タウンページ広告の実効果は、かなり下がっているようです 

April 17 [Thu], 2014, 19:57
以前は、お店を出したり、事業を始めたり、何か新しい商売・サービス
を始めたら、まず電話帳広告(タウンページ)に載せる。

・・・これが常識でしたね。

実家の営む工務店でも、お世話になっていました^^


スペースの大きさと、モノクロかカラーか、で、
料金は大きく異なるんですよね。
(あと、地域にもよるみたいですが)

実家で掲載していたのは、カラーの4分の1ページくらいの
スペースで、確か毎月10万〜20万円くらいの広告費
だったような気がします。

毎月ちょこちょこ問合せが取れていたので、多分
費用対効果は合っていたのでしょうね。


さて、今はどうでしょうか?

実は私と、私のまわり(友人や前の会社の同僚)で、
立て続けに独立や事業の立ち上げイベントがあったので、
広告についていろいろと調べてみました。


●タウンページは、昔のような効果がなくなってきた

これは、実家に聞いた最新情報です。
広告の掲載料金はあまり変わらないのに、反響は
昔の半分以下に下がってる・・・(ーー;)

看板の意味でずっと掲載し続けているそうですが、
純粋に費用対効果を考えると、割に合わないらしい。

「新しく広告出すことを考えるなら、止めといた方がいいよ」

と、実家の父に釘を刺されてしまいました(^^;;


やはり、今は何かを調べるときに「電話帳で」
という人は減っているようで、最近では年配の方も
ネットでサクサク調べ物をするのが当たり前のよう。

家が小さいとか固定電話を引いてないとかで、そもそも
タウンページを家に持っていない家庭も増えているようです。

電話帳の広告効果がなくなるのも、最もですね・・・


●検討すべきはネットとチラシ

やはり、今や調べ物をするのはインターネット。
電話帳に変わる広告媒体としては、まずはネット広告
が有効ですね。

商圏がすごく小さい場合は、チラシを制作して
新聞や地域フリーペーパーに折り込むか、独自ポスティング
する方法もかなり有効ですが、これは業態にもよりますね。

ネット広告にもありとあらゆるメデイア・手法がありますが、
タウンページに変わる手段としては、
「インターネット電話帳」がオススメです。

あらゆるお店・会社・サービス情報を網羅し、何かあったときに
簡単に調べられるので、紙の電話帳以上に便利で、かさばる
こともなく、非常に良く利用されているようです。


本家NTTの「iタウンページ」というインターネット電話帳
もありますが、やはりNTTは料金が高い(>_<)


iタウンページ以上に掲載情報が多く、口コミなど
一般ユーザーの利用品度も高い、「電話帳ナビ」という
サービスがおすすめです。

無料掲載枠と有料掲載枠がありますが、
「検索結果に優先表示されるプラン」
がオススメです。

というより、優先表示されないと意味がありません(^^;;

ユーザーは、欲しい応報を、自分の探したい条件で
検索して探すので、その検索結果に上位表示されることで、
顕著なPR効果が得られます。


お金に余裕があるなら、電話帳ナビの他、iタウンページや
他の電話帳サービス、地域情報ポータルサイト、業態によっては
業態専門サイトなどなど・・・

いろいろ広告出してみるのが良いと思いますが、
そうでなければ、まずは電話帳ナビに絞って広告してみましょう。

実際の効果はまちまちですが、病院関係とか、昔タウンページ
で効果が出やすかった業態は、全般的に効果は見込めるようです。


→電話帳ナビの詳細はコチラをクリック





インターネット時代はホームページが必須 

April 17 [Thu], 2014, 19:56
紙の電話帳が衰退して、インターネット上の電話帳サービス
が取って代わったように、今や商売や事業をやる人は
ホームページを開設するのが当たり前ですね。

まず最初にやるべきPR方法だと思います。

もちろん、ただホームページを作っただけでは
集客は見込めませんが、電話帳ナビなどのネット広告と
併用することで、確実に集客は増えていきます。

ネットの広告代理店や制作会社に頼むと、たいていは
数十万円かかりますが、自分で少し勉強しながら自作
することもできます。

素人でも、ネットにアレルギーがなければ、1週間もあれば
できちゃいます。

一番簡単な方法は、ホームページビルダーなどのソフト
が家電屋さんやパソコンショップで2〜3万円で売っているので、
それを買ってきてパソコンにインストールし、ついてくる
マニュアル通りに作ってみる方法。

意外に見栄えもよくつくれ、楽しいですよ♪


最近では、5〜10万くらいで簡単なホームページなら
作ってくれるサービスもいろいろと増えてきたので、
面倒な人はそういったところを探してみましょう。


ネット集客には、ネット問い合わせ機能が必須 

April 17 [Thu], 2014, 19:53
広告手段がネットになると、ユーザーはインターネットで
お店やサービスの情報を収集するので、そのままネット上で
問い合わせができたり、申込・注文ができたりするしくみ
が必要になります。

年配の方だと「詳しくは電話で」の方が、却って手っ取り早くて
便利に感じることもあるでしょうが、ネット世代の人たちは、
「ネットのことはネットで完結」
が基本。

従って、ホームページには、必ずメールで問い合わせる
ような機能もつけておくことが必要になります。

また、注文までのプロセスがやたら長かったり面倒だったり
すると、途中で注文をやめてサイトから流出していってしまうので、
問い合わせや手続きが簡素なホームページが大事!

ネットを上手に使えば、まだ見ぬお客様をうまくキャッチ
出来る可能性が無限に広がるので、苦手意識を持たずに
どんどんチャレンジしてみたいですね!