円山応挙展

April 21 [Fri], 2017, 16:15
根津美術館では、〜円山応挙展「写生」を超えて〜が開館75周年記念特別展として開催されていました。
子供の頃からずっと絵画鑑賞が好きだったんですが、なぜか日本画には全く惹かれず、観る機会もあまりなかったのですが、ここ数年は日本画の良さがやっと解り始めた?のか好きになって、観に行くことが増えました。
応挙は18世紀後期に京都で活躍した、最近話題の伊藤若沖と同時期の日本画の巨匠です。(現在では若冲の方が有名な気もしますが、当時の人気は応挙がずっと1位だったそうです?!)
金地の屏風に、一筆書き手法で即興的に幹を描き、その上で1枚1枚の花に青と紫、白の絵の具で彩色した、重要文化財の藤花図屏風は、大胆さと繊細さが相俟って、本当に素晴らしかったです

根津美術館

April 19 [Wed], 2017, 15:45
ブログをサボってばかりなので、放置していた内容が多すぎて何から書こう??と悩みだすと、そのままになってしまいそうなので、目にした写真から順に思い出して記事にしておこうと思います、、、
去年の事ですが東京に行った時に、前から行きたかった根津美術館に行きました。和風家屋を思わせる大屋根が印象的な地上2階・地下1階の建物、すごく素敵でした!
2009年に新創された本館は、東京オリンピックの新国立競技場の設計を行うことになった、日本を代表する建築家・隈研吾氏の設計です。
2010年この建築で毎日芸術賞を受賞されました。
展示品の特性に合わせた、趣の異なる6つのギャラリーが設けられています。
間接照明などの光が柔らかく、落ち着いたイメージの空間でした。
本館から外に出ると、4棟の茶室を含む庭園が広がっています。
17,000uにおよぶそうで、四季折々の自然が味わえる様になっています。
ガラス張りのNEZUCAFÉもあり、お茶を楽しみながらお庭を眺められる様になっていて、ゆっくりとした時間を過ごせます。
関西には、ナカナカこんな場所がないなぁ〜、と羨ましくなりました。

赤穂市立民族資料館

April 17 [Mon], 2017, 18:36
せっかく赤穂まで出かけたので、赤穂緞通を見た帰りに、近くにある民族資料館に立寄りました。明治38年に施行された、塩専売法に伴い設置された大蔵省塩務局の庁舎として建てられた現存する日本最古の建造物で、明治建築史上においても価値が高く、兵庫県の重要有形文化財に指定されているそうです。
設計は東京府庁舎や日比谷裁判所などを手がけた妻木頼黄氏と伝えられています。
木造瓦葺き一部2階建て、中央部に屋根窓を持つ主屋、西側に玄関塔を従えた洋館で、下見板張りの外壁はパステル調のブルーに塗られています。
主玄関のアーチ状のひさしと華麗な鉄格子をはめた扉、アールを描く通用口に見られるイオニア風の柱など、意匠にも凝っていて、塩務局時代そのままの木枠の受付窓口、天井に円形浮彫が施された1階の旧事務所、玄関ホールの上にあるアーチや手すりが施された2階ギャラリー、木製の手すりにアールヌーボー風の装飾が施された廻り階段、2階天井の屋根材を支えるハンマービーム、縦長の木枠の上げ下げ窓など、、、、建物は、とっても見応えがありました。
周りに桜の木がいっぱい植わっていたので、きっと今頃は、桜の花と建物とのコラボが綺麗なんだろう〜と思います。

赤穂緞通

April 14 [Fri], 2017, 17:41
また更新が滞ってました、、、バタバタしてると半月くらい、すぐに過ぎてしまいますね!
古緞通、前回記事でアップしたのと、最後までどっちにしようか、メッチャメチャ悩んだ一品も写真アップします。
藍染と草木染の紺〜ブルー〜アイボリー〜茶の色合いに、何とも心惹かれます。幻の緞通といわれる赤穂緞通は、佐賀の鍋島緞通、大阪の堺緞通と並び、日本三大緞通と呼ばれています。
赤穂市に生まれた「児島なか」という一人の女性によって、江戸末期に考案されました。
現在の高松を訪れた際に出会った、中国の万暦氈に魅せられ、独自で緞通の技術・研究を重ね、26年もの歳月をかけて完成させたそうです。
その風雅な文様は、茶人、名のある料亭などに好まれ、昭和初期には海外にも販路を広げ、全盛期を迎えましたが、戦争の影響で昭和12年に綿花輸入制限を受けて、緞通場の閉鎖を余儀なくされ、敗戦後に再開する織り元も現れましたが、手作業でしか作れない赤穂緞通は近代化に取り残され、また、その大変な根気と技術のいる作業が敬遠され、次々と廃業してしまったそうです。
廃絶の危機に見舞われ、幻の緞通と呼ばれた赤穂緞通は現在、新しい織り手の方達によって、復活されつつあるようです。
しかし、その作業は、図案や使用する色糸選びから始まって、すべての工程を、1人の織り手が伝統技法を守った手作業で行い、文様を際立たせるために握り鋏で念入りに摘みの作業をしているため、仕上がる緞通の数は大変少なく、一枚仕上げるのに1年くらいかかるそうです。

とうとう手に入れました!

March 31 [Fri], 2017, 9:55
2年前くらいに、友達との誕生会で美味しいモノを食べよう!と出掛けた赤穂。
予約の時間まで、待ち時間があったので、レストランの近くを散策した時に、たまたま入ったお店で、それはそれは素敵なラグ”赤穂緞通”なるモノを初めて目にしました。
(赤穂緞通については、次回に詳しく書きたいと思います。)その時に友達が素敵な古緞通を購入して、私も欲しいナ〜と思ったんですが、ナカナカ思い切る事が出来ませんでしたが、帰ってから赤穂緞通の事を色々と調べたりすればする程、益々心惹かれて、お店のF.B.などをずっとチェックしてました。
そのお店が、この春移転オープンの際に展示会をされる、との事で、思い切って赤穂まで行って来ました。
そして、この味わい深い念願の?古緞通を、とうとう手に入れました!2年越しの思いが叶いました〜。(と言っても、シミのお手入れなどをして貰って、実際に届くのは5月頃の予定なのですが、、、、)
網利剣(あみりけん)と言う伝統的な柄だそうです。
和・洋・中?など、どんな空間にもしっくりきそうで、届くのが、とっても待ち遠しいです♪

店舗工事

March 28 [Tue], 2017, 9:52
先月、工事させて頂いた店舗です。
服や靴、鞄にアクセサリーなど、見てるだけで楽しいセレクトショツプの改装工事をさせて頂きました。
真ん中の間仕切りを取って収納スペースを移設して、新たなディスプレイなどを作りました。
元のお店部分と違和感なく繋げるのに、苦労しました。
アクセサリーや小物などを飾るキッチンの様な収納が欲しい、とのご要望だったので、既製品のキッチン部材とシルバーのオーダーカウンターを合わせて家具に仕上げました。
奥の壁面には、燭台に見立てたフックを取付けて、帽子やバックなどのディスプレイにしました。
梅田のエスト、大学生の時に、よく行ってたので、すごく懐かしかったです。

タイムスリップ?!

March 25 [Sat], 2017, 16:56
2016年の12月からタイムスリップ?したみたい?で、ここは2017年の3月の神戸、、、??
(写真は、1月に倉敷に日帰りで行った時のものです!)
またまたブログを放置したままで、とっても久々の投稿になってしまいました。
3月になっても、まだ寒いネ〜って、会話が頻発していますが、たまに覗いて頂いてる皆さん、お元気でしょうか?
去年は、ほんと10年振り?くらいに現場の多い年で、有難い事に年明けてからも、その流れで、ず〜っとバタついてました、、、
2月に店舗の夜間工事をさせて頂いて、それが終わってから、気が抜けたのか本格的に風邪をひいてしまい、なんと治るまで3週間ほどかかってしまいました。
やはり体力の衰えを感じずにはいられません!
処理能力や集中力も以前より劣ってきている気もして、何となく弱気な感じですが、春も目前なので、気合いを入れ直して、体力強化に励んで、気力もアップさせていきたいと思います。
色々、書きたい事も溜まってるので、また少しずつ更新していければイイナと思っております。

冬休み

December 28 [Wed], 2016, 17:28
本当に一瞬で年末になりました。
ギリギリまで現場や打合せがありましたが、今日で仕事納めです。
明日12/29〜1/5まで一週間お休みを頂きます。今年もまた新しい素敵な出会いもあり、感謝の一年でした。
来年も気持ち新たに、一つ一つ丁寧に取組んで、多くの方に喜んで頂ける様、努力していきたいと思います。
お世話になった方々、現場を支えてくれる職人さん方、一年ありがとうございました。
2017年も、どうぞ宜しくお願い致します。
良い年をお迎えください。

merry chiristmas!

December 24 [Sat], 2016, 13:42
有難い事に、12月中も現場がずっと続いていて、ゆっくりデスクにつく時間がなくて、、、気が付けば今日は、もうクリスマスイブですね!
2016年も、終わりが近づいてきました。先月のレッスンで作ったクリスマスのアレンジです。
コルムナリスブラウカと言うヒノキ科の植物の枝を円錐形のベースに細いワイヤーで止めてツリー型を作り、そこにヒンメリ(himmeli)と呼ばれる、フィンランドの伝統的な装飾品である藁に糸を通し多面体を構成したモビールの飾りや、ドライの実などをつけました。
グリーンや枝や実、それに柊と、赤い円錐形のキャンドルを組み合わせて、周りにクリスマスっぽい飾りを置いて雰囲気を演出し、せめて気分だけでも?クリスマスを味わってます。
年末バタバタされてる方も多いと思いますが、風邪などひかない様に気をつけて、楽しいクリスマスをお過ごしください。
Merry X'mas!!

マリメッコ展

December 05 [Mon], 2016, 17:30
バタバタしていて、会期も迫っていたので行くのを諦めていた「マリメッコ展」ですが、急に少し時間が出来たのでギリギリ最終日に行って来ました。今や世界的なブランドになったフィンランドを代表するデザインハウス、マリメッコ。
名前を知らない方でも、この ≪ウニッコ≫(ケシの花)の図案デザインを目にした事はあるはずです。
マリメッコが生み出す布地の柄は、多くがフィンランドの伝統的なモチーフや自然に着想を得たもので、大胆でカラフル、抽象的なデザインです。
そうした柄の映えるシンプルなカッティングの服は高い人気で、その後製品は家庭用品やインテリアにまで展開され、世界中で絶大な人気を誇っています。
カップやお皿などのテーブルウェアが、とっても素敵で家に連れて帰りたくなりました。(笑)
同じ図柄でもカラーを変えると、全く別の魅力が出てくる、そのデザインの「力」には、いつも感服します。
design reform クラシスト
toki planning office
クラシストのホームページです。
デザインリフォーム
コーディネートのことetc...
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ
P R
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像toki
» マンションリフォーム3 (2015年05月02日)
アイコン画像またたびねこ
» マンションリフォーム3 (2015年05月01日)
アイコン画像toki
» 中古住宅リノベーションでかなえる (2014年01月07日)
アイコン画像またたびねこ
» 中古住宅リノベーションでかなえる (2013年12月30日)
アイコン画像tpo-design
» トイレの手洗い (2013年05月23日)
アイコン画像またたびねこ
» トイレの手洗い (2013年05月23日)
アイコン画像toki
» ショールーム完成2 (2013年03月04日)
アイコン画像MIHO
» ショールーム完成2 (2013年03月02日)
アイコン画像tpo-design
» 黒板ペンキ2 (2013年02月07日)
アイコン画像sunsunsun
» 黒板ペンキ2 (2013年02月06日)