手湿疹に効果的なハンドクリームとは?

May 25 [Sat], 2013, 13:11
皮膚から天然の保湿剤が洗い流され、刺激に弱い状態になった皮膚が過剰反応することで引き起こされる手湿疹ですが、では、いったいどのように対処すればよいのでしょうか。
どちらもハンドクリームや外用剤によって対処できるのですが、どのような手湿疹が発症しているかによって、選ぶべき外用剤が変わってきます。

手湿疹には大きく分けて二つの種類があります。
現れる症状によって、「乾燥型」と「湿潤型」に分類することができるのです。

手湿疹と台所用洗剤によると、乾燥型の手湿疹の症状は、皮膚がカサカサし、ひどくなるとひび割れなどが現れる、という症状が主です。指紋が消える、指先が硬くなる、といった症状も人によってあらわれるようです。
こうした湿疹に対する対処法は、とにかく保湿をすることです。

乾燥型手湿疹に有効な保湿剤は薬局、薬店で購入することができます。
刺激物の入っていないものを選びたいという方はワセリンを、保湿性が優れているものがよいという方は尿素やヘパリン類似物質が含有されているハンドクリームを、それぞれの目的に応じてお選びください。

湿潤型手湿疹の場合は、小さな発疹や水ぶくれができる、といった症状が発生します。指の腹や手のひらから発症することが多く、手の甲にも症状が現れる場合が多いようです。
こうした手湿疹には、市販のステロイド外用剤で対処することが効果的です。

保湿クリームは何度使っても問題ないものなので、ちょっとした水仕事のたびに塗って肌を保護することが大切になってきますが、ステロイド外用剤の使用は、朝と入浴後の二回にしておきましょう。
きちんとした用法さえ守れば、ステロイド外用剤は安全に用いることができます。

手湿疹による炎症は、適切なハンドクリーム・薬品を使えば一週間程度で症状が治まります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tqfd0xgi
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tqfd0xgi/index1_0.rdf