ジュウイチの斎藤

March 28 [Mon], 2016, 13:27
止まらない少子高齢化の影響。

介護職にかかわる人たちもより必要性が高まると考えられています。

それ故、現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。毎年国家試験に合格して晴れて介護士となる人がたくさんいて、今なお介護士の数が十分でないのはなぜかというと労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも要因となっています。
介護士の資格のある人は法律では、仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。

基本原則として、介護行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。しかしながら、急変時や、緊急事態には、経験を積んでいる介護士に限り、若干の介護的行為は認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。結婚相手として人気が高いと思われる介護士ですが、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?実際のところ、介護士の結婚年齢は一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が分かりました。晩婚の理由として多いものは、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、地位を上げるために結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。皆さん介護士というとどういうイメージをお持ちでしょうか。


「介護士」と言えば特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、そうは言っても、労働組合がないときちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。



ストライキを起こそうにも介護士という仕事では難しいため、経営者サイドが考慮することが最も大切です。

勤務時間について、介護士というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、実は意外と調整しやすいようになっています。勤務表、つまりシフト次第ではありますが、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、園児や小学生などの母親をしながらであってもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。
子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、なんとか対応していける主な理由は、介護士という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。
なお他業種同様、8時間勤務が基本です。収入に関しては、介護士は高給取りではありますが、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。

Wワークに向いた仕事も様々で、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろとその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。
とはいっても、メインで勤務している職場が休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、第一、本業の介護士としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。

普通、介護士としてキャリアを積んでいくと出世していきます。階級として、婦長などは誰でも知っている役職ですが、また別に主任などの役職があるのです。

昨今の介護士不足の影響で、看護学生やパートの介護士も珍しくありませんので、国家試験をパスした正看ともなれば役職的には上の立場に立っているという訳です。


収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。

介護士の勉強をするための学校には看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。



大学の特徴を挙げると、最先端の介護について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と介護以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。


そして、専門学校の場合は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。加えて、学費の面についても専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。
一般的な介護施設に勤める介護士の多くは、業務上、患者やその家族と接する機会が多いため、不潔な印象にならないよう、髪形にも配慮しなくてはなりません。介護士として、患者からどのように見られているかを意識しながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが大事です。とはいえ、職場の環境や方針次第では、介護士の髪形に対するルールが違うことを覚えておいた方が良いと思います。


ハードながらもしっかり稼げるお仕事、介護士を目指したいのであれば、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、ふつうに授業を受けていたなら、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。そういった、介護士を養成する学校は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。介護士がどんな風に思われているかというと、白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、大体の場合には、印象良くとらえているという人が多いでしょう。
ですが、介護士の勤務の実情に着目してみれば、収入面ではそう悪くはないとはいえ、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている介護士というのも少なからず存在しているのです。



肯定的側面を見るだけではなく、本質的に介護士の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。


不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、介護士は服装や外見を意識しておく事が必須になります。中でも、女性の介護士は派手なメイクは避けて介護施設に適したナチュラルメイクを施すのが良いでしょう。ノーメイクという訳でもありませんから、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象が変わりますよ。

よく言われているように、介護士というのはとてもきつい仕事です。勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、容態の急な変化もありえますし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったことも仕事の一つです。いきなり緊急手術が行われたり、人手の少ない夜間に限って患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、目が回るほどてんやわんやと忙しいこともあったりします。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い介護士は離職率が高いです。
ですから、転職率も高いですね。
こうした流れを受けて、介護士専用の転職サイトが存在しているのです。
介護士の求人に特化した転職サイトであれば、手際よく希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、十分な時間を取れない現役の介護士に最適です。どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを参考にしてみるのが良いでしょう。女の子が憧れることが多い介護士になるためには、一般的に二つの方法があります。それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。対する看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習をすることに重きを置いているので働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。



一般的に介護士の職場というと介護施設を思い浮かべますが、その介護施設といっても複数の科を持っている総合介護施設から、地域の町医者まで規模は様々です。あるいは、介護施設や保育園などに常駐する介護士もいます。



それぞれの会社で給料が変わるものですが、介護士も同様でしょう。総合介護施設と町医者とでは年収にも差が出てきます。
ですので、一般的な介護士の平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。
介護士は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は勤め先により違いがあり、例えば大学介護施設と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。

そして、気になる退職金は、地方公共団体などにより開設された公立介護施設、または国立介護施設であるなら、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、それなりの額を受け取ることができるようになっています。
一方、個人経営の介護施設になると、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立介護施設で、あとは介護施設によるようです。
きついながら、やりがいも大きいのが介護士というお仕事です。


どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、元気になって退院していった患者さんが、後々わざわざ介護施設まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。
それに、やはり患者さんの家族の方から涙ながらにお礼を言われるような時も、大変に感動したりします。

生活は不規則になるし、ストレスはたまるし、介護士の仕事はとても大変です。なので、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、きっと辞職しようと考えるだろうと思います。
介護機関、それも病棟に勤務する介護士であれば2交代制や、あるいは3交代制の形でもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて医師や介護士など、人の数がかなり減り、それなのに、夜半に容態が急変した重体患者が出たりなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おそらく日勤を超えるでしょう。
友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、病気のためにいったん退職しました。しかし、完治させた後は、復職して昔と変わらず介護士として勤務しているのです。多少のブランクでも、資格を持っていたら復帰も早いと思います。



やはり資格が大切なことが改めて分かりました。夜勤は介護士にとって避けられるものではありませんが、決まって体調を崩すようであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、忘れてはいけないのが、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、やはり、夜勤で働く介護士よりも給料の額が減ってしまうことがほぼ確実なのです。
今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。

少々手間もあるのですが、利点が多い介護士の能力評価については、最近ではこれを行っている介護施設は多いです。個人ごとの能力を測定し、評価をつけられるよう、指標をはじめから作っていったところもあります。
この評価は、介護施設により月一のこともあれば、じっくり時間をかけて一年に一度だけ、という介護施設もあります。



なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、高いモチベーションを保てます。毎日、介護士として頑張っている中、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。


そしてつい、楽な病棟はないか、などということを頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできる病棟として知られているのは、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。

とはいっても、介護施設にもよりますし、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。資格取得の難しさですが、介護士資格の場合はどのくらいだと思いますか?試験の合格率ですが、90%近くが毎年合格できているようです。実際の試験の内容も、学校の授業を理解していればそんなに難しい試験ではありませんので、これといって介護士の資格取得は難しいものでもないようです。
今どきの交代制勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、介護士があります。


職場が外来の介護士であれば、日勤になることもありますが、大半の介護施設が入院病棟の方に多くの介護士を置きますから、経験を積む上でも殆どの人がシフト勤務になるはずです。実際に、私の妻も子供が小さい時に介護士としてシフトを組んでいた為、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので苦労した覚えがあります。介護士の仕事は他職種と比較して高いお給料をもらえます。それと関係があるのか、洋服に気合いが入った人が少なくありません。



そうはいっても、介護士といえば大変多忙な仕事でもあります。介護施設によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だといったケースもよくあるみたいです。



給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最も理想的であろうと感じます。
給料の面で見ると、介護士は待遇がいいと思われがちですが、実は夜勤手当があることによって給与が高くなるといえるでしょう。仮により高い給与を介護士の仕事で得たいのならば、どこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤で働けるところにしましょう。夜勤で勤務できるかどうかで給料の差は大きくなります。


どこの介護機関でも介護士は不足していることが多いため、介護士の転職は比較的かんたんです。
まず履歴書を、転職を希望する介護機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、次の段階、すなわち面接に進むことができます。ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話をすることになります。
しかし、能力的なこと以外に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり観察されることになるはずです。
仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力などもアピールできると、とても有利でしょう。今日のところ、日本では経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る外国人介護士候補生の受け入れを行っています。



とは言っても、日本語で作製された介護士の国家試験を受験し、もしも、3年以内に介護士になれなければ自分の国に帰らなければなりません。就労中に日本語を学び、また、国家試験に受かり介護士となるために勉強までしなければならないということで、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。
初めて介護士として働こうと思っても、就職先が決まらず困っている話を聞きますが、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。



実際の求人には年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、場合によっては、介護施設が内実に採用の年齢を設定しているケースがあるのです。具体的に言うと、30代以上で初めて介護士としての職場を探すのは、難しくなります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Youta
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる