やっぱ 

2006年04月16日(日) 12時31分
ただ今オーディションの帰り〜ぃ
すんげぇ〜ドキンチョしちゃいましたが、楽しく歌えましたょ☆
この後の出演者のオーディションは辞退します。
台詞も完璧に覚えたけど、やっぱ二兎追うもの〜っちゅ〜ぢゃん?!
一本に絞りました。

きたー 

2006年04月15日(土) 18時07分
9日に受けに行ったオーディションの結果が実家の方に届いていまして、
こっちに転送してもらい封を開けてみると、
合格と書いてありました!!
でも、レッスン料で21万円これでも半額になっていたんですが・・・
心配です。
なので月曜は授業がないので火曜に学校の先生に相談してみようと思います。
こうゆう時、こうゆう専門学校に行っててよかったなぁ〜と安心します。

どーしても歌手になりたい。だからいろんなオーディションを受けてしまう。
ほんとは、入りたいレコード会社決まってます。
でも、やっぱ有名なだけあってすごい競争率(涙)
がんばって専門に行って力をつけなきゃ!!
絶対歌手になりたいんだもん!!

ちなみに明日は映画の主題歌と出演者のオーディションに池袋まで行ってきます。
なんで出演者希望してたんだろう??
いまだに不明(爆)
とりあえず、経験をつみにがんばってこようと思います。

私、焦ってるのかな??焦ってもいいもの作れないのに(涙)

個性派?! 

2006年03月12日(日) 16時44分
私は、けして美人じゃないし、可愛くもない。
かと言って、歌がすごくうまいわけでもない。
でも、自信もって言えるのは、パワフルさだと思う
そりゃ〜恥ずかしいときもあるし、緊張しまくるときもある。けど人前に立つ緊張感が大好きですごいパワーがでてくる。
これが自分に誇れるところだと思う。
だから私はもしキャラクターとして行くなら個性派なのかな?って
見た目とか服のセンスは全然、個性とかないけど、 私と話したり、考えを聞いてくれる人からは“考え方が個性的”と言われることがたびたびある。
自分では何が、どこが個性的なのかわからないけど、思ってるのは、みんなと同じぢゃ〜つまんない!!
って言う考えはいつも持ってます。

ちなみに今日は専門学校の授業を受けてきて、英語の曲を歌ってきました。
なぜだか、一番最後の発表だったので心臓バックンちょのまま課題曲をいつものように歌ってて(も〜わからないところはららら〜)最後に先生からのコメントで注意や指摘ぢゃなくて
「君、個性的だねぇ。うん!」
ここでも個性的の言葉が・・・私のなにが個性的なのか出来れば聞きたかったなんていまさら思っているんですが、深く考えないでこの言葉は誉めてもらったととらえときます(笑)
見た目ではなく中身が個性と言う言葉が似合う人に慣れるようにこれから頑張りたいと思います。
出来ればこれからも有田を暖かく見守っていてください☆

心に思ってること 

2006年03月11日(土) 17時39分
私はある言葉を支えに毎日を過ごしています。
誰が言ったかは、忘れてしまいましたが、“人間みんな1%の才能、可能性を持っている。
可能性を育てるには、努力をする事、才能とは努力をする事であり、努力とは才能である。”
私はこの言葉を胸に、信じています。
オーディションに落ちまくって落ち込んでいたり、失敗してしまったとき、この言葉を思い出します。
オーディションに落ちても、それは勉強だったり、いい経験だと思っています。
これからもスムーズに行かないけど、たくさんの壁にもブチ当たるけど、それもまた良し、スムーズに物事進んでいる人よりラッキーな環境にいるのかな?って最近思っています。

何で歌なん? 

2006年03月04日(土) 19時46分
それはただただ歌う事が好きだから!!
なにか問題でも?(笑)

本気で歌手になろう!!って考えたのは中3の頃
もしかしたら、これが今まで探してきた与えられた使命かなって

私が産まれたときは大変だったみたいです・・・
1987年7月7日午前・・・この世に一人の子供が誕生する。
ある日母は、「ん?」と思い、某病院へ足を運んだ。
先生に観てもらったところ「う〜ん・・・妊娠していませんね。気のせいでしょう」と言われた。
・・・っがしかし!母は絶対の自信があった。それは過去に三回妊娠しているからだ(二回流産している)
おかしいと思った母は、大きい病院へ足を運んだ。
「あ〜居ますよ〜ほらここに」と指差されたのは、モニターの隅の方
そうなんです。私はとても小さくお腹の隅の方で必死にしがみ付いていたのだ。
そして私は予定日より10日早くこの世に誕生してしまったのだ。
母が産気づき運ばれた。母は痛みを耐えやっと赤ちゃんが産まれたはずだが・・・あれ?声がしない
聞こえるのは看護士さんが慌てて走り回る音と何かを叩く音。
「赤ちゃんが瀕死状態なんです」
そうです。私はとても軽く瀕死状態で産まれた。
きっと私は幼くして三途の川を渡ろうか悩んでいたのだろう
「お名前は!はやく名前を付けてあげてください!!」
それを聞いた祖母は必死に観音さまに祈り
近くにいた伯母が「夏海」という名前を付けてくれた。
その頃お尻を真っ赤にした私は相変わらず息も絶えそうに、普通の子はだいたいここらで泣きはじめるのだが、最終的には(母と姉からの証言)、小さい頭に大きな注射器が何十本も射さり機械の中に入れられた。そのお陰か徐々に元気になったという。
こうして産まれて命を与えられ感じます。きっと私は何か使命を背負って来たんじゃないかってその使命がきっと歌なんです。
私のまわりにはかならず音楽があった。

そして少しずつ感情が表れてきたときには音楽にあわせて踊りだしたり適当に歌ってた
保育園ではおやつの時間よりお遊戯の時間が好き
小学校にあがるとピアノを習い始める(9年間)新体操を習い始める(3年間)
小4には姉の影響でJ-POPを聞きはじめプリンセスプリンセスに衝撃をうける。
転校し小5のとき新しい学校の友達とダンスユニット「はっちーズ」結成 2年間
中学にあがると洋楽にハマりギターにも興味をもつ
自分を探すためミュージカルやお芝居、ダンス(バレエ、日舞、ロッキン...

気付いたこと 

2006年03月02日(木) 15時15分
カウンセリング代わりに知り合いの方のヴォーカルレッスンに通ってるんですが、こないだ、声だししてたときに、高い声が出せたんです!!
基本的に声が低いのですぐミックスヴォイスに変わっちゃってたんですが、レッスンの成果なのか先生が「なっちゃん、前より声でてるね!3つ上声出てるよ」と。
すごいうれしい(≧m≦)
最近は自分を甘やかさずカラオケでも、なるべく女性の曲を歌って少しずつ出せるようにしてるんです。やっぱきついんで半音下げて歌ってるんですが(笑)

でも、やればできる!!って改めて感じ、よりやる気がわいてきました☆

やっと!! 

2006年03月02日(木) 0時51分
できたぁ〜!!
これでここにいろんな事が書けますね♪
将来の自分に向かって突っ走りやす
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像堀江です
» やっぱ (2006年05月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tps_919
読者になる
Yapme!一覧
読者になる