小倉博和が岡本

May 09 [Mon], 2016, 10:05
おとなに陥るということは、税金を払うように成る、ということですよね。
成人した瞬間から、自身には凄い値段の税金がのしかかってしまう。
原住民租税、市民年金、人前保険などの保険系の値段……。
洗い浚い支払うことが出来ないティーンエージャーも増えています。
支払租税だってボケにはなりません。
鮮やか売り物に税金を頼るようにシフトしてほしいと思いますが、現実は常にミリオネアにやさしく、貧乏人やベテランカテゴリーに激しい品。
このままでは国が疲弊してしまうよね。
税金の猶予が出来るのも、所詮20料金の時分まで。
それまでに基盤を敢然と固めておかないと、代価はいつも飛ぶように消え去ってしまう。
貯金があっても、市民年金や原住民租税の滞納が有れば差し止めを喰らいます。
たとえ地面を持っていたとしても確定資源租税がなかなかかかりますし、自動車租税もいずれグングン高騰やるという予測だ。
このままでは税金で疲弊してしまうね。
代価を切り捨て税金に回しても、結局は政治我が家の懐に入ってしまったり、不本意なやり方をされてしまったりも決める。
実質、支払った税金の恩恵を受けるためには、パブリック作業場を惜しげもなく使用したり、自分からも進み出すしかないようですね。
代価さえ有れば、ますます各国が幸せになるのですがねえ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リカ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tpimpwrsoiases/index1_0.rdf