指圧と自律神経失調症について

November 28 [Sun], 2010, 14:16
今回は指圧と自律神経失調症について簡単にですがご説明します。

指圧とは、親指や掌でツボを圧迫して、神経に刺激を与え、血行を良くする方法です。

指圧をすることにより、凝りによって圧迫された神経の働きが正常になります。

凝りがほぐれることにより、血行が良くなり、自律神経の安定に繋がるようです。

以上のことにより、自律神経失調症には鍼灸や指圧などの東洋療法が効くと言えるでしょう。

肩凝りや快眠などにも効果

November 26 [Fri], 2010, 11:45
副交感神経の機能を高めてますと、血行が良くなります。

こういった治療を行うことにより、乱れた自律神経の機能を正常に導くという効果が期待されるというわけです。

肩凝りなどの凝りにも効果がありますから、筋肉の緊張をほぐしたり、血行を良くすることにより、精神も安定し、夜も熟睡出来たりします。

そういったリラックス状態を作ることが、自律神経失調症には最も効果があるのではないでしょうか?

東洋療法の鍼灸とは

November 21 [Sun], 2010, 11:40
まずは鍼灸から説明します。

鍼灸とはツボの上に鍼を置く、または刺す治療法なのですが、鍼灸と自律神経の関係とはどういうものなのでしょうか?

自律神経失調症の患者に鍼灸を行う目的は、副交感神経の機能を高めて、筋肉の緊張を和らげることにあります。

東洋療法で自律神経失調症を治している

November 19 [Fri], 2010, 13:35
自律神経失調症の原因に対する治療を行うのは難しいと西洋医学のことをお伝えしました。

なので、東洋療法に頼り、自律神経失調症を治している人もいます。

東洋療法には鍼灸や指圧などがありますが、これらについて次回から説明したいと思います。

東洋療法は本当に効くのか

November 16 [Tue], 2010, 22:26
自律神経失調症に東洋療法は本当に効くのでしょうか?

自律神経失調症は検査結果には表れにくく、西洋医学では症状の改善は薬で行えても、その原因に対する治療を行うのは難しいという意見も多いようです。