私と本。

December 13 [Wed], 2017, 23:07
ずっとこのヤプログに、療育や息子くん以外の日常なことや、私の趣味事(漫画アニメ小説などのこと)を書くか悩んでいたのですが、やはり療育や息子くんの事としてのブログが欲しいと思い、趣味ごとを書くという事はとどまりました。

しかし、息子くんが絵本を好きになり、読む絵本も多くなり、その絵本が私自身も楽しい!好き!!となりました。
絵本なら息子くんの成長記録としても残せるので、書く事にしました。

私、小さい頃は絵本や児童書などが苦手でした。
そんな中、小学生の低学年に買ってもらった「けろけろけろっぴの大冒険 ぴんくのきのこんこを探して」という絵本だけは、大人になっても忘れられないくらい大好きでした。
他の絵本は、なんだか怖くて苦手でした。
みにくいあひるのこ、白雪姫、ジャックの豆の木など、有名な絵本も最後はハッピーエンドだと分かっていても怖かったのです。
漫画は楽しくスラスラと読め、私はすっかりオタクの道へと行きました。

大人になり、子が産まれてから再び絵本に触れると、キラキラと輝いた世界がありました。
対象年齢が小さな子ほど、リズミカルに飽きないように工夫されていたり、楽しい優しい世界が広がっていたり。
少し大きくなっていくと文字数が増え、理解力も必要になってくる絵本が多くなりますが、内容がまた感情移入してしまいそうな絵本だったり、内容に思わずフフッと笑ってしまったり。

まだ息子くんの精神月齢が低くて見せてないのですが、私は「もうぬげない」が好きです。あと「パンダ銭湯」。どちらも、発想がとても面白かったです。
感情移入してしまったのは「ちょっとだけ」。息子くんが産まれる前に読んだものでした。(上の子には見せず)。
内容に思わず泣きました。
お兄ちゃんお姉ちゃんには、ちょっと見せれないと感じました。

きっとこれから、私は絵本や児童書を読むようになると思います。
絵本のキラキラした世界を知った時、その絵本に入り込むのかもしれません。
それは絵本以外の事にも言えますね。

なんだか絵本紹介みたいになってしまいましたね…

絵本が子だけでなく、親子の楽しい時間(スキンシップ)になりますように。と願って絵本を選ぶのも楽しいです。

またいつか時間ができて、私自身も小説や児童書も読めるようになるといいなぁ。

もうぬげない
http://www.bronze.co.jp/books/post-115/

パンダ銭湯
http://ehonkan.co.jp/ehon/book/086.html

ちょっとだけ
http://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=1093



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:七草粥
読者になる
まだよく使い方が分かっていない七草粥です。よろしくお願い致します!
ヤプミーは同じ歳のお子さんがいる方や発達障がいのお子さんを持つ方に限らせていただきます。
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像七草粥
» 療育部が始まりました。 (2017年05月02日)
アイコン画像ひな
» 療育部が始まりました。 (2017年04月27日)
アイコン画像七草粥
» 笑い方 (2017年03月02日)
アイコン画像29ch
» 笑い方 (2017年03月02日)
ヤプミー!一覧
読者になる