2点差に迫りましたぁ〜!」





・・・







( 流れは完全にDeNAじゃないか・・・)



( ラジオの実況、いちいち大げさだし・・・)




ボールはスタンドに入ったけど

コッチはカットに身が入らないんですけど


手も止まってるんですけど

心臓まで止まりそうなんですけど


今日の岡田の投球にはムラがあるけど

コッチはカラーにムラができたんですけど










土曜日のお客さん







・・・







失敗してたらゴメンナサイ














他球団のユニフォームを着て、市民球場で
カープとカープファンを相手に
球を投げる自分が想像できなかった

by 黒田博樹





( 広島県民号泣 )






そしてついに!






祝 日本シリーズ出場



胸より胸の中を見せる方が恥ずかしかったりする by エピックレコードジャパン?

March 22 [Tue], 2016, 23:08



本を読むのが好きだからか
漢字書けないまでも 読みに関しては
少しばかり自信があったのだが・・・


いやいや、漢字ナメてた
いわんや平仮名をや


日本語の奥深さが身に染み入る
平成二十八年 陽春










書道の有段者 N さんが

オレの名前にちなんだ深イイ言葉を考え
それを【書】にしてプレゼントしてくれた



なんて書いてあるんだ ?

そして有段者だけに、さぞかし綺麗な文字を
書かれるに違いないと早速見せてもらう


が !









・ ・ ・









読めない !


( なんか ミ ミ ズ が這っている )






漢字はおろか平仮名さえ読めない文字に

日頃からどちらかというと、この世の全てを
丸く収めたいと願っている小心者のオレが



「ミミズが這ったような字だね」



などと言えるはずもなく

頭をフル回転させてこのミミズ・・・
いや、難易度の高い文字の解読に挑む




ナナメに傾けて見てみる









・ ・ ・









( なんらかの象形文字 かな ? )







少し離れて見てみる









・ ・ ・









( へ 壁 画 かな ? )






四苦八苦しながら解読を試みるも
見ればみるほどミミズにしか見えない


しばらく考え込んでいたのだが
何か異様な気配を感じて我に返ると





ドヤ顔の N さんが

仁王立ちで立ち塞がっていた




( ゲッ ! オメーが黒幕か !?)



文字の解読には失敗したが、その表情から

『 ほらっ ! ドヤ ? 』

『 スゲーだろ ? 達筆だろ ? 』

という、心の声は解読できた。そして

『 コメント早よ ! 』

『 次はオメーのターンだ ! 』

という、無言の圧力が半端ない


文字はさておき、そのたたずまいたるや

もはや有名な書道家、つか

風格だけは既に巨匠の域だ







その圧倒的な威圧感の N さんを前に

苦し紛れに思わず

「 ほほぉ〜 」 って言ってみた


書道展の審査員かなってくらい

フムフム、ナルホドって雰囲気を
存分に披露してみたんだが・・・

























んで、結局 何が言いたいかというと 

必死の努力も空しく解読不可能だったのは

ミミズが這ったような文字のためで


決して目の前が霞んでるからじゃねーぞ !

と、まぁそういう事



( 歳なんかのぉ〜 )











これがあの有名な

ラスコー洞窟の壁画









その言葉から、物語がはじまる by 講談社

June 17 [Wed], 2015, 19:00




美容院を勝手に映画の世界に例えてみる

美容師はプロデューサーや監督、ADと
1人で全てマルチにこなし

お客さんという 主演女優 を総合的に
プロデュースしていくのだが

みずから俳優としても出演し

主演女優の魅力を引き出す

最高の脇役を演じなければならない

by オレ









「 エ ロ い で し ょ !? 」



初めてご来店の ( もちろん初対面 )

女性のお客さんに ( やはり初対面 )

いきなり言われた ( 確かに初対面 )



? ? ? ? ?














" 未 知 と の 遭 遇 "







( 今日の主演女優は宇宙人か !? )






初 対 面 で エ ロ !






ちなみに現在カウンセリング中である

普通 初めてのご来店だと、お互い
おそるおそる探りあいながら少しずつ
言葉のキャッチボールを交わしていって
徐々に・・・というのが相場だ。それが



いきなりの エ ロ !


のっけから エ ロ !



おそるおそるどころか、宇宙人は全力で
第1球めから振りかぶって投げてきた

ボールはオレの股間・・・いや
頭部を直撃する



完全にデッドボール !

キャッチボール成立せず






( いきなり必殺技 発射してきた )




まだプロローグにもかかわらず
宇宙人の必殺技で、物語はすでに
クライマックスか ? という展開だ

さすがスピルバーグともなると
演出もひと味違うようだ



と、のん気に感心してる場合じゃない

なにせ次はオレのターンなのだ









オレはデキる俳優だ !







俳優や美容師に限らず、デキる男というのは
とっさの判断力に優れている

どんなビジネスにおいても求められる
とっさの判断力、この判断力の差が

デキる男とデキない男の差だ


脇役として、主演女優の魅力を引き出す
台詞をとっさに返さなければ・・・


が、そんな思いとは裏腹に

デッドボールのダメージで
脳はフリーズしたままだ

今予備知識としてあるのは
どうやら主演女優の必殺技は

" 言 葉 責 め " という事だけだ









( 何も思い浮かばない )




どうする? どう出る? どう言う?

何か言わないと 何か言え 何か・・・




あ ぁ ぁ ぁ ぁ ーーーー っ !








・ ・ ・








「 ま、まあまあ エ ロ い です






人間 追い詰められたり、不意打ちだと
ありのままの素の自分が出るようだ

つか、なんでオレは初対面の、しかも
女性に自分がどのくらいエロいかを
正直に話してんだ ( 美容院で )

( 穴があったら入りたい )




さらにここで、宇宙人が瀕死のオレに
新たな必殺技を発射してきた



" ア メ と ム チ "








なんと、今度はオレにムチ・・・いや
アメを与えてきたのだ



初めてご来店の宇宙人改め W さん

友達の紹介で来店されたのだが

その友達がある日、ロングヘアーを
バッサリとショートカットにしたのを見て

( なんて色っぽい )

と、思ってくれたそうだ。そして

こんな色っぽいスタイルをカットする
美容師さんは絶対にエロい !

相当エロくなきゃこんなカットはできない

「そう思って来たの 」 と言われた





なんだ !?





エロはさておき・・・いや


エ ロ は 余 計 だ が !


宇宙人かと思ったら・・・









メチャメチャいいヤツじゃないか

しかも、なかなか美的センスのある

ステキな女性じゃないか !





( それを先に言って下さい、女王様 )





すると W さん、平然とした顔で


「 あらっ ? ウチのダンナならソッコーで

『 ヘ ン タ イ で す ! 』

って 答えるわよ 」



・ ・ ・



いやいや、奥さん !

お宅のダンナは



おそらく・・・















深夜枠限定、または
R-18指定の俳優ですから !












オレは宇宙人に

一矢報いる事ができただろうか ?











「あの〜、ところで

どの惑星から飛来されたんですか ?」


「えっ、大 阪 だけど ? 太陽系の」




・ ・ ・




あっ ! ・・・ ( 察 し )








どおりで笑わせてもらいました
W さん、楽しい時間をありがとう




自惚れは、人間が着ることのできる最高の装甲である by ジェローム

May 28 [Thu], 2015, 19:46



〜 デキる美容師 〜

美容師はサービス業である
サービス業である以上、技術はもとより
細やかな気配り、そしてお客さんのひと言や
表情で、相手の考えを瞬時に読み取る
洞察力と、期待される以上の対応が
即実行できるスキルを常に
研ぎ澄ましていなければならない

by オレ





「夜って何を食べたい気分ですか?」

と、いきなりスタッフに聞かれた


ははぁ〜ん


オレ様クラスの美容師になると
このたったひと言で、相手の考えを
瞬時に読み取るくらいチョロイ




そう!オレはデキる美容師だ!







「う〜ん、焼肉かなぁ〜」

「じゃあみんなで焼肉行きましょ


( やはりそうか・・・)




オレの誕生日だから、スタッフが
ごちそうしてくれようとしてるに違いない



( ホンマええスタッフじゃの〜)




だが、いくら誕生日とはいえ
ただごちそうしてもらうだけでは
" デキる美容師 " として失格だ


仕事が終わり、スタッフがアルコールを
飲めるようにと自ら運転手となり

「〇〇って店がなかなか美味しくて
値段も手頃らしいぞ」 と

これからごちそうしてくれようとする
スタッフに対する細やかな気配りで

「 安 い 」 という言葉を避けて
「 手 頃 」 という言葉を選び、実際に
スタッフの財布に優しい店に連れて行く

そして、ただ食べるのではなく
率先して肉を焼き、取り分けてあげる


相手がお客さんでなくスタッフでも
また、プライベートな時間であっても
期待される以上の対応が即実行できるのは

オレのスキルが常に研ぎ澄まされている証だ



( フッ 今日も切れ味抜群だな・・・)









ところが・・・


上機嫌でスタッフに祝ってもらえた
幸せをかみしめ、腹一杯になったところで
そろそろ今日のお礼を言おうと

「いやぁ〜、今日はありが・・・」

と、言いかけたオレの声を遮るように
そして、かき消すように


「ごちそうさまでしたぁ〜

by スタッフ I & M






・・・




いや、あのぉ〜

オレの事前の洞察力では

ごちそうしてくれるのかと・・・





つか、この場面は期待される以上の
対応として、店員さんが
Happy Birthday to you
とか歌いながら、サプライズで
ケーキ持って登場!って
そんな感動の場面じゃねーの?




な、なぜなんだ !?・・・




研ぎ澄ましていたスキルというナイフが

なぜか自分自身を斬りつける






全く予想外の展開で、満身創痍のオレに
帰りの車の中で更にスタッフが斬りつける

オレがスタッフの財布に優しいようにと
細やかな気配りで選んだ店なのに


「〇〇屋の方が美味しいですよね〜」

「絶対 国産牛じゃなかったよね〜」

「オージーですかね〜」


「まぁ値段 安かったしね〜」

by スタッフ I & M



( 払ったのオレなんだけど・・・)


せめて・・・せめてそこは


「 安 い 」 じゃなくて
「 手 頃 」 って言ってくれないかな



( オレにも細やかな気配りを下さい )




あぁ・・・




" デキる美容師 " って何ですか?

研ぎ澄まされたスキル って何ですか?












「今日はいい思いしましたね〜」

「ホントよね〜、両手に花でね〜」

by スタッフ I & M




「そ、そうだね 」 ← 完全に棒読み



散々楽しませといて最後に
奈落の底に突き落とすなんて・・・



ボッタクリキャバクラ のようだったよ






法は破られるために制定された by ノース ただし、罰は受けると思うよ by オレ

April 23 [Thu], 2015, 12:40




" 頭 髪 検 査 "



ここに生活指導という

ボ ス キ ャ ラ が君臨する事で

難攻不落の要塞となる



そう、未だかつて一度も・・・



陥 落 した 事 は な い









「オレは今回も攻めるよ!」

頭髪検査を翌日に控えた S

前回、再検査 → 生徒指導室行きと
なったのに全く懲りてない様子

「これじゃ返り討ちにされるって」

と、もう少し切るよう助言するも
耳が全部でるのが嫌いらしく

「こうすれば大丈夫じゃね?」

と、耳にかかった髪を無理やり
後ろへなでつけ耳をだす

こんな感じ




う〜ん





・・・





( また生徒指導室行きだな )






S 君の通う高校の頭髪検査は
市内でも厳しい事で有名だ

男子の場合、前髪は眉に、襟足は襟に
サイドは耳に、それぞれかからない事

こんな検査が 2ケ月に1度くらいの
ペースであるのだ

これではいくら短くカットしてても
1ヶ月もすると必ず耳にかかるのだが








・・・








( 美容院にはありがたい )







カットの最中 S 君は

「検査は美容師の腕次第だよね!?」
だの
「どうごまかしてくれるか見ものだね」
だの
「受かればカリスマと呼んだげるよ」
だのと

検査に受かるか否かは
オレの腕次第かのように言ってくる


腕次第じゃなくて長さ次第なんだが


それにしても・・・


( クチだけは達者だな )



前回生徒指導室行きだったくせに(笑)





カットが終わり帰り際に

「うまくごまかしなよ!」

と、声をかけると VサインのS

「再検査になったら切ってくれる?」

「ああ、切ってあげるよ」

「前回みたいに タ ダ で切ってよ!」








・・・








( ほんと クチだけは達者だな )



今回も生徒指導室行き濃厚なくせに(笑)






そして 翌日・・・

検査で"痛恨の一撃"をくらった
S 君がどんよりとした顔で再来店



「明日生徒指導室行きになった

「・・・そっか」

「もう少し・・・切ってくれる?





「 あぁ、もちろんだとも!」







この物語は、自らの命の危険を顧みず
難攻不落の要塞に挑む少年達と

それを陰で支え続ける

心 優 し き 1人の男の

熱い友情の物語である





戦いは終わらない・・・










「アイツ・・・手強いわ・・・






戦いに敗れた S 君は翌日

模範的頭髪となって、ボスキャラの待つ
生徒指導室へ向かうのであった





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:TRAP
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:広島県
  • アイコン画像 職業:その他
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる