【 更新情報 】

スポンサード リンク

女性におススメtoyotaパッソ

パッソと言えば「パッソぷちぷちプチトヨタ パッソできたパッソ」
というキャッチフレーズがCMでも有名です。
加藤ローサさんとあき竹城(あき たけじょう)さんのやりとりも楽しいこのCM。
CMと商品がうまくマッチして頭に残る、さすがtoyotaはすばらしいとしか言いようがないですね。
女性をターゲットに、小回り抜群、どんな狭い道もスイスイ走る小さなボディ。
それでいて走りはパワフルで、さらには燃費もいいトヨタ車ですが、
エアコンには除菌イオン付のものがあったりと、女性なら嬉しいところ。
街中をアクティブに動き回るのに向いているくるまと言えそうです。
小さくたって、きっと誰かに自慢したくなる、トヨタのコンセプト通り、
小さいとはいえ、後部座席に大人2人座っても余裕がある広々さですので、
友達を誘って、バーゲンでたくさんの買い物をしても安心です。
パッソはtoyotaネッツではなく、カローラ店での取り扱いですが、10色ものカラーバリエーション
色選びだけでも時間がかかってしまいそうですよね。

ゆずと綾瀬はるかのCMでおなじみのラクティス

toyotaのCMで「抱きしめたい、この胸に あふれるほどのメモリーズ…」
と、ゆずのさわやかな歌と綾瀬はるかさんのウクレレ姿がまぶしいコマーシャルがありますが、
ここで登場するのはトヨタのラクティスという車です。
乗る人みんなに気持ちのいい車であるようにと「みんなの爽快コンパクト」というコンセプトになっていて、
このCMでもその楽しさ、爽快さは伝わってきます。
全8色のカラーバリエーションがあり、さすがトヨタ、どれもいい色です。
初心者でも運転しやすいようにとtoyotaのラクティスは小回りが利いたり、
開放感あふれるパノラマルーフつきのLパノラマパッケージというタイプも選べたり。
中は広々として、後部座席を倒せば大きな荷物も積み込めるようになっているところも、
トヨタの嬉しいサービスです。
ちなみにこのtoyotaラクティスのCMは北海道で撮影されています。
海岸沿いのどこまでも続いていきそうな一本道の気持ちよさそうなドライブ。
爽快な青空の下もとても似合っていますよね。
このラクティスは、トヨタネッツ店ではなく、カローラ店に取り揃えてあります。

bBとmihimaruGTのコラボレーション

toyotaネッツ店に行くと、若者に人気があるbBという車があります。
初心者でも運転しやすいうえに、外観もおしゃれなこのbBは街中でもよく見かけます。
このトヨタのbBとmihimaruGTがスペシャルコラボしています。
「乗れば、ノレル。」そんなコンセプトのもと、自分だけのテーマ・ミュージックで
bBを走らせよう!エアロ、音、光、リラックスを徹底的に追求したbB。
ソファでくつろぐように、街を走る、時間を楽しむマイルドbB。
音楽に乗せて、体も心も揺さぶる、ラウンジのようなリラックス空間のワイルドbB。
トヨタならではの乗り心地に加えて、車内でのリラックスをとことん追及しています。
クールな10色は、どれも悩んでしまうほどのいい色です。
パール系、メタリック系はtoyotaでも人気がある色。
5人乗りで価格は137万円〜187万円、toyotaの残価設定型プランをうまく利用すれば3年ごとに色違いで乗ることもできちゃいますね。
bBはtoyotaネッツ店に取り揃えてあります。
近くを通ったときには、その鮮やかな色とカッコいいボディを見てみてくださいね。

toyotaネッツの残価設定型プラン

toyotaネッツで車を購入する場合、その購入方法に残価設定型プランというのがあります。
この、残価設定型プランとは、あらかじめ3年後の価格(3年後の下取り価格)を据え置いて、
残りの金額を分割払いで支払っていくというプランです。
たとえば、150万円の車を買うとして、3年後の価格を75万円に据え置きます。
そうすると残りの75万円を3年(36ヶ月)で払っていくということになるのですね。
そして、据え置いていた75万円は3年後に車を返却することで一括払いするという形になるのです。
実際には、金利や消費税、頭金などが必要となってくるのでプラスαとなったり、他にも
規定があるようですが、だいたいのイメージとしてはつかめるのではないでしょうか?
そして、支払い最終回には
【1】同じ販売店で新しいtoyotaの車に乗り換え
【2】車を返却
【3】車をそのまま乗る(一括清算もしくは再クレジット)
3種類の中から選ぶことができます。
「toyota3年ぶんください」というのはそういうことなのです。

toyotaネッツとは販売店のことです

ネッツトヨタやトヨタカローラを知っている人は多いはず。
コマーシャルでも目にする機会がよくありますよね。
でも、これらの違いを知っていましたか?
同じtoyotaの車を販売しているのに神奈川トヨタ、横浜トヨペット、トヨタカローラ神奈川、
ネッツトヨタ横浜、ネッツトヨタ神奈川・・・などいろいろあります。
これらの店舗の違いはどこにあるのでしょうか。
それは、取り扱っている車、対象とする客層が違うようです。
トヨタ店ではtoyotaの車の中でも高級車を中心に販売(エスティマ、クラウンなど)
カローラ店は大衆車中心(カローラなど)
トヨペット店は高級車と大衆車
ネッツ店は若者向けの車(bB、VITZなど)を扱っているようです。
同じtoyotaでも、実にいろいろな車があります。
とはいえ、若者向けのネッツ店で高級車が買えないという事はありません。
でも、車は大きな買い物です。パンフレットや店員の話は参考程度。
実際の車を見てみないことには決断できません。
ですので、このことを知っていると、車の購入を考えたときに、
どこの販売店に行ったらいいのかがなんとなくでもつかめるのではないでしょうか。