トヨタの派遣社員について

February 03 [Tue], 2009, 15:40
この数ヶ月の間に米国の金融危機の影響は世界中に広まってしまいました。
自動車は車種に関係なく販売が減少しているのも事実です。

あの日産自動車でさえも11月から減産に入っています。
これに伴って、派遣社員約400人との契約も解除してしまいました。

そして、不況に強いといわれている小型乗用車を製造する
ダイハツでさえも平成20年度の生産台数の予想を、計画していた台数から
1万台減らして32万台に下方修正したそうです。

このように、世界の景気が好転しない限り、
自動車産業は復調しないといえるのではないでしょうか。

トヨタの九州にある工場では、この不景気を
どう乗り越えるか考えた結果、生産車種を変更して、
低燃費車やハイブリッド車の生産で巻き返しを図るために、
ラインを改造しているといいます。

トヨタは、自動車産業の中では売り上げがトップですから、
かなりの派遣社員を雇用していると思います。

今のところ、他の自動車メーカーのように
派遣契約を打ち切るといった発表はありませんが、
この先この状態が続くと天下のトヨタもどうなってしまうかわかりません。

日本の景気を救ってくれるような自動車を製造してもらいたいものです。
P R
カテゴリアーカイブ