要領の問題

June 27 [Fri], 2014, 21:47
残業をすると頑張っている人に見られる、と思っていたのですが、
実はそういうわけではないということが最近わかってきました。

残業をしていると傍から見たら仕事熱心のように感じられますが、
それは逆に残業をしないと仕事が終わらないという目で見られることもあります。
つまり要領が悪い、普段の仕事に手を抜いていると思われてしまうこともあるのだそうです。
もちろん、就業時間ギリギリになって上司からこれをやっておいてくれと言われた残業だったら、
そのように思われないかもしれません。
しかし、上司に何も指示されていないのに残業するというのは、
実は避けたほうが良いのだそうです。

しかし、やはり部下からして見たら上司が帰ってくれないと帰りにくいというのもあります。
なので、何をするでもなく残業をしてしまうというケースもあります。
なので上司はそういう部下の気持ちをくみ取ってあげることも必要になります。
上司の人は特に仕事がなかったらすぐに帰宅するようにしてあげることが一番の理想なのだそうです。

しかしまだまだこういった現状はどこにもある状況です。
仕事をしている人の残業が少しでも減るように、
会社全体で取り組むべき問題になってきているのかなと思いました。

http://www.ramseducation.org/

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:toyonotsu
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/toyonotsu/index1_0.rdf