満月の日の翌日に。
2011.11.14 [Mon] 16:43

ゾロ目の日だった11.11が終わった深夜、陣痛がきて朝方に三人目が生まれた。
GBSが(+)で、点滴で抗生剤の血中濃度をあげてから出産に臨まなくてはならなかったため、病院に早めに行った。
横になっておとなしくしていたからか、赤ちゃんなかなか降りてこず、結局5時間かかった(´Д` )
ふたりめが楽勝だったから、甘くみてた…_| ̄|○
オトコのコはなかなか手ごわいね。
オンナのコみたいにつるんとはいかないね。
そういやひとりめもしんどかったなあ…_| ̄|○
ま、心配したGBSも大丈夫だったし、とにかくよかった。
またしばらく、乳奴隷な日々を送ります。

 

(無題)
2011.08.21 [Sun] 21:13

僕を 不自由だとおもうほど
あなたは自由ですか?
僕を 大変だとおもうほど
あなたは楽ですか?
僕を 不幸だとおもうほど
あなたは幸せですか?

はじめて逢ったのに
いじわるなことばかり聞いて
ごめんなさい
僕はきっと あなたとおなじくらい
自分と遊んだり
自分と闘っています


 

ぴーちぴち☆
2011.08.03 [Wed] 08:19

来たぜえ☆
毎年この時期に我が盟友からおくられてくる絶品清水白桃☆
エースばっかですよ。
15エースいらっしゃるのですよ。
まだちと青いが皮をむいて食べてみると
そこそこの歯応えがなんともいいかんじで、ちゃんと甘い!!
やはり名産地だな。
素晴らしき岡山倉敷。
秋にはこちらの実りをお届けいたします。
ありがとん。


 

ばあちゃん誕生日。
2011.07.19 [Tue] 20:39

エスコヤマの白桃のクリームパイでお祝い☆
うまっ。
 

さくらんぼ?
2011.07.17 [Sun] 13:00

またまたさくらんぼ。
今回も山形のだが…残念だが傷む直前…。
しかし甘い〜。
次は桃だな。

 

さくらんぼ。
2011.07.10 [Sun] 11:01

先週は軽井沢からお越しいただきましたが、昨日は山形からいらっしゃいました〜☆
今日で1歳8ヵ月になるチビtoyoは大好きでばくばく食べる。
ただ2割くらい種も食べてる。
4歳2ヵ月のこうきちさんは「みかん」と言って食べず。
なぜ…
 

(無題)
2011.07.04 [Mon] 17:28

先週がんばったからかと思うほどにタイミングよく
ごほうびみたいな言葉を今日もらった。

またこれでしばらく頑張ります。

ふと、思い出したことば。
「口は、ヒトのよいところを言うためにある。
目は、ヒトのよいところを見るためにある。
耳は、ヒトの話を聞くためにある。」
フロムうちの母。



 

(無題)
2011.07.02 [Sat] 08:15

自分がいくら崇高な理想を描き掲げて
それに向かって日々楽しみ邁進していても
驚くほど下卑たことに気をとられ
手枷足枷になることが
まだたまに
ある。


そんな卑しく下品なことに
わたしはまだつまずくのかと
ひさしぶりにたいそう自分がいやになった。

日々描き努力していた、あのきらきらしたものは
架空だったのかと
やはり自分はうすっぺらなハリボテなのかと
たいそう悲しく残念におもう。

今回の着地点はしばらく決めれそうにない。
はらくくらんと。


 

へばり気味☆2011春
2011.04.22 [Fri] 13:50

先日夕食に作った豚挽き肉とキャベツのあまずっば丼。
息子とオットに特に大好評で息子は3杯おかわり。
オットにいたってはおかわりプラス「明日の朝食べるから」と残りにリザーブを入れる念の入れよう。
3世代同居で、もともとしゃべらない性格に加えてしゃべらない環境ななか、
とても貴重なオットの発言であった。
うれし。

3人目を授かったり、じいちゃんがなくなったり、
体調がぐだぐだだったり、気ぜわしい2011春。

長男が誕生して1年以内に母方のじいちゃんが亡くなった。
長女が誕生して1年以内に母方のばあちゃんが亡くなった。
3人目も、そんな感じ。
亡くなる人と生まれる人、性別が一緒だったことに今日気づく。
もしかすると、3人目はオトコかも。
つわりが長女んときよりひどいし。
(いやただの加齢か)

そんなわけでよもや3人のかあちゃんになるとは想像だにしなかったtoyobow、
今年11月に3人のかあちゃんになる予定です。

 

泣きすぎて結膜炎
2011.04.07 [Thu] 09:42

もうひとりの最愛のじいちゃんが亡くなりました。

本人も、家族も、自宅で過ごすことを一生懸命頑張った。

特に教鞭に立つ不器用な性格の父には、修行のように感じるときもあっただろう。

最期は、不本意ながらも病院だったけれど。

ばあちゃんと両親と私で看取ることができて、しあわせです。

いっしょに暮らしていた家族を亡くすのははじめてで。

こんなに寂しいものなのかと驚いています。

涙が止まりません。

偉大すぎるその存在を、私の内外で痛感する日々です。

葬儀での弔問客の多さ。

式場に入りきらず、ロビーにもたくさんの人で溢れていました。

学校教育、人権擁護、高齢福祉、ボランティア。

様々な長を歴任し。

終には叙勲まで受章したじいちゃん。

じいちゃんの孫という名に恥じぬよう、前向きに生きねばと思いはふくらむばかり。


じいちゃん、長く充実した人生、お疲れさまでした。