ワタボウシ 

February 09 [Fri], 2007, 15:31


ふわりふわり

風に揺れて

ふわりふわり

空を舞って



君のもとへ、すぐに跳んで行きたい



●ワタボウシ

ただ、あなたに逢いたくて…


青花の氷の下、沈る貴女 

February 08 [Thu], 2007, 23:17


彼はった

「ああ!僕は誰が為に此処ここに!?!?」

貴女が、いない

―――貴女がいない!!

歔欷きょき するも彼女に声届かず
果たして落ちたのは、濃紺のるい か詠嘆の闇であろうか

今や の姿さえも見えまい




「では、幸せとは何なのですか」

「それはうつつ の幻です」
彼はそれはそれは憂いに帯びたかほで語ります
(なんと浅はかな!!)


その心、幸か?不幸か?
(もちろん不幸でせう?)


ひとふた、 と数えきれぬ間にちいさな命は人知れず、消えて逝くのでしょう
何一つ助けられず救われずに





青花あおばな の氷の下、 しも る貴女


生命はまるで花びらのようだ
失わなければ気付かない人間の愚かさ

貴女がいないだけでこれほどにも変わってしまった






歔欷…咽び泣く
孤…自分
姿…心


病は気から、気は心から 

February 08 [Thu], 2007, 0:41

そろそろやめませんか、自分の殻に(心に??)閉じこもること

【人生、そんなに悲しいことばかりじゃないです。】


そろそろやめませんか、ついつい意地を張ってしまう貴女(貴方??)

【格好悪いですよ?もうちょっと、素直になりましょ。】


がんばって、がんばって、がんばって


絡まったもの(それは心だったり、プライドだったり・・・)を解いてみたとき
ほんの少し、視野を広げてみた世界は

以外と綺麗かもしれませんよ?



(無題) 

November 21 [Sun], 2004, 16:54

悲しみは深く、悦びは浅く

何時だってそうだろう

●人生の皮肉さ

(無題) 

November 14 [Sun], 2004, 20:08
世間は人を追い詰める

貴方方は私達に一体何をさせたいのか

●社会という世界の狭さ

(無題) 

October 20 [Wed], 2004, 11:08

泣くのは馬鹿な事ですか?

ただ少し、傷付いただけ……。

●弱い人

(無題) 

September 30 [Thu], 2004, 18:37

涙がぽろぽろ

もう、一人になるのはやだよぅ…。



誰かに愛されたいと、そうなのでしょう?


●さびしいおわらない夜

過去へ戻る。 

September 10 [Fri], 2004, 7:22

『好き。』

   と、言ってしまえばどんなに楽だったろう。
これ程、貴方が綺麗だったなんて
もう貴方の事しか見えない。

     『愛してる。』


口唇を震わせて空気とともに吐いた。



言葉なんて私達の間にはいらない。


貴方だけが欲しい。





お願いだから貴方のすべてを私に与えて──。








●昔好きだった人…

忘れてしまったけど、
伝えたかった単純だった言葉を


そっと、私は口にする。

(無題) 

September 05 [Sun], 2004, 14:16

此の世に産まれ堕ちる悲鳴をあげて



●罪

(無題) 

September 05 [Sun], 2004, 13:58

誰にでも知らない人格がいる。



●光と闇の存在(ワタシ)
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:九十九 九十九(ツクモ ツヅラ)
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる