忍ツアーレポvor.4-草津-

October 09 [Sat], 2010, 17:31
さて、忍びツアーもこの日で4日目。いよいよ最終日でございます。

■忍術村



まずは電車で甲賀へ向かいます。
甲賀は歴史上、忍者の隠れ里があったとされる土地。
さすがというか、なんというか、駅を出た途端に忍者にお出迎えされました。



しかしこの忍者、全くもって忍べていません。

駅の床も手裏剣柄。さりげなくて可愛い。



ほかにも、忍者のトリックアートが沢山あったりと、駅に着いた瞬間から忍者大プッシュです。

忍術村へは無料の送迎バスがあるということで、駅まで迎えにきてもらいました。

忍術村内には、からくり忍者屋敷やら手裏剣道場やら資料館やら、そのほかにも色々あります。
ちなみに、忍び装束貸し出しもやってます。大人も着れます。笑
や…、さすがの私たちでも、それは着てないですよ?w
あと、村内はそこまで広くないです。2時間もあれば十分な広さ。
車で来た家族連れが多くて、わざわざこれだけの為に電車(1時間に1本)に乗って来た女子2人は少々浮いていました。

まず最初に資料館に入ります。
子供が「しゅりけん!しゅりけんがあるよ!」とはしゃぐ隣で、「飛び梯子!飢渇丸!火薬壺!サチコまで!ハァハァハァ」てなってる女子2人。
説明も隅々まで読むし、撮影可に甘えて撮影しまくったため、小さな資料館から出るまでに相当の時間がかかりました。
最低でも3組のグループは見送った、と思う。笑

火縄。虎ちゃんが目を輝かせていそう。



飢渇丸。画像荒いです。バランスフードのお殿様!作るのに3年かかると噂のあれがこんなところに…



色んな手裏剣たち



まきびしは意外と大きかったです



鉤縄



色んな梯子たち



サチコは撮ったのにちゃんと保存できてなかった…orz 無念。。


外に出て、少し登った場所には、佐助の碑がありました。



佐助は空想上の人らしいけど…

この近くには大黒天が祭られている神社もあります。
その昔誰に知られることもなく、死んでいった忍者たちが祀られているそうな。

お参りを済ませた後はからくり忍者屋敷へ。
外観はこんな感じ。本当に普通の日本家屋。



しかしやはり、「建物に入った途端落とし穴」ってゆうのは、からくり屋敷の常識でした^w^
他にも、どんでん返しやら開かずの扉やら、落乱とか関係なしに普通にはしゃいでしまいました。笑

カラクリ屋敷の外にある井戸。井戸の下は抜け道らしい。



降りてみようかと思ったら、案外梯子が不安定だったので写真だけでも。



その後、手裏剣道場を覗いてみたり(受付のおっちゃんが虫よけ貸してくれた。おっちゃんは本当に皆やさしいな/////)、薬草園(という名の、好き勝手に草が生えまくった場所)を覗いてみたりした後、甲賀の駅までまたバスで送って貰いました。




■甲南
甲南には忍者屋敷があります。これも行きたかったんですが、時間的にキツイので今回はパスして…
なぜ甲南に寄ったかというと、忍/た/まスタンプラリー(not自作)のスタンプ設置場所だからです!
ただ、その為に降りたはいいけれど、次の電車はまた1時間後。周囲に暇を潰せるような場所もなく、時間をもてあましてしまいます。
結果、忍者屋敷の外観だけでも見てこよう、という事に。
しかしこの選択は、予想以上に過酷だったのです。

まず、ツアー1日目から続く、殺人的なまでの猛暑。周囲に高い建物などなく、日陰などほとんどありません。そして、駅前の曖昧な地図だけが頼りの、どのくらい歩けば着くのかも分からない状態。
ここで、しなおの機嫌がツアー中最悪になる。
だって暑いし…焼けるし…まじで甲南なにも無さ過ぎて死ね!!!と思った。
「死ねばいいのに…いやいっそ死にたい…暑い…死にたい…」こんな事を言いながらひたすら歩いていたように感じます。
いやでもあの暑さと言ったらだね、、私は鉄板の上にいる肉の気持ちがわかった気がしたよ、、、
…というか、あの時はまじでうにさんゴメンゴ

結局、時間も間に合わず、忍者屋敷にたどり着く前に引き返すという、なんとも踏んだり蹴ったりな感じ。

唯一、途中で和菓子屋さんを見つけられたのが良かったことかな。
忍者の巻物の形の最中が凄く可愛かったんです。 買ってないけど、ね。(代わりにアイスキャンディ買った)

でもま、甲南死ねとか言っといてなんですが、忍者屋敷にはまた別の機会にでも行きたい!
その時に、甲南とは歩み寄れたらいいなぁと思います。

余談。
駅でスタンプを押すうにさんに、駅員のおっちゃんが「それ、今日で最終日なんですよ〜」と声をかける。
うに「そうなんですか〜っ 結構人来ました?」
うにさんは、しらばっくれるのが上手です。



■草津



残りのスタンプは全て、草津にあります。それと、当日知ったことですが、キーワードラリーもありました。草津宿街道交流館では、忍/た/まの特別展示もやっていて、これらは全部この日が最終日!

まずは最初のスタンプ。草津駅の改札のすぐ横にあります。
ポケモンスタンプが側にあって、子供が群がっています。もの凄く、入り辛いです。
2往復ほど周辺をうろうろ。横目でスタンプ台をちらちら。
スタンプを押すためだけなのに、かなりの精神力が必要でした。

次はうばがもちやエルティー店。駅チカの和菓子屋。
なぜこんな所にスタンプ台設置した、草津市教育委員会。
店内は自分たち以外に客いないので、店員の目が痛い気がします。
さして興味もないのに商品を物色し、さもスタンプ目当てで来たんじゃないですよ〜〜というようなアピール。そしてスタンプ台へ。
試食もしましたよ。うばがもち、美味しかったです。

史跡草津宿本陣
中は結構広くて、真面目に見たら結構楽しかったんじゃないかなと思います。
でも私たちにはそれが出来なかった。
なぜなら、隠された文字を探さなければならなかったから・・!
このキーワードラリーは、隠された文字を見つけていって、最後に2種類のキーワードを完成させる、というものです。
ここには6個の文字が隠されていたそうですが、その隠し方がなんとも巧妙で。
一応子供向けなハズなのに、「普通そんな場所に隠しますかね!?」ってトコに隠されてたりする。
結局、4個見つけた段階でうにさんがキーワードを1つ完成させ(後から聞いたら、他の人のをカンニングしたらしい笑)、もう2個の文字は放置して、後は汚ない大人の知恵に頼る事に。
文字はあと5個、草津宿街道交流館とそこに行くまでの道に隠されているそうです!

くさつ夢本陣
公民館みたいなトコ。
近所の子供のたまり場になっていて、えらく和みました。
スタンプを押していると、おばちゃんがお茶を勧めてくれたのでちょっと一服。
ラジオの放送局もあって、ローカルラジオ生放送中でした。

草津宿街道交流館
最後の目的地です。
忍たまの設定画やらセル画やらの展示があって、もう涎もの。
でも、まずはキーワードとスタンプ!
無事、2つ目のキーワードも完成させ、受付へ。
景品はシールでした。



受付のお姉さん「これ、色がレアでしょう?」
この人、オタク心をくすぐる術を知っています。
でも、色云々を抜きにしてもすごい可愛い^q^

スタンプラリーの景品はこんな感じ。
塗り絵としおりと忍術屋敷入場100円割引券。



なんか意外と・・・ry

景品もゲットできたし、あとは展示をゆっくり見るだけ!
撮影可に甘えて、バシバシ撮りましたよ!
一部載せておきます。

セル画。この2人可愛すぎ。



セル画その2



なぜかある、6年生との記念撮影スペース。



展示終了時間まで粘り、帰ろうとすると、さっきの受付のお姉さんからプレゼントが。

「今日で終わりなんで、これプレゼントです〜^^」

折り紙で作った手裏剣でした^∀^
頭の中に夢色が流れた。笑
最後に素敵なプレゼント、ありがとうございました!



■その後。時間つぶし。
交流館は5時で閉まりますが、夜行バスは11時発車。
その後の出来事を少しだけ。箇条書きで。

・商店街に飾ってある忍/た/ま企画展のフラッグが目に入る。片付けの時に頼めば譲ってもらえるかも、という話をする。
・蕎麦屋に入る。京都で食べ損ねたにしんそば。ぷまい。
・商店街に戻ってぷらぷら。片付ける気配は微塵も感じられない。
・業を煮やして市役所に乗り込む。「あれ、譲ってもらえたりしませんか?」
・「商店街が管理してるから、よく分からないんだ〜」 結局断念。



■あとがき
とってもとっても長くなってしまいました。忍ツアーレポ。
でも、これでも削った方です。頑張りました。
大学4年の夏休みの旅行がこんなネタ旅行だなんて、人には言えません。
でもある意味、とっても私たちらしいです。何より楽しかったし。これでいいんです。
このレポは、誰かに見せるためというよりは、自分のために書いた、という感じですが、ここまで読んでくれたなら感謝感謝。お付き合いいただき、ありがとうございました!

忍ツアーレポvor.3-京都-

October 06 [Wed], 2010, 10:29
さてさて3日目は京都です。
この日はツアー中で唯一、忍関連以外の普通の観光もする予定。
行きたいところが沢山あったので、朝は早いよ!

――――寝坊した―――――orz

えっと…起きたのが…何時だったかな?9時?

京都に来た途端、いきなりダメダメな2人…
最初は宇治に行く予定でしたが、予定変更してまずは伏見稲荷へ。
ちなみに朝ご飯は、2人とも前日に買ったまいんちゃんパンとおにぎりです。



■伏見稲荷大社



まずは全国の稲荷神社の総本山、伏見稲荷大社!
お狐様!双忍!双忍!^^p^^!

伏見稲荷駅。駅からすでに雰囲気満点です。さすが京都。



有名な千本鳥居



ここを抜けると奥社に着きます。
恐らく、ほとんどの人はここまで来てお守りを買ってから帰るんでしょうけど、折角だし、ということでその先にも行ってみることに。
ここから先は山登りです。意外とキツイです。こーゆう事をノリだけで決めてしまうのは、なおうにの悪いところでもあり、良いところでもある、と自負しております。

途中にいた猫



高いところから、下等な人間共を見下している、麗しい猫様でございます。
「また馬鹿な人間が来たみゃ〜〜っ」
こいつ、いつか猫又になるんじゃないかな〜

この先の売店横でも猫様発見



勝手にアフレコする下等な人間2人。
インタビュアー(vo.しなお) 猫様(vo.うに)
つか…普通に笑ってるわ自分…

更に登ったところにあった売店でかき氷で一服。
宇治抹茶のかき氷です。
これが!すっごい美味しかった!!!
疲れてたから云々とかじゃなくて、これは本当に美味しかった。
この夏食べたかき氷の中で1番だったわ…

手洗場が可愛い



ここからまた少し歩くと、参道の一番上に着きます。
そこが丁度、技術の神様を祭ったところだったので、しっかりお参りしてきました!

この辺りは、本当に周りがTHE☆山って感じです。
ツアー1日目、七松のおっちゃんに「伏見稲荷にも行きます」と言ったら、「あの辺は山が多いからね、ガサッて音がしたらきっといるよ〜〜近くで遊んでるんだよ〜〜^^^」
とか言ってくれまして。そのせいもあって妄想が広がります。
まぁ…おっちゃんに言われなくても妄想は…してたと思うけどね……w
妄想してるうちに、私たちの中で双忍が狐の化身みたいな扱いになっていっていた記憶が。笑

帰り道、なんだか疲れでテンションがおかしくなって歌いだすしなお。



いやだって…ここちょっと裏々山っぽいじゃん…?w
(でも歌詞間違ってることに気付いた)

この後、続きをノリノリで歌ってたら(台詞付き)、石段で転んで足首を痛めました。
ここで痛めたトコ、地味に痛みが後引きまして…これはきっと、双忍の本拠地(妄想)で6年の歌なんて歌ったから、雷蔵さまが怒ったんだろうな!ということにしておきます。

ここからすぐに、行きに氷を食べた売店で休憩。
ひやしあめも大変美味でした^q^

下山後、奥社でお守りを買いました。



お狐様可愛いよ〜〜!
縁結びじゃない方も、模様がすごくお狐様っぽくて可愛すぎる。可愛すぎる。

最後は本社のほうに参拝しました。なんか順序おかしいけど…

外の売店でお稲荷さんを食べる。お狐様!お狐様!



お土産の狐面。ちゃんと2匹分です。双忍だもんね!








■NINJYA KYOTO



伏見稲荷の後は自主神社に行く予定でした。
しかし、それは実現しませんでした…  迷った ^q^
前日までは、「完っ璧だ!」が口癖になるほど本当に完っ璧だった私たちですが、忍が関わらない部分ではダメダメらしいです。

NINJYA KYOTO は、忍者の隠れ里がコンセプトのレストランです。
ここは京都では絶対行きたいお店だったので、かなり前から予約も取っていて、まさに完っ璧です。
予約の時間まで、都路里でパフェを食べたり、八坂神社でお参りしたり、よーじやに行ったり、しばし真っ当な京都観光をします。
そして、丁度いい頃合いを見て、NINJYA KYOTO に向かいます。着いたのは予約の時間ぴったり。
本当に、しつこいようですが、完っ璧です。

入ると早速、忍者が出迎えてくれます。
どうやら私たちは姫という設定らしい。
凄い美声の忍者に護衛されながら、隠れ里(という名の個室)へ向かいます。
姫扱いは、結構良い気分です。笑
本気で、護衛の忍者がつかなければ100%迷う、ってくらいセットが作りこまれていて、想像以上でした。

個室に着くと、担当のくの一(確か名前はずきんちゃん)が色々説明してくれます。
「〜〜してくださいませよ」とか「〜〜でございませよ」に激しく興奮する2人。
姫相手なので、言葉尻が柔らかなのでしょうか…!?
仙さまあたりが、こーゆーのサラッと言うのもいいですが、文次郎が護衛の姫相手に「お気を付けくださいませよ」とか言ってたら激しく萌える。いっそハゲる。

早速注文。いかんせん暗いので、画像の粗さにはご勘弁を。

オリジナルカクテル。手前が 闘 で奥が 兵 です。



カクテルは、臨兵闘者界仁烈在前 全部あります。
最初はこれ全制覇する予定でしたが、料理も美味しくて、それがまた日本酒に凄いあう感じだったので、次から早々に日本酒に切り替えました。
基本、酒飲みです。

お通し。手裏剣型ですごい可愛い。



京都だし、豆腐は欠かせないでしょ!ということで、オマール海老のナンチャラ豆腐とやらを頼みます。
料理が出され説明をされた時、ひどく驚愕しました。
「こちら、オマール海老の…を取り出し…したもので、豆腐のようにみえますが、こちら、豆腐ではございません」

・・・・・(・ω・)・・・・・・・

トウフジャナイ・・・・・・?

・・・・・・^q^・・・・・・・・

あの時の感覚は今でも覚えています。
まるで、久々知が乗り移ったかってくらいのショックと、「豆腐ではない」ことにショックを受ける久々知を想像して萌える気持ちが、同時に沸き起こった、って感じです。

また、料理によっては、忍者が直々にテーブルで忍術を披露してくれることもあります。
これがその内の1つ、焼き石鍋(残念ながら、もうすでに器によそってある状態)



アツアツに焼いた石を鍋に入れ、その熱で中を沸騰させて作る鍋です。
そう、某巻で三郎が作っていたあれです!!!
エスニック風に味付けされてて、大変美味です。
というか、基本ここの料理は美味しいです。(高いけど)

お腹も満たされたところで。
実はここの店、まだお楽しみが残っています。

店内に忍者迷宮なるものがあるのであーーる!
しかも300円程度で入場できて、大変リーズナブルです。
ライトを渡され、暗い迷宮内で指定の文字を探していく、という感じです。
途中いきなり忍者が現れたりと、かなりドキドキします。(まじでドコに潜んでたの!?ってくらい、いきなり現れる)

結果次第では忍者からご褒美が貰えるそうですが、結果は2人とも惨敗でした。
なんかもう凄い悔しいし、料理も美味しいから京都来た時にはまた来たいお店です!

最後にくの一ちゃんがお見送りしてくれました。



こーゆうサービス、ホントたまらん…っキュン


――――――――――――――――――――――――――

京都の日程はこれにて終了!
この日のお宿はここです。



カプセルホテルなのに別に安くない、THE☆デザインなホテル。
とっても近未来な雰囲気です。デザイン好きな人にはおススメ。


次回は最終日!甲賀・草津編!

ちょいと休憩

September 14 [Tue], 2010, 2:19
ツアーレポの文章はほぼ書き終わっていますが、写真がアップできないのでしばしお待ちを。
10/2まではトルコに行っているので、帰国してから仕上げようと思います〜〜!

忍ツアーレポvor.2-尼崎2日目-

September 11 [Sat], 2010, 23:24
尼崎2日目です。2日目はバスと電車をフル活用しました。それぞれが結構離れてるので、徒歩より乗り物での移動がオススメ。


■中在家緑地



まずは、前日回りきれなかった中在家緑地からです。
竹谷から歩くこと20分ほど。容赦なく降り注ぐ日差しの中、荷物をガラガラ引きながら歩くのは本当に大変だった・・!

緑地というより、普通の公園って感じ。



中在家というだけで、やんちゃしてるのが小平太に見えてくる不思議







■尾浜・久々知
次なる目的地は上食満稲荷神社です。
予定としては猪名寺が先だったんだけど、訳あって食満を先に持ってきました。
と、いうのも・・

食満経由で行くと、バスが 尾浜 と 久々知 を通るから!!!

という訳で、阪神尼崎駅へ向かいます。中在家緑地から徒歩10分くらいで近かった。

尾浜と久々知を通るバスは1時間に1本しかないことは、既に前日調べ済み。
このバスに乗るために、宿も丁度いい時間に出たし・・・完っ璧だ!  完っ璧の!ハズだった!

阪神尼崎駅からバスに揺られること数分。
尾浜通過(勘ちゃん勘ちゃん!はふはふ^q^)

「次は職業ナンチャラウンチャラ.....です」

(ん・・・・・・?)

プシューー(バス停車)外を見るとそこは・・・・・

久々知のバス停じゃありませんでした\(^o^)/

どうやら、バス停の名前が変わってしまっていたようです。
なんてこったい・・・・・そこまでは・・調べられなかったZE・・・・・・・



■上食満稲荷神社



久々知のバス停のことはありましたが、まぁ気を取り直しまして。
園田公民館でバスを降ります。
バス停の近くにmandai尼崎食満店があったので、早速買い出し。
食満のイメージのものが中々浮かばなかったんだけども、まいんちゃんパッケージの菓子パン購入。(ついでにアイスも購入)
うにさんは、「食満であえてのおにぎりでいく!」と息巻いて、おにぎりを買ってました。(朝に食べきれなかったおにぎりが、まだ鞄の中にあるのに笑)

道が少し分かり辛かったけども、20分程でまずは 食満太陽の子保育園を発見



ここの保育園が見たいがために、上食満を選んだので(他に、中食満と下食満がある)、撮影撮影。
けま☆ってゆうのが、実にけまけましくて、とても良いです。
というか、この日が日曜日で本当によかった!(園児がいたらただの不審者や!食満と同じや!)
あと、前日の夜から、なお と うに の間で「食満・サンズサン・留三郎」という謎のキャラ(?)が話題になっていたことをここに書いておきます。
iPhoneにも「食満・サンズサン・留三郎」とメモられていて、自分でも今考えると謎。

神社は保育園からすぐのところにありました。
しかしここでもお守りgetはできず・・・・
神社には、なんか凄い古くから生えている(らしい?)ご神木がありました。そんな感じです。

次の目的地までの道で見つけた上食満公園。



遊具沢山あって、広いし良い感じなのに、全然整備されてなくてカラスが好き放題ゴミを散らかしてました。こーゆーのは残念・・・・
落ちてるゴミの中に、エロ漫画の美少女のエロい切り抜きがあって、おい食満ぁぁぁっ!ってなった。





■猪名寺廃寺跡



食満から徒歩で30分くらい。猪名寺周辺は何もない道が多くて、何も無いところには大概ヤンマーがあって、ヤンマーの歌を口ずさみながらの移動。ふたりあわせてヤンマーだ〜

途中。チェリー猪名寺店という小さいスーパーを見つけたので入る。
チェリーな猪名寺ね。10歳だもんな。そらそーだ。
私はソーダラムネとふわふわせんべいを購入。うにさんはソーダガムと卵卵ボーロ(らんらんボーロ)を購入。
2人して必死に、ソーダと名のつくものを探していて、店員さんからすればさぞ滑稽だったでしょう。
サイダーじゃ・・駄目なんです・・・!

うにさんが、らんらんボーロを購入したことにより、2人の頭の中にむくむくと某MADが浮かびます。
人通りがないのをいい事に、そこからは花のらんらんパワーをiPhoneから流しつつの移動。

と、そんなことをやってるうちに廃寺跡到着〜



摂津国って付くのが、とてもとても萌える。

ここらでお昼の時間だったので、朝食の残りのおにぎりをムシャムシャします。
旅行中に、店に入らず外でお弁当を食べたのは、しなおはこれが初めてです。笑





■善法寺白井神社



猪名寺駅へ行き、そこから尼崎駅に向かいます。JRの方のね。笑
そこからバスに乗り、しばらく揺られて小中島下車。
しばらく歩くと善法寺に入ります。

これまた、幾多のレポで見た善法寺保育園発見



看板が可愛すぎる////

そこからまた更に歩き、神社を目指します。
まじで善法寺町は何もなさ過ぎて・・・
迷うし暑いし大変でした’p`
川沿いは人通りもないし一本道な分精神的にキて、またここで花のらんらんパワーを聴きつつ歩きます。
この時、本気で歌の力って凄いと思った・・・聴いたら元気出たもんな。

そして、ここまで苦労して辿り着いた神社もまた何もないトコで。
善法寺のお守りは不運を全部請け負ってくれそう!と盛り上がったばかりに、なんだか残念な感じ。
保健委員長の善法寺伊作!お前もっと頑張れ!!





■神崎須佐男神社



善法寺からほど近い阪急園田駅に行き、そこからまたバスに乗って神崎へ。
バスの行き先案内にとてもとても萌える。



しかし、本当に目的地にたどり着けるのか、不安になる組み合わせでもあります。笑
あとよく見ると、わたし、写ってる^q^

余談ですが、このバスの中で「次とまります」の文字が手すりに隠れて「次とま□ます」に見え、「次とま!次とま!」と盛り上がる。(主にしなおが)

そんなことしてるうちに神崎到着。
割と近いので歩いても多分行ける。



神社で見つけた貼り紙



タソガレドキの忍隊はリアルにコンサートとか企画してそうで可愛い。
出演校に、潮小が入ってるのもミソです。

神崎もお守りはないです。
なんだか2日目はお守りないとこばっかり。



■富松神社



尼崎最後の目的地、富松神社へ向かいます!
どうやら富松神社は結構大きな神社だそうで。
七松も立派だったし、最初と最後が七松富松ってなんだか良い感じです。

まずは、神崎からバスに乗り、阪急園田駅へ戻ります。そしてそこから、今度は電車で阪急武庫之荘駅まで。
武庫之荘駅にはセブンティーンアイスがあったので購入。
うにさんが園田切符とソーダ味をコラボさせておりました。笑



駅から神社は徒歩20分くらいかな。
途中でセブンイレブン尼崎富松町2丁目店があったので入ります。最早条件反射です。
富松は迷子コンビの保護者or妄想少年というイメージしかないので、またも買うものに悩む、悩む。

結局、AKB関連商品とか隠れて買ってそう!という勝手なイメージにより、AKBボトルガムを購入。
しかし、その選択は間違っていたのです。

レシートにAKBという文字が入らなかった・・・!!!

え、そんなこと?と思われるかもしれないけれど、その時の私たちにとっては重大な問題です。
店内に引き返し、再度品物を物色します。
・・・結局、カゴメのトマトジュースに落ち着きました。
というか、最初からこれにしときゃ良かった・・・

そしてセブンからまた歩くと富松神社が見えてきました。
聞いていたとおり、立派な神社です!



参拝にも力が入るというもの。
ちなみに、この2日間で沢山の神社にお参りしたため、なお と うにの参拝の作法はこの頃には完っ璧です。

お守りも購入



もちろん3年緑色!
デザインが凝っててすっごく可愛い。すっごく、可愛い。

時間で言うと6時くらいになっていたのに、親切に応対してくれた富松のおばちゃんにも感謝感謝。
この旅は本当に色んな人に支えられていると感じました。

そして!ここで!ついに!
スタンプが全て埋まりました〜っ!パチパチパチパチ



帰り道、七松線が富松の方にまで延びていることを知って、なんだか凄く面白かったです。



いけどんで七松からここまで爆走するさまが目に浮かびます。



■喜三太
この日の夕食はここ。
喜三太はやきとりメインの居酒屋さんです。
尼崎駅の近くにあります。

外観はこんな感じ



最初は阪神尼崎駅付近にある粉もん屋さんに行こうかと思ったんだけど、時間がキツかったので喜三太にしました。
外観だけ撮ってきた。



でも雑渡さんはお好み焼き焼けないよね、きっと。

喜三太で軽く飲んだ後は、いよいよ尼崎とお別れです。
地図を片手に自分たちの足で歩き回ったおかげで、すっかり尼崎が好きになってしまいました。
寂しい気もしますが、この日はこれから京都にお泊まりです。
泣く泣く別れを告げて、いざ、京都へ―――――


――――――――――――――――――――


ちなみに、この日泊まったホテルはここ。



なんてことはない、普通のビジネスホテルです。


次回はツアー京都編!

忍ツアーレポvor.1-尼崎1日目-

September 11 [Sat], 2010, 3:46
間があいてしまいましたが、8/28〜/31にかけて、忍ツアーを敢行いたしました!
メンバーはおなじみ、なお と うに です。

まず最初に。今回の予定はこんな感じ!(一部編集ミス有)



ふっふっふ。じつは私たち、このツアーの為に結構頑張って旅のしおりなるものを作っていたのです。
全36ページ!
ちなみに、表紙はこんな感じ。



ではでは早速レポっていきましょうか。いけいけどんどーーん!

※尼崎について補足
落/第/忍/者/乱/太/郎(以下落乱)の登場人物には、尼崎市の地名からとった名前のキャラが沢山いるのであーーる


――――――――――――――――――――

■尼崎駅
まずは大阪から尼崎駅へ。夜行バスでの移動だったので汗を流しにお風呂屋さんへ――
尼崎に着いた途端、彼らがお迎えしてくれました^w^



着いて早々テンションだだ上がる!

ちなみに、このお風呂屋で朝食とりつつしおり完成。笑



■立花駅



まずは電車で立花駅まで。
駅前で早速、色んな方のレポに載っていたフェスタ立花発見。お花ちゃんが可愛い。



駅前は賑やかで栄えている感じでした。
でも、それだけでした。
ネタがねぇ・・・・w

ここでは、この旅の必需品、Checkハンコを買いました!
え、なんでハンコが必需品なのかって?←
それは、旅のしおりにスタンプラリー(自作)が載っているからです!
上のスケジュールのページにスタンプ欄があります。
キャラの関連の場所に行く度に、スタンプがたまっていくという感じ。
しかしこれ、本人たちも予想以上に凄く楽しめました。
スタンプがたまっていく快感といったら・・・!
皆も、旅行の際はスタンプラリーを作ってみてはいかが?
旅が2倍楽しくなります・・よ?w





■七松八幡神社



立花駅から徒歩で15分くらいかな?
ここを最初の方に行く事にしたのには訳があります。
どうやら、ここの神主さんが凄い親切で落乱も知ってて、巡礼中のファンに地図をくれるという噂を聞いていたので、まずは地図をGETしようという魂胆です。

私たちが着いた時には、前に1組別の参拝客がいたんですが、割とすぐに帰られたので早速参拝!
と、いうところで

正しい参拝の作法が分からない!!!

ちょぃと引き返して、コソコソをしおりを確認します。
作法委員会の作法心得。ふむ。

作法も復習し、気を取り直していざ参拝!
と振り向いたら、さっきまで奥に引っ込んでいた神主さんがこちらを見ているじゃないですか。

「見られた?見られた?」とビクビクしながら賽銭箱に近づきます。

神主「さっき何見てたん?」(神主さんは関西弁ですが、しなおは良く分からないので適当表記)
うに「えっと...5円玉が見つからなくて....」(うに、とっさの機転)
神主「お賽銭はね、気持ちでいいんですよ。ほら・・誰かも言っていたでしょう?
『こまかいことは気にするな!』って」


――――――^^^^^q^^^^^―――――――――!!!!????


のっけから吹っかけてきやがりました!!!
七松の神主さんは色々凄いという事前情報はあったのに、すごいビックリした。
それを皮切りに、長々おっちゃん(敬意と親しみを込めて、私たちは彼を「七松のおっちゃん」と呼んでいます)と落乱トーク。
でも後から考えると、もしかしたら、これがファンと他の参拝客を見分ける試金石だったんじゃ?と思うんですよね・・・・
そうだとしたら、聞いた瞬間笑ってしまった私たちは、完全な黒判定ですよね、はい。
とりあえず、おっちゃんは凄かった。(まとめ)

おっちゃんも凄かったけど、神社のお守りも凄かった。
根付けとか、紐の色を全学年色+α揃えていたりして、オリジナルのお守りもあるし、とにかくバリエーションが半端なく多い。
あとは、なんといっても絵馬!
尼子てんてー書き下ろしの七松絵馬2種類。もう、よだれものです^q^小平太ちょう好きだし・・・

結局、絵馬2種類とお守りを買いました。



このバレーボールのお守りもさ////オリジナルらしいんだけど、ちょう可愛いよ///////
絵馬は1枚奉納して1枚お土産にしたんですが、「絵馬書きます」って言ったらおっちゃんが驚いてた。
持って帰る人とか、持って帰って描いて奉納しにくる人が多いんだろうなぁ・・
ちなみに、うにさんは絵馬と、もう一方のオリジナルお守りを買ってました。
そっちは、全学年色入っててそれも凄い可愛いです^///^

あとは、夏だから、とくれた団扇



一見普通ですが、よく見ると虹が学年色^q^!(でも何故か5年だけ違う!w)
メインじゃない方の稲荷神社のお狐様もいるしね////双忍ですね/////
一応言いますが、これは私たちの勝手な解釈ではなく、おっちゃんが嬉しそうに話してくれたことです笑

最後に地図を貰って帰りました。
地図も、キャラ名とか作中にでてくる地名のとこ、全部マーカーひきつつ説明してくれて、ホントおっちゃんには感謝です。
もらった地図は2日間フル活用してボロボロになりました。
多分、これが無かったら全部回れなかったんじゃないかな?と思います。

おっちゃん!ありがとーーーーーー!!!!!





■尾浜八幡神社



一度尼崎駅に引き返して、そこから徒歩20分くらい。
尼崎駅前は潮江だけど、一度ここは素通りして、尾浜に向かいます。
途中、うどん屋さんがあったら、勘ちゃんだしおうどんが食べたいと思ってたんだけど、残念ながら見つからず。
しかも暑すぎて、スーパーオオジ尾浜店でアイス購入。
でも、アイス買ってから2分くらいで目的地に到着しました。笑



神社では、参拝してから5年色のお守りを購入。



静かで個人的に結構好きな神社でした。

(どーでもいいけど、本当に暑くて帰りに同じ店で2個目のアイス買った笑)





■潮江素戔嗚神社



来た道をトコトコ引き返し、尼崎駅から徒歩15分くらい。
ここの神社は・・・・本当に何もなかった。笑
お守りも無かったので、全ての神社でそのキャラの学年色のお守りを買う、という野望は打ち砕かれました。
でも、参拝はしっかり済ませましたよ!





■次屋・下坂部
潮江からはバスで久々知に向かいます。
その途中にあるのが次屋と下坂部。



ローソン尼崎次屋一丁目店でコーラを買いました。ほら・・次屋、コーラ好きそうじゃん?(イメージ)
うにさんはカッコ付けたパッケージの炭酸買ってた。笑
ここから、キャラ名が入ったお店で、そのキャラのイメージのものを買ってレシートGET、という遊びが始まりました。



■久々知須佐男神社



バスに揺られて幾分か、近松公園下車。
どうやら、近松門左衛門ゆかりの地らしい。
関係ないけど、近松公園にいた猫



そこから歩いて10分程で神社には着きます。



参拝、そしてお守り。
「お守り(社名入り)あります」って貼り紙があったり、「こちらが社名入りのお守りです」と言ってきたり、ここのおばちゃん・・・詳しくではないにしろ、絶対知ってる・・・!と思った。
というか、七松のおっちゃんが「久々知は知り合い」っぽい口ぶりだったから、もしやおっちゃんに吹き込まれたんか・・?という疑念。笑

5年色の久々知のお守り。



さて、久々知ではもう1つ、やる事が残っています。
それは・・豆腐を食べること!!!!!

でもこれが意外と大変でした。
近松公園が近いから、店名が近松店だったり、道路挟むと上坂部になっていたり・・・
しかも、何故か地図を見ずに「こっちに行けばある気がする!」という感覚に任せて移動したので、軽く1時間は彷徨ったと思う..
うにさんの、「うちら、どんだけ左門だよ!」という言葉が妙に心に響きました。

結局住宅地をトコトコ歩いて20分、和食さと久々知店にて無事、豆腐とおうどんで早めの夕飯。



い組コンビかわええハァハァ





■潮江→竹谷
この日は最後に中在家に行く予定でしたが、久々知で彷徨いすぎた&彷徨ったあげく疲れて、さとに長いこと居座った ため、次の日にまわす事にしました。

荷物を尼崎駅に預けているので、またまた尼崎駅に戻ります。
明日の朝ご飯を、ローソンアミング潮江店で購入。



ギンギーン!おにぎりだギン!

この日の宿は竹谷です。
竹谷は阪急の出屋敷駅からすぐで、阪神尼崎駅から1駅。
尼崎と近い!と思って甘くみておりました。

JR尼崎駅と阪神尼崎駅はめちゃくちゃ遠い!!!!!

ここの2駅間は、バスの移動が主です。
ホントめんどくさい。JRと阪急はもっと仲良くなるべき。

私たちは荷物も多いし疲れてたしチェックインの時間も迫っていたので、奥の手、タクシーを使いました。悔しい・・・・





■竹家荘旅館



出屋敷駅から徒歩数分。竹屋とありますが正しくは竹家です。
入ったところで靴を脱ぐのですが、脱ぎつつ目にしたのは・・・受付前に掛けられた、例の七松絵馬。

またお前か・・・・・・

そういや、ここの女将さんと七松のおっちゃんは知り合いだそうで。
「女将さんによろしく〜」と言われてたので、女将さん会いたかったけど、残念ながら会えませんでした。

受付内にも忍/た/まカレンダーが掛かっていて、思わず無表情で目で会話する なお と うに。
字が惜しいけど竹谷で、和風の造りが落乱っぽいじゃん!と思っただけで決めた宿なので、まさかこんな事になってるとは予想できず、戸惑いが止まりません。
しかし風呂上がり、もっと大きな戸惑いが私たちを襲う事になるのです・・・・

ここの宿は部屋に冷蔵庫がなく、廊下にある共用のものを使います。
そこで事件は起こった。
部屋でだらだらしている なお に向かって、冷蔵庫にペットボトルを仕舞いに行って帰ってきたうにさんが言います。
「思わず凝視しちゃったよ・・・・」
戸惑いを隠しきれない表情です。
でも、なお的には何のことやら。
2人で冷蔵庫に向かいます。

そしたらこんなもの発見。
ちなみに、あの時の様子をリアルに残したいので、あえて写真の明るさ調節はしていません。



(暗くて見辛いけれど、冷蔵庫にカレンダーの切り抜きが張ってあります)

^^^q^^^^!!!!!?????

