不妊を考えるときストレスは無視で

March 05 [Sun], 2017, 14:35
不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。
生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。早く赤ちゃんを望む周囲の期待や時間的制約による焦りが不妊治療とあいまってストレスになることも少なくなく、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。


穏やかな気持ちで治療を続けることは不妊治療には大いに助けになると思います。妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。葉酸は赤ちゃんが元気に育つために必要不可欠な栄養素であることは間ちがいありません。では、もし葉酸が不足してしまった場合、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。

葉酸には、細胞分裂を促すはたらきがある事が分かっていますから、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害を発症する要因になると報告されています。それだけじゃなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、葉酸の摂取が十分におこなえるよう、気を付けてみてください。
妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかも知れません。

冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害や子宮の機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。

冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。
お灸は緊張をほぐして血行をよくして新陳代謝を促し、リラクゼーションも期待できます。


冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。


妊娠を要望する方や計画している方が、重要視する事と言えば、食べ物の事ではないでしょうか。妊活とは、夫婦生活を含めて妊娠しやすい体づくりを進めると言うものです。

妊活中の女性はいつでも妊娠する可能性があるわけです。産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんが元気に成長できるように備えておきましょう。

妊娠初期には不足しがちな栄養素がいくつかありますが、なかでも葉酸はこの時期に必須となる栄養素です。
忘れがちですが、妊娠検査キットによって妊娠が確定するより前からおなかの中の受精卵が成長をはじめています。受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、ご飯やサプリ等に気を配ってみてください。妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。

なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。



また、亜鉛の効果は女性に限らず、男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果を持つ事が分かっています。
精子が活性化することを手助けしてくれるというワケです。健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取を実践してみましょう。



このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果を持たらす栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。

葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。
定期的な摂取の結果、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。
1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は葉酸を摂った方が良いと思います。皆さんご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。



この時に葉酸が大変重要なはたらきをするのです。
葉酸単体での吸収率は低いために、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だと思います。


ですが、総合サプリに多くの成分が含有してい立としても、その中で一体どの成分に注目すればよいのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。



総合サプリの選び方で悩まれている方は、粉ミルクの成分と照らし合わせて、サプリを選んでみましょう。妊活中にはご飯の内容にも気を配りますが、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。一般的に、妊活に効果があるといわれるお茶はルイボスティー・タンポポ茶の2つのお茶を良く耳にします。

これらのお茶はカフェインが入っていません。

妊娠する可能性の高い女性にかなり、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。


中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという事ですので、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお奨めです。
一度目の妊娠の時、流産してしまいました。とても悲しくて、しばらくコドモのことは考えられなかったのですが、1年くらい経ってまた妊娠について前むきに考えられるようになり、妊娠を考えて行動するようになりました。

妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私は運動を始めてみました。その結果、新陳代謝が良くなっ立ためか、基礎体温を上げることができ、冷え性も良くなったので、本当によかったです。
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、主に女性がするものだと考えていませんか?持ちろん、女性が行なうべき妊活も沢山あります。

しかし、男性側が実践できる妊活もあるのですよ。



それは、普段のご飯の中で葉酸を意識して摂ってみて欲しいという事です。



不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は女性の問題ばかりでなく、男性に原因がある事もあります。
男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。
質の高い精子を創り、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。



妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いでしょう。不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。妊活中において、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、葉酸入りのものにすれば、間ちがいはありません。妊活中に不足しやすい葉酸には、貧血を予防する効果がありますし、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。



ほかにも、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。


夫婦どちらに対しても非常に重要なサプリだという事がお分かり頂け立と思います。
不妊の要因としては、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性由来の場合と、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性のほうに起因するものが挙げられると思います。



ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。


きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、女性のみならず男性も検査を受けることが、とても重要な意味をもつのです。

近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分(成長期の子供や妊娠中の女性はもちろん、痔の方は特に積極的に補うべきでしょう)は、不足しやすいものです。


一般的なご飯では、適切な量の摂取が難しいとされています。ですからサプリで補給するのが簡単でしょう。


最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが売っていますから、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、不足しがちな成分を、簡単に摂取できるというワケですね。妊活の時に、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。
一人目に男の子を産んでいたので、女の子が欲しいと主人と話していたからです。



本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けを実践していました。

妊娠が分かっ立ときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が判明するまで期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。

主人も待望の女の子という事で大喜びでした。親友の話なのですが、妊活中に漢方を欠かさず服用していたようでした。彼女が言うには妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。漢方だったら飲むことに抵抗がありませんね。その漢方のおかげなのか、彼女は無事に命を授かることが出来ました。

彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、皆さんでお祝いを計画しています。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shuri
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる