めぐたんが米倉

September 23 [Sat], 2017, 11:36
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、体内の脂肪が占めている比率のことを指し、「体脂肪率=体脂肪量(キログラム)÷体重(weight、キロ)×100」という数式で算出されます。
欧米においては、新薬の特許が満了してから4週間後、製薬市場の8割がジェネリックに替わるようなクスリもある位、後発医薬品(こうはついやくひん)は各国に浸透しているという現実があります。
ストレスが溜まっていく構造や、有用なストレス対処策など、ストレスの適切な知識をお持ちの方は、現時点ではまだ多くないようです。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手先や足先が痺れるような感覚があったり下肢の著しい浮腫みなどが典型で、病状が進行してしまうと、最も重症の場合、心不全を誘引する可能性があるということです。
めまいが診られず、長く続く耳鳴りと難聴の症状だけを何度も発症する症例を区別して「蝸牛(カタツムリ)型メヌエル病」と呼ぶような場合があるということはあまり知られていません。
日光に当たると生成されるビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを助けるという作用で知られており、血液の中のCa濃度を操作して、筋繊維の機能を適切に調整したり、骨を作り出してくれます。
高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、今までの研究によって、ワクチンの予防接種効果が見込めるのは、ワクチン接種したおよそ14日後から約150日ほどだろうということが判明しました。
肝臓をいつまでも健やかに維持し続けるためには、肝臓の有害物質を無毒化する力が低くならないようにする、つまり、肝臓の老化を食い止める対策に地道に取り組むことが必要なのです。
20才代、30才代で更年期が来たとすれば、医学用語で表現するとPOFという病気のことを指します(日本では40歳未満の比較的若い女性が閉経してしまう状態を「早発閉経(そうはつへいけい)」と呼んでいるのです)。
常在細菌のブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、毒が極めて強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と毒が強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)になります。
鍼灸のはりを痛みの発生源に刺す、という物体的な多数の刺激が、神経細胞を活性させて、神経インパルスという名称の要するに電気信号伝達を起こすのではないかという考えが浸透しています。
好気性桿菌のひとつである結核菌は、患者さんがゴホゴホと「咳」をすることによって外気や内気に放出され、空気中でフワフワ流されているのを別の人が空気と一緒に吸い込むことにより次々に感染していくのです。
グラスファイバーでできたギプスは、非常に強くて軽くて着け心地が良い上に長く使うことができ、シャワーなどで濡らしてもふやけずに使えるという特長があるため、いまのギプスの王道となるまでに浸透しました。
規則正しい穏やかな日常生活の継続、腹八分目を心がけること、持続可能な運動や体操等、古臭いともいえる健康に対する配慮が肌のアンチエイジングにも役立つといえます。
AED(Automated External Defibrillator)というのは医療資格を保有しない方にも扱うことのできる医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスに従って使うことで、心臓が小刻みに振動する心室細動の緊急処置の効き目をみせてくれます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Fuuma
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる