面白かった山手線全線めぐりのミニトリップ。

February 17 [Fri], 2012, 19:27
JRの山手線に乗車することは結構ありますが、乗車区間はさほど長くないことがほとんどです。
今回、武蔵野台地の流れと、その高低差、震災や大津波などへ興味から、東京都心部を一巡りする約1時間の山手線全線を初めて乗車してみました。
確かに、武蔵野台地の東端部に相当する、山手線内の東京都心は、台地とそこを縫うようにを流れるいくつかの河川石粋苣A千川、嵩c川、玉川上水、渋谷川、目黒川などによってできた谷あい部渋谷、鶯谷などが交互に現れ、大変変化に富んだ地形であることが実感できます。
そして南東に低く開け、北西方向に高く、方向今では、両側の街並みは高いビルや、駅沿いは、広告ばかりがやけに目立つ高いフェンスに閉ざされ、まるで、ジェットコースターか、メリーゴーランドのような、錯覚を覚えます。
以前は、もう少し、見晴らしがよかった沿線も山の手谷間線のような状況だと思いました。
また、この都心部に大震災が発生した時には、想定以上の未曽有の被害が起こると感じ改めて、恐ろしさを実感も致しました。
そして、東京駅や、新宿駅そして、三鷹駅などのエキナカショップなどで一日、大変有意義な一日を過ごすことができました。
山手線中央線の電車の移動時間も単に移動時間とするのではなく、駅や車内の時間omankoをこういった、観唐ナ愉しむと全く違った新しいものを見ることができました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tp2cb4rlja
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tp2cb4rlja/index1_0.rdf