千夜千冊の千一夜目が、、 

2004年07月22日(木) 14時09分
松岡正剛の“千夜千冊”の千一冊目の本の紹介がアップされた。
松岡正剛が毎日一冊本のレビューをネットで公開して、
千冊まで続けるといった企画。
それが今月の七夕に1,000冊完了したのだけど、
さらにおまけで1,001冊目のレビューが
今日アップされていて、すごく嬉しかった。

しかし、本当に毎日読むのが楽しみだった企画なので、
終わってしまって寂しい。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya.html

テングレンジャ〜 

2004年07月21日(水) 14時30分
emiにチケットを取ってもらって、
大物産展に行ってきました。

テングレンジャーに関して説明はいらんでしょう。
いや〜。笑えました。

オールドレンズコレクション1 

2004年07月21日(水) 14時11分
ダンナのブームで一番長続きしているものが、
『カメラ』です。そのなかでも30年以上前に製造された
オールドレンズが大好きなのです。
写真は6×6のオートコードで撮影。
場所は中野通りの歩道橋。

シカッティング! 

2004年07月21日(水) 13時43分
以前、池袋の東急ハンズ内にある“猫袋”という
猫とふれあえる施設(有料)あったので入ってみた。
ところが、そこで飼われている猫たちは、
客が触ろうが、声掛けようが、まったく無反応。
毎日大勢の見知らぬ人間が、無節操になで回して
いるのだから、いちいち対応していられないのだろうけど…。
動物とのふれあいも心がかよっていないとダメだね。

食品玩具のシークレット出し運!? 

2004年07月16日(金) 20時24分
emiは食品玩具のシークレットを引きやすい
強運の持ち主だ。このあいだはなんと“ムック”を引き当てた!!
それに引き替えダンナはハズレ運が強い。
ダンナの好きな漫画家の梅図かずおシリーズが発売され、
『これは俺が買うしかない!』と意気込んで、滅多にしないまとめ買いをした!
が、ふたを開けてみると…。

『タマミ!』
『アゲイン!』
『タマミ!』
『捨てキャラ!』
『タマミ!』

『タマミ!タマミ!タマミ!』

なんとタマミが三つも!…。
アゲインはいいとして、あとは名も知れぬちょいキャラ…。
それ以来、コンビニで陳列されている梅図のパッケージの前を通るときは、
目をそらして通り過ぎるようにしているダンナだった。

ブームその3、空き地。 

2004年07月15日(木) 20時46分
ダンナのブームは一体何を拠り所にしているのか?
“空き地”を見ると何故か写真を撮りたくなるらしい。
ダンナの好きな映画監督の黒沢清の作品にも“空き地”が
頻繁に登場する。とくに『修羅の狼、蜘蛛の瞳』の
“空き地”に一本のクイが立っているシークエンスは
説明が付かない、感動的な瞬間だった。と言っている。

写真はemiと空き地。カメラは小西六パール2

e.m.i.の秘蔵写真一挙公開! 

2004年07月15日(木) 20時23分
e.m.i.が激写した、ぷうの写真。
ベストセレクションだよ〜。

ブームその2,きんぎょブーム 

2004年07月15日(木) 20時05分
きんぎょブームって…!?。
おしゃれな金魚グラフィック本が、ちょっとしたブームなっていた頃。
ダンナも多分に漏れず、それに乗じていた。
ついに、熱か高じるあまり“らんちゅう”なる高級魚を購入しにデパートに
行ってみた。が、そこで見たモノは、おしゃれとはほど遠いグロテスクで
デカダンスな生き物だった。
ダンナはそれを見て、『こいつを愛でるのは、おれには無理だ…』と絶句。
それ以来、たまに金魚のことが話題に出ても、
いまひとつ乗り切らないダンナだった。

写真はらんちゅうではありません。

飽き性のダンナのブーム 

2004年07月15日(木) 19時54分
ダンナは凝り性ではなく、飽き性である。
月にひとつは新しいモノやテーマを見つけては、
軽いブームに陥って。すぐに飽きるのである。
これは、そのブームのひとつの自転車。
いつかはタイヤに噛みついてパンクさせようと
思っている。

ぷうろぐのロゴが出来ました。 

2004年07月14日(水) 19時05分
いかす『POOHROG』のロゴ
作っちゃいました。
2004年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像えみ
» こんなやつです (2004年07月13日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:toyama_poo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる