2005年総括〜まずはライブ編〜 

December 28 [Wed], 2005, 8:01
久しぶりヤプログ!
観てる人手ぇ挙げて!


ってことでそろそろ2005年を締め始めようかなぁと。
いつまでも今年を引きずっててもねぇ。俺、新しいもの好きだし。

ってことでまずはライブの話から。
今年は結構行きました、自分的には。

今まではこーゆうこと書こうとするとランキングとかってしてたんだけど、ライブにいいもあるいもあっか!って説が浮上してるんでただただ思い出してみよう、とそーゆう趣旨でございます。


2月/ソニックマニア二日目@幕張メッセ

なんつってもdogs die in hot carsが観れたのが嬉しかった。あんま日本来てくれないような感じだし。
オープニングのグレートアドベンチャーも結構拾いものだった。
冬フェス、ってことなんだけど、ひ弱な俺には冬フェスのほうが合ってる気がする。夏の日差しはやばいかんね。


3月/グリーンデイ@幕張メッセ

いや〜、これもよかった。
ビリーさんが可愛くてね。
現役世界一のパンクバンドを目の前で見れたのは本当、財産だと思う。

このライブでシュガーカルトのTシャツを着てた女の子、連絡下さい。
あなたが今年のミス・ライブ会場です。


4月/コオロギ@渋谷クワトロ

とにかく元ミッシェルのアベ。
彼のオーラがハンパなかった。
主役はアキオなんだけど、相当食われてたよ。なんか役者が違うっつー感じ?


5月/ブロックパーティー@渋谷クワトロ

こんだけ売れちゃったからもうあの大きさのライブハウスでやってくれることはないんだろうなぁ。
すんごいテンションあがった。
夏のサマソニでは本当、遠くに行ってしまったなぁって感じだった。

オープニングのレイクスもキュートでよかった。
今年はUKの年でしたな。


5月/エルレガーデン@渋谷イースト?ウエスト?よくわからん。

エルレ好きの友人に同伴。
お目当てはタイバンのスネイル。
高校時代にチケット予約だけして金を払い忘れ、ライブに行き損ねたことがあったからそのリベンジになった。

昔から聴いてるバンドってのはいいね。

2005年総括〜まずはライブ編〜の続き 

December 28 [Wed], 2005, 7:59



8月/サマソニ二日目@幕張

倒れた。


10月/マキシモパーク@恵比寿のなんとか

UKラッシュ組。

ビジュアルが冴えないことは知ってたけどここまでかっこわるいとわ。
でもそこがキュートね。
客が女性ばっかりでちょっとびびったのを憶えてるなぁ。


10月/オフスプリング@スタジオコースト

よかった。本当よかった。
デクスターがかっこよすぎ!スネイルんとこでも書いたけど高校のときから聴いてるバンドは身体に曲が染み付いてるね。
目の前にメンバーがいるってだけで感動。

 
11月/ケムリ・ニコチン他一組@桜美林大学

初の学祭ライブ。
場所がそうさせるのか、異様にテンションが高くて楽しかった。
1500円ってチケットの安さ。コストパフォーマンス最強。


12月/ハワイアン6@スタジオコースト

なんだかんだやっぱり一番って言ったらこれ。
きちんとリアルタイムで追っかけてられるってのが嬉しいね。
泣いたし暴れた。
一年のうちで一番動いた。


12月/ウィーザー@スタジオコースト

友人のご好意で急に参戦。
タダって最高。

サマソニで見ないで後悔したバンドナンバーワンだったからこのチャンスは嬉しかった。


んでもって、、、、、

+カウントダウンジャパン29日、31日。
変な日程は気にしないように。
これの感想はきっと来年になるでしょうね。



来年はYMCKのインストアライブ、オーディナリーボーイズ、フランツフェルディナンドの来日公演に行くことが決定しております。


就活?
ノーミュージックノーライフ、ってことでここは一つ、何卒。

ランナウェイソング! 

November 15 [Tue], 2005, 1:47
コーヒー♪スモーク♪なんちゃらーエービーデイ♪

ゼミの仲間が「日テレ一時審査通ったー」っつってた。
お前就活してたんだな。ってか世間的には始まってたんだな。
痴れ者ジャスティス!


『コーヒーアンドシガレッツ』
コーヒーとタバコを愛する(一部愛さない)人々の会話風景を描写した映画。
さらにはイギーポップ(カッケ!)やスティーブクーガン(って言うんだね、この人。『24アワーパーティーピープル』の主演の人)、スティーヴブシェミ(この人もカッケ。誰もが一度は観たことのあるような無いような、名脇役。10年近く前にやってた「プロバイダーゼロ」のCM以来個人的にすごく好き)等、出演陣も癖のある起用で、音楽ファンやサブカル入ってる人にもオススメできる。

話云々ではなくこの雰囲気を楽しめるか否かがポイント、それこそタバコのような深みのある作品だった。個人的には大好きだ。


タバコファックって風潮の中このような作品が出てきたこと自体に意味と言うか価値を感じる。

なんでもまた増税案が出ているとか。勘弁してけれ。

そうなのだ、タバコとは人を殺すためにあるのではなく、人生をより豊かに生きるための一つの手段なのだ。

喫煙所の雰囲気と言うのは嫌煙家にはわからない独特なものがる。
普段気難しいと言って苦手な人とも、煙を介して素直に話ができたりする。
また、人見知りの俺でも
「すみません、火ぃ貸してもらえますか?」
などと知らない人に話し掛けたりできてしまう。

なぜか。
一つにはタバコを手に持っていることでそれ自体が小さなジェスチャーの役割を果たしている、ということがあるのではないかと思う。ジェスチャーがあると人は自然に会話を弾ませることができる。
また、タバコを吸う、と言う同じ目的の為に集まってきた人々なわけで、隣にいる人間に親近感がわく。ライブ会場で知らない人を労わるあの感じに似ているのではないか。

まぁいろいろ理由はありますわ。

とにかく、、、ストレスのたまる忙しい(いや、暇ですけれども)生活の中で、ここにいる時間はゆったり過ぎてゆく。

タバコはいいものだ。そりゃあ煙は臭いし火はあちぃけど。
あんまり嫌わないでほしいもんだなぁ、と思った。

生存黙示録ソウ 

November 10 [Thu], 2005, 3:07
久々映画館だいやっほい。


『SAW2』
俺に衝撃を与えた『SAW』の続編。
1がよかったから2が制作されるって聞いたときから相当不安だった。おいおいこけるなよって。

無難だったんじゃあないでしょうかね。
うん、面白かった。

ちょいネタバレ。

『2』は犯人のジグソウが出ずっぱりだから、『1』のような緊張感がちょっと無かった。
なんだかにぎやかな感じなのね。登場人物も多かったし。
前作で閉じ込められたのは2人だったけど今回は8人とかそんくらい。画的に『cube』っぽくなってたかも。

『1』を観てから観るべきだね。
関連薄いのかと思いきや、結構『1』のことが伏線になってて。
後半の舞台なんてとくに。ドラクエ3で後半、自分の居るところがアレフガルトであることに気づいたときの感動に似ていた感覚があった。


殺人鬼ジグソウはゲームと称して獲物を拉致。
獲物はゲームに勝てないと惨殺される。
そのゲームが今回はちょっとないがしろになってたな。

結局『1』からほとんどクリアした奴いねぇんだよ。
頭使う系ならカイジあたりなら解けるかもなぁ。

ただいま 

November 05 [Sat], 2005, 1:33
今日は学祭明け久々出勤。
のはずが度重なる二度寝のせいで起きたら15時。
結局五度寝くらいはしただろうか。
なので登校は断念。大事な淵野辺出勤の日なのに。ばーかばーか俺のバカ。



んで起近所のベローチェに読書をしに。
外出しないと脳みそが腐る、と常々思う。
ベローチェには最近毎日のように行っている。
顔を憶えられたいのだが、同じ店員が二度いない。

読書も一段落して今後の身の振り方を考えてみた。
あ、やっべ〜、明日ビデオ返却日じゃん、でも予定あっから行けないじゃん、行かなきゃじゃん。
まぁ今後は今後だわさ。

せっかく車出すのだからと言うことでまず隣町のツタヤへ。
ここの中古CDコーナーはなかなかいいものがそろっているのだ。
とりあえず電グル×スチャダラのアルバムとgogoのアルバムを買った。

とくに電×スチャはいいね。
昔の電グルのバカな感じが復活ってゆーんでしょうかね。
今や重鎮ですからね。俺は染み付きパンツがどーとか言ってた頃のほうが好きだ。


その後自店へ、返却をすませ、さぁて何を借りるか。


『機動戦艦ナデシコ(1)』
いやぁ、友人があんまりに薦めるもんだからさぁ。本当は興味ないんですよ、ルリちゃんとか、もうなんつーかオタク文化の象徴でしょ?ちゃんつけてるところがもう既にキモチ悪いけど。うるせぇ。

内容としては女の子がわんさかでてくるものの、内容はガンダムライクな宇宙戦争モノ。友人曰く、中盤からがアツイ、ってことなんで当分は我慢して見続けようかと。
とりあえずゲキガンガーの件はハマル余地もあるかなと言う印象だ。

あ〜あ、一日が48時間あればいいのに。
そうすれば40時間寝てても今日と同じような生活ができる。

リンゼイ露伴 

October 24 [Mon], 2005, 3:10
ツタヤ店員が観れる内観用サンプルビデオで『ハービー』って映画を観た。

ディズニー制作の実写、リンジーローハン出演って事でもう『フォーチュンクッキー』とか『夢見るドラマクイーン』あたりの予定調和と主人公ご都合主義にまみれた作品であることは観ずとも予想がついた。

それでも観てしまったのには二つ理由がある。

一つは先取り感。
この作品のリリースは2ヶ月先。店員だから先に見れる、って言う偽りの優越感。

もう一つはリンジーのエロイ身体。

彼女はアメリカでの「ティーンセレブ」

歌は知らんが出演映画は軒並み「家族向け」

ってことで露出度控えめ良い子ちゃん演技なんだけれども、逆にそこにエロスを感じる。いや、こりゃエロか。

とは言え作品の評価としては別に普通。
まぁ暇な人は観れば?程度。

でもエロイ。絶対リンジーはエロイ。
なんかエロさを隠してるんだけど隠れてないところがさらにエロい。

あんまりいないと思うけど観た人、同調を求む。



んでね。
最近あんまり書いてないでしょ?

ミクシィにとんずらしてるんですよ。
興味ある人、検索なり人に聴くなりして、こっちへおいで。

音楽の話 

October 24 [Mon], 2005, 3:10
○at the drive in
まじこいつら変態。
マーズヴォルタも変態だけどATDIはもうおかしい。狂人。
なにあの演奏、声。
解散して当然だよ。
こいつらがまだ活動してたら、世界のメジャーバンド半分は必要なくなる。

○スペシャルズ・オペレーションアイヴィー
かっけー。
ちょっと昔のスカは超かっけー。
スーツでロック。これ最強。
不良中年ムード。
うまじ、スカパンク好きならこの二つ聴きなよ。今度来たとき聴かせるけど。

○フランツ
ファーストね。
やっぱ嘘はつけない。
ファーストのほうが断然イイ。

○デートコースペンタゴンロイヤルガーデン・東京ザヴィヌルバッハ
あんまり情報な〜い〜よ〜。
なんつーか不協和音。
がちゃがちゃがちゃがちゃ。

アハ〜ンアハ〜ン♪ 

October 19 [Wed], 2005, 14:57
ってことでオフスプライブ@スタジオコーストですよ。

まずOAのアクアバッツってバンド。
全然知らなかったんだけど評判がいいのですごく楽しみに。

いや〜、こいつらバカだね。

メンバーは外人の中年おっさん五人組。
安っぽい戦隊モノのコスチュームに身を包み、悪い怪人と戦う。

怪人との激闘の末、ボーカルが戦死。

アクアバッツ!コールで目を醒ますボーカル。

第一声が「ウルサイナァ、ネテタンダカラ、、、」

大爆笑。なんだよこいつら。全員下っ腹でてるし。
コミックバンドなの?
曲はパワーポップ、メロコアって感じで普通に聴きやすい感じでした。
OAとしては最高の人材かと。
今一番気になるバンドに認定。


んでオフスプ。
もうやばかったね。暴レマクリスティー。

初めて観たメンバーの姿、本当にかっこよかった。
目の前にいるんだ、、、、ってだけでちょっと涙が出そうにすらなった。(出てねーけど)

序盤にやった『オリジナルプランクスター』の時点でもう半分意識とんでたよ。軽い酸欠。声ガラガラだったし。
蘇るサマソニの悪夢。(倒れて病室に運ばれた)

けどひ弱ボーイなりにそこは経験を生かし、「ちょっと手を抜く」ことで存命。
2曲暴れる→1曲休むのペースに。

でもね、休ませてくれないのがオフスプで、休みたくないのがファン心理。なんだかんだほとんど暴れてた気が。

後半にやった『プリティーフライ』
あのイントロが流れたとき、俺の中で何かが切れたよ。

もうとにかく運動量がハンパなかったね。
目の前真っ白になりながら、「死ぬならいましかねぇ!」とか余計なこと考えながら声の限りに「アハ〜ンアハ〜ン♪」

俺はこれを言うのに三年待ったんだ!


内容が薄いですが以上が私のオフスプライブレポ。
ホント、久しぶりにライブで暴れた。

次は12月のハワイアン。
場所は同じくスタジオコースト。

よし、もういっちょイクか

ホーエバーヤング 

October 16 [Sun], 2005, 1:17
紹介文を読む限りではコールドスリープされたギブソンが彼女を探すのがメインにみえますけれどもそうでもなく、ギブソンと彼が転がり込む家の少年との交流がメインという印象を受けました。

彼等が庭にある小屋で飛行訓練をするシーンはかなりじーんときました。

フォーエバーにヤングなおっさんだから頭の中もヤング、子どもと心を通わせられるんだよ、みたいな解釈のほうがすんなり入り込みますね。

終盤バアさんと化した元カノに会いにいくんですけれども、製作者サイドとしてはコレがメインだったのでしょうが、俺には蛇足に感じました。ちゃっかり子どもも付いてきてるし。

そこまで最強にいい映画、ってほどではないかなと。

ギブソンはいい演技してましたよ。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日ね、出かけた帰りにHMVよってアニマルズのCD買ってきたんですよ。
高校のとき小島好きだったから解散したときにはショックだったんだけど、このアニマルズもヒッチャメンのテイストがすごく出ててこれからに期待がもてるね。
まぁ悪く言えばあんまり変化が無いとも言えなくもないんだけれども。
フェスでねぇかなぁ、、、。

乳すの森 

October 12 [Wed], 2005, 18:53
『ニュースの天才』
スクープ連発の記者、受け狙いのために捏造しちゃった。
あ〜、やばいよばれてるよ、こりゃ嘘ついてごまかさなきゃ。
みたいな話。

主演はヘイデンクリステンセン。名前なげーよ。なに、「クリステンセン」て。「花中島」と同じ臭いがする。クリスでもクリステンでもいいだろ。

とにかくこの主人公がムカツクのね。

嘘ばっかついてる。

んでばれると仲のよくない(でもすごくいい人)編集長にやつあたり、てかほとんど責任転嫁。

嘘つくならもっとうまくつけよって感じだね。

本当に嘘がつきたいなら必要以上の嘘はつくべきじゃあない。

「一度嘘をついた人間はその嘘を塗り固めるために小さい嘘を重ねる。本当に嘘が上手い人間は余計な嘘はつきません」って古畑も言ってたぜ。



あぁ、そうそう、フランツのチケット当たった!
来年だけどね。早く二月になあれ
最新コメント
アイコン画像こけし
» 2005年総括〜まずはライブ編〜 (2008年10月21日)
アイコン画像じゃぶ
» 2005年総括〜まずはライブ編〜 (2008年10月06日)
アイコン画像よしと
» 2005年総括〜まずはライブ編〜 (2008年09月30日)
アイコン画像みしゃ
» 2005年総括〜まずはライブ編〜 (2008年09月26日)
アイコン画像隙間男
» 2005年総括〜まずはライブ編〜 (2008年09月25日)
アイコン画像Bo Lee
» 「ゴジラファイナルウォーズ」 (2006年11月01日)
アイコン画像Lqlogd
» 「ゴジラファイナルウォーズ」 (2006年10月31日)
アイコン画像ハンド部
» 2005年総括〜まずはライブ編〜 (2005年12月30日)
アイコン画像けいすけ
» 2005年総括〜まずはライブ編〜 (2005年12月30日)
アイコン画像あのひと
» 2005年総括〜まずはライブ編〜 (2005年12月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:trainspoted
読者になる
Yapme!一覧
読者になる