妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦

February 13 [Mon], 2017, 12:15
妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において大変重要なはたらきをする栄養素が、葉酸です。

ママの体も赤ちゃんも、一緒に元気であるように、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸不足に陥らないようにしてちょーだい。

厚生労働省の推奨では1日あたり0.4mgとなっているんです。さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。葉酸は野菜に多くふくまれた成分ですが、ご飯だけで十分かというと葉酸不足の心配もあります。ですのでサプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。葉酸は加熱によって失われやすいため、食材を調理して摂取しようと考える場合にはポイントがあります。具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によって加熱調理が避けられない場合には長時間の加熱は避けて、早めの加熱調理で終わらせた方がいいですね。もし面倒だな、と感じる方はサプリによる葉酸摂取が手間がかからず良いと思います。


ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。葉酸は、ビタミンBの一種で、代表的なでしょうと、ホウレンソウやブロッコリーに多くふくまれています。妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを減らす効果があります。

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされているため、サプリメントを活用するのも良い選択だと思います。


葉酸の摂取について、最も理想的なのは日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。



葉酸が多くふくまれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。
ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが難しい方は、サプリメント等を活用するのがおススメですね。

サプリなんて、と感じる方も居るかも知れませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に摂取できますから、おススメです。多様な食品に「葉酸」はふくまれていますよね。


フルーツで言うと、イチゴが代表的ですね。



あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸がふくまれていると知られていますね。
あるいは、柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。

葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、オレンジジュースを飲むのも良いと思います。中々妊娠できないという方は、基礎体温の管理から初めてみるといいですね。
基礎体温表をつけていくとその変化で、女性の体の状態がある程度推測でき、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。



基礎体温表を造るには、経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るという注意事項もありますから、それに従って毎日つづけるのが大切です。
最初の1か月は慣れるつもりで初めてみましょう。妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。


例えば、葉酸です。



妊活中の時から葉酸を適切に摂取した方が良いと雑誌に書いてありました。葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から大切な栄養素だそうです。野菜を十分に摂れない時は、葉酸サプリにサポートして貰うのも良い方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)だそうです。ご飯や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。
妊娠を望む方や妊活中の女性にとって影響があるものと言えば、ご飯ですよね。

妊活を行っているということは、大げさかも知れませんが、今日にでも妊娠の可能性があるというワケです。



ですから、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的なご飯を心がけましょう。


中でも葉酸は、妊娠初期には十分に摂取して貰いたい栄養素のひとつです。
忘れがちですが、妊娠検査キットによって妊娠が確定するより前から赤ちゃんを授かっているのです。いつ妊娠するのか、それは誰にも分かりません。いざ妊娠した時に十分な栄養で満たされているように、なるべく早い時期から葉酸を摂取し、胎児の成長を十分にできる体を作っておくことが良いと思います。妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働聞かける栄養素で、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。胎児の栄養はすべて母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取をおこなうといいですね。

葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を要望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。
ですが、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。

葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリを選ぶ際のポイントとしては、葉酸以外の栄養素が配合されているものを選ぶのがいいですね。

目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば必要な成分を適切に補うことが出来るというワケです。
こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。


妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。


ですので妊娠を要望している方は、摂取を御勧めします。妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。


この妊活は女性側が実践するものがよく紹介されています。しかし、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。

それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。
流産や不妊におけるリスク要因は母体に限らず、男性側の問題だというケースもあります。特に注目したいのは、精子の染色体異常です。



これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。



葉酸は女性の妊活に結構必須のでしょうが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。

ですので、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてちょーだい。

妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、サプリで摂ることが望ましいです。


実際に葉酸サプリを飲むにあたって、いつからいつまで飲むのが良いのでしょうか。


妊娠前から授乳期を完了するまでサプリを活用するのがいいですね。胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、妊娠初期から3か月目までだというのが、よくいわれると思いますが、母体の健康維持を考える上でもとても大切な栄養成分ですから、妊娠を要望している段階で葉酸を十分に摂取し、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。葉酸は、適切な摂取によって胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げることが判明し、そうした目的から妊娠を要望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素なんですよね。


ですが、体調が悪い時には、ご飯で葉酸を補給するのも難しい、なんてこともあると思います。

そんな時には、無理に食べ物から摂取せず、サプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで不足しがちな葉酸もちゃんと補給することが出来ます。

葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから葉酸を積極的に摂取し初めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。



例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん良いと思います。とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。
葉酸は体に有益な多様なはたらきをしてくれます。中でも身体のバランスを整えるといったはたらきに葉酸は欠かせませんから、出産後も、葉酸の摂取によって身体を健康的に保つことをおススメします。友達と話していたら、サプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが一番興味あるみたいです。

私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと母から聞いたことがありましたから、その友達に教えてあげました。



妊活をがんばっている友達には、絶対幸せになってほしいと思うので、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなってねがっています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shiori
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる