父の71才の誕生日

April 26 [Thu], 2018, 23:51
ソーイングネタではないけど。

自分の記録として。














父が先日誕生日を迎えた。
71才。まだまだ若い。

だけど父は認知症。
結構悪い。

診断を受けたのは68才の時。
でもそれ以前。。。
二年くらい前、いやもっと前から
なにか違和感を感じていた。

まだ仕事に通ってた頃
車の事故を起こしたときの
父の態度?対応が?いうか感じ。
こんな人だったかなぁ?って感じ。
これからちょこちょこぶつけるように。

その前から酒ですぐに酔うように。
人に怒ったりするようになった。
年のせいかなーと思ってたけど。

それから段々と??ってことが多くなった。

ある日ふらっと車で出かけて
母はどこに行ってるか知らないと。

で、どこかで相手の車とカスったらしく、
修理代の請求が自宅にあったと。
それを母は内緒で処理してた。

ある日母を見て私の妹に
あの人誰??みたいなことを言ってた。

車のスライドドアの開閉の仕方があいまい。
シートベルトの金具の差し方があいまい。
携帯によく用事がないのに
電話がかかってきていた。
よくむせる。喉に違和感を訴える。
便秘になり排便に対するこだわりが
強くなった。強迫的なくらい。
靴を片足づつ違う靴履いたり。

なかなか病院に行こうとは言えなかった。
毎回実家に行くたびに言おうとするのだけど。なんか言えなかった。

でもこのままではいけないと。
ここまで一年。
妹と話し合い、母に言うことに。

母はわかってたようで
でももうこのままでいいと。
私が面倒みるから病院とかはいいと。

泣きながらおねがいして
病院に。

いろんな検査して結果は
アルツハイマー型認知症。
結構悪いと。
それと一緒にバセドー病も見つかった。
そのときの父の体重は46キロ!
なぜ母は早く気付いてくれなかったのか。

そこから治療。
認知症を遅らせる薬も処方してもらった。

今年の夏に急に全く何もできなくなり
主治医に紹介してもらい救急で大病院へ。
バセドー病の悪化が原因。
どうもクスリを飲みこんでなかったらしい。

で、2ヶ月近く入院。
点滴治療。ミキサー食。
寝たきりで拘束されて紙おむつ。
ボーッとしてるだけで反応なし、

入院っていうのは
ほんとに体の機能を奪うものだなと。

ある日昼ご飯を食べさせようと
行ったら怒って叩かれたこともあった。
泣いたよね。
リハビリしてなんとか歩けるように。

この頃介護認定を受ける。
なんと介護度5!!

自宅にもどると
入院前くらいの生活が
なんとか出来るように。
あとメマリーの服用が
父には合ったみたいで
顔の表情が少し良くなった。

落ち着いてから
デイサービスに通うように。
今は週二回。
あとトイレの手すりと
段差の解消の改装をした。



最近は足の筋力が低下したのか
なかなか長いこと歩けない。
買い物連れてくと
最後の方はヨレヨレ…。

歯の治療も始めて
悪い歯は抜歯して入れ歯を作る準備中。

話も何話してるのかちんぷんかんぷんなんだけど
たまにマトモな話したりしてる。

なーんかこの辺は田舎やな〜とか
お母さんに怒られてばっかや〜とか。
なんで俺こんな風になってまったんやろうな?とか。

トイレも介助が必要。

でも父は父。
もともと怒ったり感情的になるような人ではなく優しい父。
私は子供の頃から怒られたことはない。
大好きな父。

認知症にならなければ…なんて
思ってもどうしよもないので
今の状態を長ーく保てるといいいな、と思う。

いずれは施設に入ることになるだろうけど
できるだけ後に後に。
自宅で長くのんびり過ごせたらなと思う。

そのうちに特効薬とか出来ないかな〜。

記録でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hana
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Yapme!一覧