と、ゆうか私が風呂入る前に冷蔵庫見た時はこんなもの無かったハズなんですけど―――――!?

竹谷と名のつく旅館で、妄想でもふもふしながら休もうと思ってたのに、予想外のサービス(?)に戸惑いっぱなしです。
尼崎に来るというのは・・・こういうことか・・・・・!!!!!




――――――――――――――――――――

尼崎1日目はこれにて終了。尼崎巡りはあと1日続きます!
次回の目的地第一弾は中在家でございま〜す

信じられない

August 25 [Wed], 2010, 22:59
自分の立っていた地面がいきなりなくなった感じ


わたしはどうすればいいの

ライブとその後レポ つづき

June 27 [Sun], 2010, 21:56
さて。ライブ後の軽い酒盛り&サッカー観戦(と言っても、半分位は流し見であった)を経て、就寝したのは午前5時。
起床は朝7時。
メンバーはなおとうに。

うん。

普通に寝過ごしたよね。

^^^q^^^ヤッチャッター

チェックアウトの時間10時ぴったりに起きた私たちは、女とは思えないスピードで身支度を済ませ(約5分)、急いでフロントに向かいます。
朝食でまたメンバーに遭遇するという夢も潰えました。
寝不足の体を引きずりエレベーターで1階へ向かいます。
日差しの強い、とても夏らしい午前でした。
そんな日差しの中、なおとうにが見たものは・・・・


ま た し て も ナ  カ  ノ (atホテル入り口)


あまりの事態に軽く目眩した。

そして我に帰る。 自分たち、スッピン!!!!!!

普段はスッピン同様の顔で登校するくせに、こんな時ばかり自分の女の部分がうずきます。
スッピンでナカノの前なんかに出れない・・・・!

鍵をフロントに預けるやいなや、即トイレに籠って化粧、化粧。
なんだか外でそれらしい声がします。
笑い声もします。
うーーーーわーーーーっ!!!!どきどきどきどき!!!!!!

化粧終えて戻ると、残念ながらもう彼らは車の中に入っていました。
でも。
何故か私たちの出発と供に車が走り始め、なんだか妙な気分に。
まさか、宇都宮出発の見送りまで出来るとは思わなんだヨ・・・・・

よくよく考えてみると、前日からの一連の出来事って実はもの凄い確率で、どれか1つでも選択を誤ったらこんな体験は出来なかった訳で(実際、サイン会参加せずに終電で帰るかも悩んだ)、これはきっと何かの意思に違いない。
と、そこまで考えたところで思い出した。
会場までの道のりで大きな神社があったことを。

宇 都 宮 二 荒 山 神 社 !!!

きっとここの神様のご利益に違いない。
お礼参りせねば!!!

そんなこんなで、急遽お参りすることに。
この神社、入り口がもの凄い石段で、ライブ後の体にはキツかった。しかもかなりの日差しです。

石段を抜け、手を清めていよいよお参り。

まずは、ありがとうございました。 ってのと
ブンブンのツアーが成功しますように。 ってのと
ついでに、私の就職もきまりますように ってのを
願っておきました。
我ながらとても良い女です。

その後神社でお守りを買っておみくじを引きました。
 
『願いーーー誰かと供に願えば叶う』

叶いましたよ神様!!!ありがとうございます!!

さてさて、これにてライブとその後の一連の出来事は終わりです。
後は電車に揺られて帰るのみ。
寝不足の2人は眠りに落ち、無事、家へと向かうのでした。


《後日》
ツイッターでカワシマさんが「寝坊してすみません」って言ってて、トイレごしに聞いた笑い声はもしやその時のものだったんじゃ・・・と思って少々悔しい思いをしました。
あの時出ていれば、寝起きのカワシマさんが拝めたのか・・・・!!!!

ライブとその後レポ

June 26 [Sat], 2010, 1:45
6/23、6/24とブンブンライブに行ってまいりました。うにこさんと一緒に。
とりあえず、ハコが狭くてステージが近くてナカノに惚れてハイタッチしてサインと握手してもらって、これ以上幸せな事なんてないぜ!!!って思った。
24日のライブ直後には確実にそう思ってた。

しかし事件は起こった。

まず、ライブ後のサイン会に参加すると決めた時点で終電を逃すことが確実だった私たち。
どうせ帰れないなら、出待ちでもしちゃう?ってな感じで待つこと数分。
裏口なんてセコいことせず(てゆか本当に小さいトコだったから裏口なんてない)普通に出てきた彼ら&スタッフさんたち。
見送った瞬間に良い匂いを堪能&ナカノの身長確認を済ませ、「あぁ・・これで本当に終わってしまうんだなぁ・・」と、ちょっとしんみり。
後ろ姿が見えなくなるまで見送りたい気分・・・・・

その時あっさり目をそらしていれば。自分たちのその日の宿探しに切り替えていれば。
こんな事件は起こらなかった、のかもしれない。

しかし私たちは目をそらさなかった。そして見てしまった。

彼らがTO横INに入っていくところを・・・・・・


^^^^q^^^^^^^!!!!!!!!!!!!

アッーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!


その後の流れは当然といいますか。
持ち前のストーカー気質をフルに発揮し、コンビニでおろした金を握りしめ、私たちもTO横INへーーーーー

一つ屋根の下だとか、この寝間着を彼らも着るのだろうかとか、どの階に泊まってるのか突き止めたいだとか、あとは主にライブ中のナカノの魅力について熱く語りつつ。
まぁ、まずは買い出しでしょう酒でしょう。荷物を置いて再度エレベーターへ。

その時の私たちのテンション、異常でした。
ライブも凄かったし、何といっても彼らと同じホテルに泊まる事になったのですから。
そりゃあテンション上がりますわ。

エレベーター待ちの間、私たちこんな話をしました。
「実は隣の部屋だったりしたらどうしよう」
「でも、それだと下手な事話せないね」
「本人に聞かれたら死ねる」
「ナカノのダンスとかーーー」

その時、うにこさんが私の服を引きました。ただならぬ様子です。
私は視線を前に戻しました。
そこには。

ナ  カ  ノ  本  人  


Σ (゚д゚)ーーーーーーーーーーーー!!!???

ナカノと なお・うにの視線が重なります。
なおうには2日連続でサイン会参加してる上に、なんと言ってもライブTのままだったので、ファンである事はバレバレです。


ナカノ>・・・まじで?


もう。あたま。真っ白。

しかし頭働かないなりに、ちゃっかり同じエレベーターに乗り込み、狭い密室に漂うナカノフレーバーを堪能。後ろから視姦&鞄の中身チェック(鞄あいてた)。

2階から1階までの間の。つかの間の幸せーーーーーーーー

ただ、私たちの胸には1つ引っかかることがありました。
そう、ナカノ本人の 「マジで?」 という一言。

あの一言は何時間も私たちを苦しめました。
魅惑の密室を抜け、我に返った私たちは、あの一言の真意に悩まされます。

どうしよう。気持ち悪い女だと思われたんじゃなかろうか。
彼らは別にアイドルじゃない。
こんなストーカー紛いの事なんて、嫌悪以外のなにものでもないんじゃないかーーーーー

妙な罪悪感に苛まれ、テンションが一気に下がる私たち。

このままじゃいけない。実際これは、落ち込むべき事じゃない。私たちは凄い体験をしたんだ。
このミラクルに感謝すべきだ!!!

きっと、ナカノも嫌な意味でああ言ったんじゃないさ。
表情が読めないから不安になったけど、きっとあれは純粋な驚きなんだ。
むしろ、遠くからわざわざ来たファンとしてアピールできたかもしれない!

やっぱ暗いのは良くないよね。
どれだけ考えたって真相は分からないのだから、ポジティブに考えなければ。

色々なことがありすぎた24日。
サッカー観戦も済ませ、テンションもなんとか持ち直した私たち。
次の日は朝7時起床。
ホテルは朝食付きだから、また朝に会っちゃったらどうしようね、なんて事を話しつつ。
私たちは眠りについたのでした。



(あとちょっとだけ続く)

あやべべべ

May 30 [Sun], 2010, 13:28
サイン色紙が当たるということで、忍たまゲームの宣伝バナー貼ってみた!よ!
ゲーム凄い楽しみすぎる・・・7月か〜〜

何故デートで美術館に行きたくないか、真剣に考えてみた

March 31 [Wed], 2010, 18:03
あくまでもこれは個人的な考えなので、そこんとこお願いします。


相手がアートに興味ない人の場合は元より、相手がアート好きな場合でも私はデートとして美術館にだけは絶対行きたくない。
劇場とかなら行ってもいいかな、って思うんだけど、美術館は絶対に嫌。
それは何故なのか、考えてみました。

まず、相手がアートにそこまで通じていない場合。
曲がりなりにもわたくし、デザインを専門に勉強しています。
だからやっぱり、そういう視点でモノを見てしまう。
しかも偉そうなこと言っちゃう。ていうか、言いたい。
でも、私は男性のプライドというのは何があっても折ってはいけないと思うわけ。
ちょっと自分を過信してるくらいが丁度いいと思うし、正直隣にいてやりやすい。笑
だから、きっと一緒に行ったら、私は言いたいこと何も言えないと思うのね。
少しでも口を開いたら、きっと相手をボコボコの滅多打ちにしてしまうから。笑
美術館に行ってそういう状態になるのって、凄いストレス。
その上、相手の蘊蓄なんか聞かされたりしたら死にたくなるわ。


では、相手がアートに通じている人の場合。
まず、こういう事態はほぼ起こらないと思います。
正直同じフィールドの人とそーゆう関係になりたくない。
私の嫌な癖として、つい自分と他人を比べてしまう、というものがあります。
同じフィールドにいる以上は負けたくないし、負けたと思ったら凄い劣等感に苛まれる。
距離が近くなる分、その気持ちは強くなる。
負けてなかったらないで、凄い張り合っちゃうし、上から目線でモノを言ってしまう。
そんなの嫌な女でしかないよね。


基本、私はもの凄く見栄っ張りなのです。
その上、なんか知らんが理想の彼女像みたいなのがあるんです。
それが、美術館に行ったりしたら崩れてしまう。
可愛い彼女になんて絶対になれない。
自分を偽ろうがなんだろうが、私は可愛い彼女でいたい!


ここまで語りましたが、正直言いたいことの4割も書けていません。
言葉って難しい。
しかも携帯打ちしんどい。
でも大雑把な理由はこんな感じなんじゃないでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナオ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1988年9月17日
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
『忍たま乱太郎 学年対抗戦パズル!の段』応援中!
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像uni
» 忍ツアーレポvor.4-草津- (2010年10月13日)
アイコン画像nao
» ライブとその後レポ つづき (2010年07月03日)
アイコン画像uni
» ライブとその後レポ つづき (2010年06月28日)
アイコン画像nao
» ライブとその後レポ (2010年06月27日)
アイコン画像uni
» ライブとその後レポ (2010年06月26日)
アイコン画像nao
» (無題) (2010年02月22日)
アイコン画像nico
» (無題) (2010年02月22日)
アイコン画像nico
» あの人 (2010年01月14日)
アイコン画像nico
» 文化祭の季節ですね (2009年09月25日)
Yapme!一覧
読者になる